25

1月

2014

世界情勢の最新情報

1月24日付

この記事を投稿しようとしたとき、ブロガーも含むGメールサービスがダウンし、アクセスできなくなりました。世界中の利用者が、多数の接続障害を報告しています。

 

 

http://techcrunch.com/2014/01/24/gmail-goes-down-across-the-world/

 

http://downdetector.com/status/gmail/news/4733-problems-at-gmail

 

 

このことは、インターネットというインフラが、いかに脆弱であるかを示しています。

 

 

大きな変化が起ころうとしています。

 

 

光の勢力の作戦を、まずは完遂させなければならないので、今すぐにとは言えないものの、世界規模の金融リセットとイベントは近づきつつあります。

 

 

東方連合は連銀に担保権を行使する準備を進めています。

 

 

http://philosophyofmetrics.com/2014/01/16/china-to-purchase-the-federal-reserve/

 

 

新金融システムの中核になる特別引き出し権(SDR)を導入する準備も進めています。ゴールドが保証することになるでしょう。

 

 

http://philosophyofmetrics.com/2014/01/21/sdrs-and-the-new-bretton-woods-part-one/
 

 

http://www.silverdoctors.com/the-big-reset-why-china-bought-jpmorgans-gold-vault/
 

 

http://www.bis.org/review/r090402c.pdf?frames=0

 

 

SDRは現在、米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円に交換できます。

 

 

http://en.wikipedia.org/wiki/Special_drawing_rights

 

 

中国元とスイスフランもリセット時に、SDRの交換可能通貨に追加されます。

 

 

遂に、カバールによるゴールドの価格操作が、大衆に明らかになりつつあります。

 

 

http://www.bloomberg.com/news/2014-01-16/metals-currency-rigging-worse-than-libor-bafin-s-koenig-says.html
 

 

http://www.paulcraigroberts.org/2014/01/17/hows-whys-gold-price-manipulation/

 

 

このことは非常に重要なことです。なぜなら、これが民衆の広く知るところになれば、カバールが権威付けた金融システムは、信用がなくなり崩壊するからです。金融システムは、抑制と均衡の中で、ある程度の信用が保たれているからこそ機能するのです。

 

 

この状況はドイツ銀行にとっても、少々具合が悪くなりそうです。ドイツ銀行は、カバールの金融システムの主な拠点の一つです。スポットライトが当たらぬよう、彼らは、ゴールドの価格協定から手を引くことを発表しました。ロスチャイルドも2004年にそうしています。

 

 

http://www.bloomberg.com/news/2014-01-17/deutsche-bank-withdraws-from-gold-fixing-in-commodities-cutback.html

 

 

彼らは今、間接的にゴールド価格を操作しようとしています。同様に、ロスチャイルドもバークレイズ銀行を通して操作しています。

 

 

一方、ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)は、光の勢力がかなり浸透しているので、米連銀にゴールドが残っていない事実を、世に知らしめる主要な情報筋の一つになっています。

 

 

http://www.zerohedge.com/news/2014-01-19/germany-has-recovered-paltry-5-tons-gold-ny-fed-after-one-year

 

 

以前何度も述べたように、カバールのゴールドの大半が、2012年の始めにレジスタンスにより、この惑星表面上から取り除かれました。民衆が、ゴールドがないことに気づき始めると、現在のシステムの崩壊が加速し、リセットが早まるでしょう。

 

 

金融リセットに関して、イエズス会は(自分たちで舵取りするという)独自の計画をもっています。舞台裏では、カバールの大多数が、その計画を受け入れました。そしてマスメディアを通して、それを推進し始めました。

 

 

http://www.usatoday.com/story/news/world/2014/01/15/davos-world-economic-forum-pre-event-presser/4487561/

 

 

ダボス会議の主な話題はこのことでした。言うまでもなく、彼らの計画は成功しないでしょう。

 

 

中国での、カバール中間層に対するパージは続いています。大勢のカバールの手下共が、中国から逃げ出しています。

 

 

http://www.businessinsider.com/chinese-millionaires-leaving-the-country-2014-1

 

 

私たちは突破の瞬間に近づいています。そのことを、わかりやすく処理した画像があります。                  

 

 

http://ultraculture.org/blog/2013/08/26/watch-a-jaw-dropping-visualization-of-every-protest-since-1979/

 

 

 

物事は2月に加速し始めます。特に3月には、光と闇の情報戦がピークに達するでしょう。インターネット上に重要な情報が、ものすごい量の偽情報に混じって、たくさん流れます。ですから、あなたの識別眼を養っておくことが、極めて大切です。それは、あなたの合理的な考え方と直感を組み合わせることで、たやすくできます。あなたの頭で考え、あなたの心で感じることが、一番大切なことです。

 

 

このウェブサイトで、偽情報を仕立てていく様子が実例で見られます。

 

http://blog.redefininggod.com/2014/01/13/an-illustrative-example-of-faux-truther-disinfo-secureteam10.aspx

 

 

それでもやはり、そのウェブサイトの情報が100%正しいわけではありません。そこでもあなたの識別眼を働かせなければなりません。分極化という罠に、はまらないことが大事です。ある情報源は完全に正しく(光側)、ある情報源は完全に嘘(闇側)という見方をしないことです。大抵の場合、真実はその間にあり、自分で真偽を選り分ける必要があります。

識別力をブロックするものの一つに、不可視の、アルコン的な寄生生物がいます。この惑星上に生きている、およそすべての人たちのエーテル脳に取りついています。エーテル脳のグリア細胞と共生しており、エーテル脳における経路同士のシナプス結合を妨げます。(エーテル脳における経路は、その物質的片割れである物質的脳のシナプスの、DNAの複製に影響します)。この非結合によって生じるのが、精神錯乱、思考の歪曲、信念体系の固着です。光の勢力がこの寄生を取り除いたとき、人類は知性と創造性が大きく押し上げられ、意識がとてつもなく広がります。