日本及び台湾 ポータルコンファレンスの報告

4月4日付

 

Report About the Japan and Taiwan Conferences

 

 

 

どちらのコンファレンスも大成功でした。

 

 

 

門司港コンファレンスの幾日か前に、この地域に震度4の地震がありました。(314206分、震源地は伊予灘でM6.2)。これはコンファレンスでの浄化を予兆していました。私たちはコンファレンス中の土曜日に、広島と長崎のエーテル的放射能を浄化できました。日曜日には同じプロセスで福島の浄化も成功しました。浄化している間、これらの地域から離れられずにいた、多くの御魂たちが解き放たれ、光の中へ導かれていきました。

 

 

 

私は翌日に広島を通りましたが、エネルギーの特徴が核爆弾を被った都市のものではなく、普通の工業都市のエネルギーになっていました。世界中にある、他の重工業都市と同じです。

 

 

 

台湾の人たちはとても強固で熱心なグループでした。台北市のボルテックスの活性化を行ったまさにその時、突然激しい雷雨となり、都市を浄化しました。

 

 

 

台湾のコンファレンスでは、フィックス・ザ・ワールド・チームが、稼動しているQEGオーバーユニティー装置のデモ用ビデオを見せてくれました。

 

 

 

コンファレンスの後、私たちは台湾のQEG生産施設を訪問しました。ちょうどそのチームがQEGの芯の部分を組み立て始めたところでした。

 

 

 

23日して、彼らはそこからすでに電力を得ています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=W5IdtaqNFBs&feature=youtu.be 

 

 

 

ここからフィックス・ザ・ワールド・チームへの支援金をお送りいただけます。

 

http://www.gofundme.com/hopegirlfixtheworldqeg 

 

 

 

自分でQEGを作りたければ、ここがQEGのメインネットワークハブです。

 

http://be-do.com/index.php/en/

 

 

 

このウェブサイトには、QEGの全製造過程について詳細な情報があり、QEGを作っている他のグループとも繋がることができます。

 

 

 

ポータルコンファレンスでの仕事とは別に、異なるドラゴングループの代表者たちとも何回か会合を持ちました。こうした会合と交渉で、複数の重要戦略が合意されました。地球惑星解放プロセスのキーとなる様々な側面で、重要になる戦略です。この惑星表面の地政学的状況に、非常にポジティブな影響を長く及ぼし続けます。

 

 

 

しばらく更新を休みます。