オイルダラーの終焉、フリーエネルギーとイベント

4月8日付

End of Petrodollar, Overunity and the Event

 

 

 

 

1971年、ニクソン大統領が(金ドル交換停止を宣言して)米ドルをゴールドから切り離したことで、キッシンジャーがオイルダラーを生み出す道を開きました。このシステムは自動的に何十年もカバールを支えてきましたが、今は地政学的構造が変化する時代に入り、キッシンジャーのような古参のカバールの戦略家たちは、その変化に対応できません。

 

 

 

東方連合はオイルダラーシステムの終焉を加速させるために、フルスピードで作業しております。

 

 

 

http://philosophyofmetrics.com/2014/03/29/the-bear-and-the-dragon/
 

 

http://goldenageofgaia.com/2014/04/03/russia-has-already-backed-its-currency-with-gold/
 

 

http://voiceofrussia.com/2014_04_04/Russia-prepares-to-attack-the-petrodollar-2335/
 

 

http://goldenageofgaia.com/2014/04/04/the-world-waves-goodbye-to-the-us-petro-dollar-lawmakers-call-to-ditch-it-and-countries-barter-not-to-use-it/
 

 

http://www.globalresearch.ca/putin-flushes-the-us-dollar-russias-gold-ruble-payments-system-delinked-from-dollar/5375866

 

 

 

カバールが反応すると、東方連合側はカバール側にリラックスしてヨガでもしてろと、親切にアドバイスしました。

 

 

 

http://rt.com/news/moscow-sanctions-us-relax-417/

 

 

 

東方連合は、オイルではなく、ゴールドに裏打ちされた新金融システムを築くつもりです。

 

最近、オーバーユニティー・フリーエネルギー装置が公開されたことで、オイルダラーシステムの崩壊が速まっていくことでしょう。BRICS諸国の高官たちは、積極的に人類にフリーエネルギーをもたらそうとしており、それに合わせた新金融システムを発展させるつもりでいます。ですから、新金融システムの基礎にpetrojuan(?)を据える選択肢はありません。

 

 

 

オイルダラーシステムは、軍部ネガティブ派が米軍拡張政策でそれを支えていたからこそ、機能していたのです。

 

 

 

http://jhaines6.wordpress.com/2014/04/03/presstv-us-military-protecting-international-banking-cartel/

 

 

 

オリオン出身のネガティブ・ミリタリーは、1996年のアルコンのコンゴ侵略以降、全主要国家の軍部内に入り込んでいます。そのネガティブ・ミリタリーの内部に、キマイラ(Chimeraギリシャ神話に出てくる怪獣)というコードネームを持つ、非常にネガティブな秘密のグループが存在します。このグループは、世界中の軍事基地の大部分を秘密裏にコントロールしています。そのような軍事基地の多くは米軍基地です。

 

 

 

http://www.globalresearch.ca/the-worldwide-network-of-us-military-bases/5564
 

 

http://empire.is/

 

 

カバニス海軍僻遠飛行場(テキサス州)がキー・ロー(訳注:Chi Rho ギリシャ文字のXPを組み合わせた初期十字)の形に造られているのは興味をひくところです。コンスタンティヌス大帝のシンボルです。コンスタンティヌス大帝は、キリストカルト教を創始したアルコンです。

 

 

 

 

 

http://en.wikipedia.org/wiki/Chi-Rho

 

 

 

キマイラグループは、すべての国家の軍部リーダーに秘密の協定を押しつけ、善意の異星人とのコンタクトを阻止し、その痕跡も消し去るように強いました。

 

 

 

彼らはメインアルコンと連絡をとっており、イエズス会とNSAに強く結びついています。コルテウムやラビリンスなどのグループに、彼らはうまく工作員を潜伏させています。

 

メインアルコンを通じて、彼らはエーテルプレーンのアルコンたちへの接近を制限してきました。エーテルアルコンたちは、カバールのメンバーに魂の契約を強要し、キマイラグループに服従させているのです。カバールの誰かが排除されたとしても、エーテルアルコンたちにとっては、別の鴨を探して魂契約を強いればいいだけの話です。

 

過去には、あるポジティブグループが遠距離射撃手たちを雇ってカバールのメンバーを排除させましたが、うまくいきませんでした。なぜなら、このようなカバールのメンバーたちは、新しいクローンボディーで物質的プレーンに戻ってくるからです。キマイラグループの監視下にある軍事基地には、彼らのクローンボディーがすでに用意してあったのです。2004年以降、レジスタンスがこのようなクローンをすべて破壊したので、前述のポジティブグループの射撃手たちは、ずっとうまくカバールメンバーを消しやすくなっています。カバールメンバーに、ブラックウォーター/アカデミのボディーガードがいくらついていても、守ってもらうのは不可能でしょう。

 

 

 

キマイラグループは、物質的ストレンジレット爆弾をほとんどの米軍基地に配備しました。この爆弾は他国の軍事基地にもいくつか配備されており、銀河連合とレジスタンス・ムーブメントの進撃に対する、防御ラインを形成しています。

 

 

 

彼らはさらに、プラズマ・スカラー装置のネットワークで地球を覆いました。このネットワークは軍事基地から操作されており、全地球を包囲しています。プラズマとは、固体、液体、気体につづく、物質の第四の凝集状態です。実際に物理的物質とエーテル的物質を繋げています。プラズマ・スカラー装置は、私たちの物理的身体に影響を及ぼせるので、キマイラグループはこの装置を利用して、光の戦士やライトワーカーを攻撃し、身体機能に干渉したり、呼吸や脈拍を乱したりします。彼らはまたプラズマ・スカラー・レーザーを用いて、ライトワーカーのマインドに思念形態を投影します。プラズマ超低周波音はライトワーカーのオーラ膜の周波数を下げます。そしてプラズマ超音波は、究極のスパイマシン、監視マシンです。レジスタンスはすでに、このようなプラズマ・スカラー装置をフルスピードで除去しているところです。

 

 

 

ポジティブミリタリーと、世界中のキマイラグループとの間で、静かな全面戦争が進行中です。

 

 

 

MH370便のディエゴ・ガルシア島へのハイジャック事件は、キマイラグループの戦争行為でした。ディエゴ・ガルシア米軍基地は、彼らの主な要塞の一つです。

 

 

 

http://www.globalresearch.ca/diego-garcia-military-base-islanders-forcibly-deported/15840

 

 

 

この戦争が終わってキマイラが敗北したら、イベントへの完璧な条件が整います。

 

しばらく更新を休みます。