地球惑星のショート・アップデート

8月5日付

 

Short Planetary Situation Update

 

 

 

地球惑星のショート・アップデート

 

 

舞台裏では、キマイラグループの掃討作戦が続けられています。今では、キマイラグループの核となる存在を残すのみとなりました。そのコア・グループを一掃することが、現段階の主な課題です。

 

 

 

地球のプラズマ・スカラー・マインドコントロール・ネットワークは、ストレンジレット爆弾と繋がっており、そのため、このネットワークの排除にとても時間がかかっているのです。

 

 

 

エーテル的アルコン・グリッドは、消滅への最終段階にあります。アルコンの勢力は急激に衰退しているため、キマイラグループのみが地球をコントロールし、隔離状態のままにしています。そして彼らのプラズマ・スカラー・ネットワークが、心理プログラミングの主なツールとして残っています。

 

 

 

カバールは現在、事件(飛行機事故、エボラによるパニック)を工作しており、大衆を怖がらせるため、マスメディアで煽り立てています。彼らがエボラを理由に戒厳令を敷くことは不可能でしょう。彼らは、光側のブレイクスルーが近いことを分かっており、それでもなお、それを先延ばしにするためにできることは何でもしたいのです。

 

 

キマイラ勢力(高度なテクノロジーをもつネガティブ・ミリタリーの背後にいる勢力。地球の隔離状態を維持することに関心がある)とアルコン勢力(イエズス会の背後にいる黒い貴族の家族たち。輪廻転生において、人間を宗教で洗脳された奴隷のままにすることに関心がある)は、依然として食物連鎖のトップです。その下に従属しているのが、ロスチャイルド派(マスメディアを操るシオニストと世界金融システムの会計係)とイルミナチ派(ペーパークリップ作戦に由来する犯罪シンジケート)です。

 

 

 

この構造は、キマイラグループの風変わりな兵器が取り除かれ、彼らの地球を支配する仕組みが消失すれば、崩壊するでしょう。

 

 

 

これが、イベントが起きるための主な条件です。

 

 

 

見かけはどうあろうとも、光の勝利は近い。

 

しばらく更新を休みます。