ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

10月20日インタビュー

 

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

 

October Monthly Update by Cobra

 

前半からの続き)

 

 

 

〇太陽フレアとDNA

 

ロブ:次の質問です。太陽フレアは私たちのDNA鎖を活性化させるのに寄与していますか?

 

 

 

コブラ:はい、太陽フレアは私たちのDNAに影響を及ぼして、DNA鎖の活性化を助けています。

 

 

 

〇イスラエル、アトランティス

 

ロブ:あなたは以前イスラエルがアトランティスへの鍵を保持していることについて話していました。だから神聖な地域なのだと。そのことをもっと説明してもらえますか?

 

 

 

コブラ:基本的に、私はその質問にはすでに答えております。アトランティス時代、イスラエルは主要なボルテックス地点でした。ある非常に強力な女神のボルテックスがその地域にあるので、アトランティス時代に彼らはそこに強固な植民地を築きました。アルコンたちがその地域を常に支配したがっているのは、それが理由です。

 

 

 

〇レジスタンス・ムーブメントのメッセージ

 

ロブ:おかしな質問がきましたよ。レジスタンス・ムーブメントのメッセージが主流になっていくように思いますか?

 

 

 

コブラ:イベント後でないと主流にはならないでしょう。

 

 

 

〇米国のシリア爆撃

 

ロブ:シリアの爆撃に米国が関わっていたというニュースがありました。米国が本当に爆撃したのか話してもらえますか?

 

 

 

コブラ:はい、爆撃しました。

 

 

 

ロブ:恐ろしいし悲惨なことです。どうしてそんなことが起こりえたのですか? 軍部の人たちはそれを止められないのですか?

 

 

 

コブラ:ネガティブ・ミリタリーにはまだ力があり、止めることができなかったということです。

 

 

 

ロブ:オーケー、すると、軍部のネガティブな奴らはポジティブ派の人たちに応答する必要はないということですね。ポジティブ派の人たちは完全に米軍にコントロールされているわけではないのでしょう?

 

 

 

コブラ:はい、彼らはコントロールされていません。

 

 

 

2012年、2013年のイベント予告

 

ロブ:興味深い質問がきました。2014年からRMと銀河連合はキマイラグループとストレンジレット爆弾の掃討作戦を開始しました。あなたは、それが終わらないうちはイベントにならないと言いました。それなら何故あなたは2012年と2013年にイベントが起こる可能性があると言ったのですか? その時点で彼らはキマイラの爆弾については知らなかったのですか、それとも、当時それらを一掃できる可能性があったのですか?

 

 

 

コブラ:いいえ、彼らはそれらを一掃できなかったでしょう。RMはそのような爆弾があるまま、大きなリスクを冒してイベントの引き金を引こうか思案していました。しかしそのとき当然ながら、リスクがあまりにも大きいと助言されたのです。

 

 

 

〇マトリックスのひび

 

ロブ:ある人が、あなたが言っていたマトリックスのひびについて尋ねています。人々は、もう少し正確な定義を知りたがっています。ひびとは何ですか?

 

 

 

コブラ:マトリックスのひびとは……隔離された地球の内側に、ベールの向こうから光が入ってくるときのエリアのことです。

 

 

 

〇デーヴィッドアイクの情報

 

ロブ:デーヴィッド・アイクについての質問がきています……人物評は省き……:私の意見では、彼の情報は間違いなく私の感覚とあなたの情報に同調し整合しているように思います。あなたもそう思いますか?

 

 

 

コブラ:はい、彼は多くのことについてたくさんの気づきをもたらしました。しかし私は、詳細に至るまですべて同意しているわけではありません。それでも基本的に、ええ、彼はたくさんの興味深い機密情報とたくさんの目覚めをもたらしました。

 

 

 

〇ポジティブ派による気象操作

 

ロブ:ベン・フルフォードは最近の記事で、ポジティブ派が気象をコントロールしていると言っていました。どういう意味なのかはっきりしないのですが、ポジティブ派がHAARPを解体したということですか? あなたは彼の主張を認めますか?

 

 

 

コブラ:完全には認めません。ただこのように言いましょう……光の勢力はHAARPの活動による影響を弱めることができました。特にアジアで。

 

 

 

〇カバール1,027人の逮捕

 

ロブ:先日、私たちの良き友人であるKauilapelehttp://kauilapele.wordpress.com/)が、ハーグと歩調を合わせた大量逮捕についての記事を載せていました。(http://kauilapele.wordpress.com/2014/09/25/mass-arrests-1-of-2-rt-9-24-14-over-1000-arrested-in-europe-crackdown-on-organized-crime-europol/

 

逮捕されたカバールの犯罪者は1,027人だったと思います。性目的の人身売買をしていた者、人を奴隷にしていた者、カバールの手先共が含まれています。これはRMが指揮していたのですか。こうして上の奴らの顔に泥を塗って圧力をかけたのですか?

 

 

 

コブラ:これは光の勢力によって調整されたもので、背後にいる人物は明かせません。確かに下っ端カバールのレベルではうまく進展したと思います。

 

 

 

〇メキシコ、カナダ

 

ロブ:変な質問が来ていますが、どこからの情報なのでしょうか:メキシコとカナダはアメリカ合衆国の一部になりますか? (ノー)。私もそうは思いませんでしたよ。

 

 

 

〇ビッグフット

 

ロブ:イベントの後でビッグフットはどうなるのか人々が気に掛けています。彼らは隠れたままですか、それとも表に現れますか。私たちはスターファミリーとして最後には彼らと出会えますか? (イエス)。

 

 

 

〇光の都市

 

ロブ:何人かに尋ねられたのですが……あなたは光の都市について言及していましたね。私は、彼らが少し混乱してしまったように思います。J.J.ハータックの話では、とてもでかい惑星母艦(複数)が降りてきて地上に触れると言うし、ジェームズ・ギリランドは、それらがパワーアップするのだと言います。結局ある時点で、私たちはおそらくとても大きな光の都市を地上に降ろすことになるのでしょうね?

 

 

 

コブラ:その通りです。

 

 

 

ロブ:そのことについてもう少しコメントしてもらえますか?

 

 

 

コブラ:コメントは控えたいと思います。それはアセンション・プランの一部です。キマイラグループの方の状況がもう少し良くなるまで、それについては明らかにしません。

 

 

 

ロブ:オーケー、了解しました。光の都市を築きたいと思っている人たちに、あなたは何を勧めますか?

 

 

 

コブラ:オーケー、まず、あなたがする必要のあることは、グループ内の調和的人間関係を築くことです。なぜなら、通常何が起こるかというと、人々が光の都市や光のコミュニティーを実現させようとするとき、アルコンが彼らの潜在意識に潜入して、彼らが彼らのパターンを誘発して諍いが生じ、そのプロジェクトが台無しになるからです。ですから、あなたがグループの調和を高いレベルで保ち、高い意識で集い、一体になっていれば、そのグループは物質界に光の都市を現し始めることができます。

 

 

 

〇タロット

 

ロブ:質問です。私たちは、あなたがあまり占いに深入りしないことは知っていますが、やはり宇宙のシンクロニシティはあるでしょう。タロットについて何か私たちが知っておくべきことはありますか。あるいは、タロットとは何なのか話してもらえますか?

 

 

 

コブラ:それは未来を予言するシステムであり、意識の様々な段階に対して実際にポータルを創り上げます。目覚めのための便利な道具になり得ます。

 

 

 

ロブ:オーケー。それなら自分の人生に何が起こりつつあるのか知るために利用できるのですね?

 

 

 

コブラ:ええ、それにも利用できます。

 

 

 

〇マイトレーヤ

 

ロブ:ある人たちがマイトレーヤのミッションについて知りたがっています。「世界教師と覚者方の降臨」(邦題)という本を著したベンジャミン・クレームという人物が、マイトレーヤの瞑想に関わっています。それについて少しコメントしてくれますか?

 

 

 

コブラ:はい、彼は瞑想グループ(複数)を主催して、情報を広めるにあたり良い仕事を為しました。しかし彼の解釈は真実と完全に一致しているわけではありません。

 

 

 

ロブ:彼らがマイトレーヤと呼ぶ存在について何か話してもらえますか。ポジティブな勢力として存在しているのですか?

 

 

 

コブラ:ええ、それは実際にアセンデッド・マスターの一人につけられたコードネームです。そして彼はファーストコンタクト後のある時点で現れます。彼は今、地球の物質界には存在していません。

 

 

 

〇金鉱採掘

 

ロブ:この前のインタビューで、あなたは、アヌンナキがここ地球で金を採掘していなかったと言いました。だとすると、誰が20万年前にアフリカで金の採掘をしていたのですか。彼らがどうしてそのことを知っているのか知りませんが、多分、テリンジャーの情報だと思います(http://www.michaeltellinger.com/)。いくつかの文明が、この惑星から巨大な量の金を採掘することに興味をもっていたのは確かなようです。

 

 

 

コブラ:金の採掘はいくらか行われていましたが、ある記事で示されている場所とは違いますし、年代も正確ではないでしょう。

 

 

 

〇忽然といなくなったマヤ人

 

ロブ:証拠があるのですが、中央アメリカの都市にいたマヤ人が……そのあたりに廃墟が見つかり発掘されたのですが、まるで一斉に避難したような有様だったのです。フランク・ストレンジ博士は、これらの文明のいくつかが内部地球に迎えられたことを示しました。認めてもらえますか。このような文明の、足跡を残さずにいなくなった人たちはどこに行ったのですか?

 

 

 

コブラ:オーケー、ある人たちは宇宙船に迎えられました。そして、ええ、かなり大勢の人たちが、地下にあるアガルタのネットワークに行きました。

 

 

 

〇ニュージーランドの選挙/言論の自由

 

ロブ:ニュージーランドの人たちが、最近の選挙に対するあなたの意見を聞きたがっています。彼らは不正があったのではないかと怪しんでいます。彼らは変化に向けてロビー活動しており、期待していたのとまったく反対の、そして実際の投票ともまったく反対の結果になったように感じています。ニュージーランドでこの時期に進行中のことについて何か話してくれますか?

 

 

 

コブラ:今あなたが言ったことが、そのまま答えになっていると思います。ええ、カバールはニュージーランドにも存在しています。なぜなら、ニュージーランドのマオリ族に強い目覚めが起きているし、いくつか他のグループもかなり強いからです。もちろんカバールはこの動きを抑えたがっています。

 

 

 

ロブ:そうですね。私は、ヴィニー・イーストウッド(http://www.thevinnyeastwoodshow.com/)という人からインタビューを受けたばかりです。彼は首相について話していましたが、あまり好意的ではない話しっぷりでした。そして彼のyoutubeはシャットダウンさせられたのです。彼には300万人を超える登録者がおり、非常にショックを受けました。youtubeにはかなりの検閲がかかっています。以前、私たちはこのことを話題に取り上げました。闇の奴らはいまだに検閲を行い、コンピューター上の言論の自由を妨害します。奴らのインターネットへの影響はイベントまで続くのでしょうか?

 

 

 

コブラ:イベントまで続きます。

 

 

 

2025

 

ロブ:以前あなたは、社会に対するすべての変革は2025年までに完了すると言いました。これは今でも有効なプランですか? 

 

 

 

コブラ:はい、今でもそのプランです。

 

 

 

〇死後

 

ロブ:人々は、死ぬときに何が起きるのか、もっと情報をほしがっています。私たちには果たさねばならない魂の契約や同意事項があるのですか?

 

 

 

コブラ:あなたは魂の同意事項と魂の契約をいつでも変えることができます。とても大切なことは、あなたが死ぬときの意識レベルです。なぜならそれが、死後のあなたの行き先をかなり左右するからです。もしあなたが目覚めていて、自分で方向付けできてアルコンの罠にかからなければ、アストラル界上部へ渡ることができます。あなたはそこで、かなり長期間気持ちよく滞在していられます。

 

 

 

ロブ:どうしたら人々はそうしていられるのでしょうか。もし知っていたら、と言ってもあなたもまだ死んでいないのだから……やはり知らないのでしょうが……それでも、死んだらどうしたらいいのか説明してもらえますか。例えば肉体の外に出て、ずたずたの亡骸を見て……皆さん、ごめんね、だけど例えば自動車事故だったとしたら、その人はどうすればいいのですか?

 

 

 

コブラ:オーケー。重要なのは自分の内側にある光、内側の自己、ハイヤーセルフに集中することです。そしてそれに導いてもらってください。

 

 

 

ロブ:アストラル旅行の話はいろいろと聞いたことがあります。体から抜け出て自由になったとき、地球のどこでも見て回れるのですか、アストラル界の地球を見ているのですか、いつもそこではガイドが付き添ってくれるのですか。このガイドは偽のマトリックスの一部ですか。そこで何が起きているのでしょうか?

 

 

 

コブラ:一定の自由はあります。そして周りにガイドはいますが、そのガイドたち自身も操られています。ですからアストラル界には善意の存在がたくさんいますが、そのなかには単にアルコンに操られている者もいます。

 

 

 

ロブ:オーケー。それでは地球の高次のアストラル界はポジティブなところなのですね?

 

 

 

コブラ:ある程度まではそうです。それでもやはりアルコンにコントロールされており、アルコンはあなたが経験できることに制限をかけています。物質界での生活と同じですよ。隔離状態の中にいても、あなたはたくさんの素晴らしいことを経験できます。

 

 

 

ロブ:高次のアストラル界も彼らは完全に支配したがっているけれど、おそらくそれは無理なのでしょう?

 

 

 

コブラ:彼らにはできません。

 

 

 

〇地球とは

 

ロブ:質問です:もしも私たちがここにいることを選択するなら、地球とは上級特別クラスですか?

 

 

 

コブラ:いいえ、それはクラスではありません、それは学校ではありません。それは何か全く違うものです。

 

 

 

ロブ:何なのですか?

 

 

 

コブラ:それは解放される必要のある占領された領域です。

 

 

 

〇グレイ

 

ロブ:質問です:グレイはいくつの文明で、私たちのDNAを掛け合わせましたか?

 

 

 

コブラ:彼らは私たちのDNAを利用できませんでした。このような遺伝子実験で彼らの望み通りの成功を得られなかったからです。

 

 

 

ロブ:フレッド・ベルの言葉――彼らは生殖能力を失ったので、絶滅前に種を回復させるために、私たちのDNAを採取しようとタイムトラベルしていた――に何かしら真実はありますか? 

 

 

 

コブラ:いいえ、それについては同意しません。彼らはタイムトラベルしていません。

 

 

 

ロブ:彼らは生殖能力を失ったのですか?

 

 

 

コブラ:かなり損なわれました。彼らの遺伝物質は、彼らが望んでいたほど上等ではなかったからです。

 

 

 

ロブ:ええ、それはフレッド・ベルも言っていましたね。

 

 

 

〇古代ギリシャとプレアディアン

 

ロブ:古代ギリシャとプレアディアンとの関係を話してもらえますか?

 

 

 

コブラ:基本的に、プレアディアンだけではなく、シリウス星人も偉大な哲学者たちにひらめきを与えていました。そして星の同胞団というあるグループを通して、ギリシャ文明が興りました。

 

 

 

〇ヒーリング・テクノロジー

 

ロブ:面白い質問が来ています。シェルダン・ナイドルが、私たちはイベント後3日間で癒やされるというのです。光のチェンバーのことかどうかわからないのですが、イベント後3日以内に光のチェンバーなり、進んだヒーリング・テクノロジーなり、利用できるようになるのですか?

 

 

 

コブラ:ノー、ノー、ノー。

 

 

 

〇鬱

 

ロブ:最近、鬱状態になっている人がたくさんいます。これは主要アルコンが土壇場の攻撃を加えているのですか。それとも人々は、偽りのマトリックスの人生を空しく思うようになり、それは光が増していることによる自然のプロセスですか?

 

 

 

コブラ:それはむしろ、最近のアルコンの強烈な攻撃によるものです。そのような鬱状態は人工的に創られたものであることを、人々は理解する必要があります。

 

 

 

〇スプラトリー諸島(南沙諸島

 

ロブ:フィリピンの人からいくつか寄せられた質問です。フィリピンの西に、スプラトリー諸島という小さな島々があります。中国がそこの領土を主張して、いくつか要塞を築きたがっています。その島々を巡って両国間の争いは熾烈なものになっています。何の意味もないような土地が、どうしてそんなに重要なのですか? 背後に何か事情があるのですか?

 

 

 

コブラ:それはただの意味もないような土地ではありません。たくさんのトンネルがあり、山下ゴールドが隠されていたのです。もちろん、その金はもうそこにはありません。多くの中国人が、まだそこに金があるものと思い、その金を欲しているのです。

 

 

 

ロブ:RMが持ち去った金は、もう地球にもどされたのですか?

 

 

 

コブラ:いえ、いえ、まだです。

 

 

 

〇小説 “the Smoky God”

 

ロブ:あなたは、バード少将の話には多少嘘があると言いましたね。オラフのスモーキー・ゴッドの話が嘘か本当かコメントしてくれますか。

 

 

 

コブラ:それはいくらかの事実と作り話を混ぜた小説です。

 

 

 

ロブ:するとそれは完全に小説であり、父親と息子は(内部地球に)行ってはいないのですね。

 

 

 

コブラ:はい。“the Smoky God”19世紀の小説です。(訳注:通常は1908年に出版されたものとして紹介されている)。本当の出来事を描いているのではありませんが、地下で起こっていることをきちんと理解しないまま、ある真実を織り交ぜて伝えようとした物語です。

 

 

 

〇ウクライナ情勢

 

ロブ:ウクライナとロシアで何が進行中だったのかコメントをお願いします。

 

 

 

コブラ:舞台裏ではまだ、ある事柄が進行中です。ウクライナでの暴力水準を低くするために、光の勢力はあるブレイクスルーを起こそうと努力しています。これはまだ完了していません。

 

 

 

〇スペースファミリー

 

ロブ:最後に、私たちのスペースファミリーとの、来たるべきオープンコンタクトという良いニュースについて話しましょう。私たちの太陽系の他の惑星から来ている、たくさんの異なるET種族がいるのがわかりますか。最後にはこのような存在は前に出てきます。バミューダトライアングルで行方不明なった人たち、接触を受けた人たちがたくさん表に出てきて、イベント時には情報面でサポートしてくれます。そうでしょう?

 

 

 

コブラ:はい、その通りです。

 

 

 

ロブ:スペースファミリーの宇宙船は、イベント時に当たり前に見られるようになりますか、それとももっとゆっくり徐々に見られるようになりますか?

 

 

 

コブラ:ゆっくり徐々にですが、それが始まれば驚くべきものになります。

 

 

 

〇結びに

 

ロブ:何か良いメッセージをお願いします。

 

 

 

コブラ:この週末に、大きな変化に繋がるブレイクスルーがありました。それでも変化には時間がかかります。希望を失わないでください。物事は起こっています。私たちが何のために戦っているのかに注目してください。それは起こります。それはここにあります。私たちみんなのために、永遠の世界へと続く私たちみんなの未来のために。

 

 

 

聴いてくれてありがとう。光の勝利を。

 

 

 

(了)