2014年

12月

12日

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

11月25日インタビュー

November Monthly Update by Cobra


ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

 

前半からの続き)

 

〇イベント-依存症

 

ロブ:電子のフェンス、たくさんのプログラミング、絶望感が原因で依存症に苦しんでいる人たちに希望を与えてください。「イベント後、人類は簡単に依存症を克服できるようになりますか?」

 

コブラ:ずっとずっと容易に抜け出せます。なぜなら、ほとんどの依存症は化学的にアンバランスな状態であり、そのアンバランスは、新しいテクノロジーで簡単に解決できるものだからです。

 

ロブ:イベント後、すぐ利用できるようになりますか?

 

コブラ:はい、その種のテクノロジーは非常に早く利用できるようになります。配送ネットワークが許す限りの早さです。数ヶ月で世界中に広まると思います。

 

 

〇イベント-病気/ヒーリング・テクノロジー

 

ロブ:イベント時、病気はすぐに癒やされますか? 例えばこんな質問をした人がいます。「眼鏡やコンタクトレンズを装着している人は、視力を回復してもらえますか。それとも、視力を回復させるためのテクノロジーを利用するには、個人的にお金を払わなければなりませんか?」

 

コブラ:段階的に進んでいきます。しばらくかかるでしょう。最初は重篤な末期疾患が手当てされ、次第に様々な疾患に移っていきます。すべての病気は癒やされます。もちろんすべての個人がその対象となります。内側も変容していくし、テクノロジーの助けを借りることも地球に広まっていきます。

 

 

ロブ:イベント後どれくらいしたら、私たちはヒーリング・テクノロジーを持てるのでしょうか。人類が一般的に利用できるような、ポジティブなスターダスト・テクノロジーがあるのですか。それとも、伏せられていた治療法が明かされるのですか。

 

コブラ:はい、ポジティブなスターダスト・テクノロジーが、イベント後に素早く人類に開放されます。普及する早さは人類がこうした変化にどれくらい早く馴染めるかにかかっています。イベント後の数ヶ月に、このようなテクノロジーが大々的に開放されて、その結果、多くの癒やしが起こると期待しています。

 

 

ロブ:大事な家族がハンチントン病を患っている人がいます。100%死に至る病で、繊維筋痛と共にとても痛い病気です。そのため自殺を考える人もいます。イベント時には、このような病の治療法も出てきますか?

 

コブラ:イエス、イエス。

 

ロブ:自殺しないでくださいよ、皆さん。イベントにこぎつければ、事態は速やかに好転します。

 

 

〇金に関するスイスの国民投票

 

(訳注:中央銀行に、資産の20%を金にすることを義務づけるか、その是非を問う国民投票。1130日の投票で提案は否決された)

 

ロブ:金に関するスイスの国民投票について話してもらえますか? これにはスイスの国民投票を必要としているのですか? 白い光の勢力に関係ありますか?

 

コブラ:それは実際にとても良いアイディアです。金融システムの変化に、人々がもう少し直接関わる機会になりますからね。ええ、これは光の勢力が背後でお膳立てしました。背後にいるのは、スイスの白いテンプル騎士団だと思います。もちろんスイスにもまだカバールがいますので、投票結果が操られないように、白いテンプル騎士団は彼らにできることは何でもしています。もし人々が正しい方を選ぶなら、光の勢力を支えることになります。金融システムが、もっと金と連動したものに移っていくように支えることになります。

 

 

NESARA

 

(ロブがNESARAに関して事細かに書かれた質問文を読んだあとで)

 

コブラ:オーケー、説明しましょう。ほとんどの情報が光の勢力からのものですが、いくつかの面で工作されています。NESARA法に関する一般的な情報は正しいのですが、特定の事実に関しては正しくないものも含まれています。

 

 

〇マイクロチップ

 

ロブ:フランス人のフォロワーが言っていました。「フランスのIDカードは写真の後ろにマイクロスコピック・ソレノイド・チップがつけられています」。これはアメリカでも標準で、たくさんの情報を読み出せるのだと思います。こう尋ねている人がいます。「フランスでは、マイクロチップは写真表面の喉のところに埋め込まれると彼らが言うのです。皆がそうなのかはわかりません。彼らが知りたがっているのは、マイクロチップがその場所に埋め込まれていることに何か意味があるのかということです。それとも、それは個人データを記録した、ただのマイクロチップですか?」

 

コブラ:それはデータを記録した、ただのマイクロチップです。カバールが、様々な目的のためにマイクロチップを埋め込んだカードを、ますます世界中に広めています。それも支配の一面です。

 

 

〇トラッキング・テクノロジー

 

ロブ:政府はマイクロチップを使って監視能力を高めてきました。私の理解では、もし彼らが真剣にあなたを捕まえたいのなら、特定の地域にビームを発信します。あなたが携帯電話に限らず、ラップトップを持っていたら当然追跡されますが、免許証やクレジットカードでも彼らは追跡できます。そうでしょう、コブラ?

 

コブラ:彼らにはとてもたくさんのトラッキング・テクノロジーがあります。彼らには基本的に地球全体を網羅するテクノロジーが必要なのです。特にキメラグループには必要です。その主な目的は、E.T.との接触が一切無いようにすることです。これが、地上のすべての監視体制の背後にある、一番の動機です。

 

ロブ:クレジットカードに埋め込まれているような小さなチップはどうなのですか。どうやってE.T.との接触を監視するのですか?

 

コブラ:それは利用しません。これはもっとも原始的な監視方法です。もっと洗練された方法があります。どの人も、それらの方法をたくさん組み合わせてチェックされています。

 

ロブ:そうですね。普通の人には、皆さん、被害妄想に取り憑かれるかもしれませんが、カバールとキメラグループは、税金を払わない人とかを個人的に監視しませんよ。このタイプのモニタリングは普通の人の日常生活を本当に対象としていません。たとえ犯罪者であってもです。エドワード・スノーデンのような重い責任を負っている人を対象にしています。

 

コブラ:基本的に集まったデータは蓄積されて忘れ去られます。99%のデータはどこかのサーバーに眠ったまま忘れられてしまうと思います。

 

 

〇地球の分化

 

ロブ:いくつかのソースは、20152017年の間、地球は3D、4D、あるいは5Dに分かれ、それぞれのタイムラインに沿って、人々が進んでいくのだと言っています。これについてコメントをお願いします。

 

コブラ:その情報は認めません。

 

ロブ:ありがとう。イベントは、惑星地球と全人類が4Dや5Dに上昇するのを容易にしてくれますか?

 

コブラ:はい、もちろんです。イベントはこの移行をずっとずっと容易にしてくれます。

 

ロブ:オーケー。ちょっとクレージーな質問がありました。3Dの意識に留まることを選択する人もいますか?

 

コブラ:物質界に留まる人もいるでしょうね。多くの人がそこに留まったり転生したりします。しかし、二元性も戦争も破壊もカバールも無しの状態です。

 

 

〇深い睡眠

 

ロブ:何も覚えていないような深い睡眠状態では、何が起きているのですか?

 

コブラ:何が起きているかというと、アストラル体と一緒になっている魂が肉体から離れ、細い糸で繋がっているだけになっています。魂が離れた後の肉体には意識が入ってきます。なぜなら、その日に起こったことは何でも統合する必要があるからです。

 

 

〇オイルダラー

 

ロブ:オイルダラーとかUSドルとかいう話をたくさん聞きます。私も含め、お金にあまり詳しくない人たちのための質問です。「国際準備通貨がドルだと、どうして米国が力を得られるのか説明してくれますか。すべての通貨が相互に関係しているのなら、国際取引で使用される通貨をどれにするかで、どんな違いが生じるのですか?」

 

コブラ:オイルダラーは金融システムの一形態です。世界中に展開している米軍によって支えられています。世界中に軍事基地がたくさんありますが、その軍事力を通して、各国政府はUSドルを国際準備通貨として使用するように強いられています。特定の通貨が国際準備通貨として使用されると、その国は大きな力を得ます。USドルは第二次世界大戦後の準備通貨でした。第二次世界大戦前や前世紀には他の国々の通貨が世界通貨になっており、その国々は多大な力を得ました。例えば、19世紀はイギリスのポンドが準備通貨で、イギリスが力を得ました。多くの植民地を得て拡大したでしょう。そのさらに一世紀前は、フランスが準備通貨の優位性を保って拡大しました。1516世紀はスペインが優位な時代で、新世界へと拡張政策をとり、中南米を征服しました。ある国の通貨が準備通貨、すなわち世界通貨になるということは、その国の力をもの凄く強めるということなのです。これが米国で起きていたことです。

 

 

〇キメラグループは降参したか?

 

ロブ:特定の名前は挙げませんが、”freedom for humanity”というブログを見ました。善意で書かれていて、彼らはあなたを通してキメラについて学びました。彼らは個人的にキメラと接触があるように感じます。彼らはキメラが降伏したと言いましたが、明らかにそれは正しくないと、私は思います。コメントしてくれますか。キメラグループは降伏しましたか? 大勢の人が訊いてきました。このブログはたくさん取り上げられていましたね。

 

コブラ:明らかにキマイラグループは降伏していません。なぜなら、大きな変化がまだ起きていませんから。

 

ロブ:ありがとう。別の質問です。「キメラグループのリーダーはセトという名の人物か、または存在なのですか?」

 

コブラ:その答えはノーです。

 

 

〇時間の流れるはやさ

 

ロブ:時間の流れが以前よりも速くなっているという説があります。この説は正しいですか?

 

コブラ:オーケー。二つの要素があります。一つ目は心理的な受け止め方です。私たちは、数年前よりも多くの情報を毎日処理していく必要があるので、時間が速く過ぎるように感じるのです。もう一つは次元のシフトです。その次元のシフトが、時空連続体の構造を変えています。それは客観的な現象であり、測定することができます。地球の科学が高次元の存在を認められるようになったとき、測定できるでしょう。

 

 

〇アナサジ族のゆくえ

 

ロブ:面白いミニ情報です。「南西アメリカのアナサジ族はどこへ消えたのですか?」

 

コブラ:彼らは地下のアガルタのネットワークに入りました。アメリカ方面のアガルタのネットワークです。

 

 

〇単原子ゴールド

 

ロブ:単原子ゴールドの粉、あるいはオーマス(Ormus)についての意見を聞かせてください。超伝導としてスピリチュアルな波動を高めるのに役立ちますか? 高次の意識状態に作用しますか?

 

コブラ:ええ、もちろんそれは単原子状態にある他の白金族金属と同様に役立ちますよ。

 

ロブ:もしかしてそれが理由でアヌンナキは金を高く評価して、採掘したのですか?

 

コブラ:いいえ。

 

 

〇太陽フレア

 

ロブ:Ed Damesという人が10月に報告していましたが、全米にキルショットが襲うというのです。彗星だか太陽の黒点だかの。その太陽フレアについて何か話してもらえることはありますか?

 

コブラ:まあ、太陽活動はこのまま続きますが、この時間枠で大異変となるようなことは起こりません。

 

 

〇ドレイク

 

ロブ:質問です。「ドレイクという人物と話をしたことがありますか? あなたの情報ルートで、ドレイクと同じものはありますか?」

 

コブラ:はい、ドレイクとは通じていました。彼はもともとレジスタント・ムーブメントの誰かと接触していました。ポジティブ・ミリタリー内部のRM工作員です。その後ドレイクはその繋がりを断ち、今は彼独自の情報ソースをもっており、それは私とは別のものです。

 

 

〇『チベット死者の書』

 

ロブ:『チベット死者の書』から死の体験についての質問です。「白い光を思い出しなさい。その純粋な光は、宇宙のあらゆるものがそこから出て、宇宙のあらゆるものがそこに帰るところ。あなたのマインドの本質であり、未だ顕現していない宇宙のあるがままの状態。輝いた光の中へ自らを解き放ちなさい。信じて、融け込みなさい。それはあなたの真の本質。それは故郷だ。」これは死の移行の時に役立ちますか、誤っているところはありませんか?

 

コブラ:これはとても良い助言です。死に際して、あなたの真の本質、あなたの内なる光に集中する助けとなるような説明です。それは実際、死ぬときにアルコンの罠を避ける方法です。

 

 

〇ナグ・ハマディ写本

 

(訳注:1945年エジプトのナグ・ハマディで発見された初期キリスト教文書)

 

ロブ:質問です。「ナグ・ハマディ写本に書いてあることは、すべて正しいですか?」

 

コブラ:かなり正しいですが、完全に正しいわけではありません。

 

 

〇感受性の強い人たち

 

ロブ:前回、感受性の強い人たちが自分を保護するためにすべきことを、あなたは教えてくれました。ある人は部屋が薄暗くなると、色々なものが見えてしまうのです。彼女の夫や友人は、彼女が少しパラノイア(偏執症、妄想性の症状)気味だと感じているようです。こんなことがいつまで続くのでしょうか。彼女は正気を保っていられるか心配で、すべて忘れたがっています。そのことに関してとても混乱していて、どういうことなのか知りたがっています。

 

コブラ:ええ、もちろんこのようなことはまだ起こっており、感受性の強い人ならなおさらです。時々彼らは、エーテル界で起きていることを見たり、感じたりするのです。エーテル界はまだ解放されていませんので。

 

ロブ:前回のインタビューであなたが教えてくれた瞑想法を行った人たちが、とても効果があったと言っていました。できたら、このような人たち――ストレスを感じていたり、感情的に攻撃されていたり、身体に不調和を感じたりする人たち――に、今一度どうしたらよいか教えてもらえますか。このような実用的な情報は、いつでも皆さんに喜んでもらえます。

 

コブラ:自分を守る方法はたくさんあります。一つは銀河のセントラルサンと繋がること。もう一つは光の柱が空から降りてきて地球の中心まで届くのを視覚化すること。もう一つは自然の中に入って、 輝いている白い光か青い光かピンクの光など、あなたの好む色の光で、自分の周りを囲むこと。あなたの人生からストレスの元となるものを取り除くことも大切です。機能不全に陥っている人間関係への執着や、あなたの波動を低くするようなものへの執着があると、それもまた他の勢力があなたの人生に干渉する入り口になります。できる限りそういうことに注意してください。そうすればあなたはもっと守られます。

 

 

〇お産/月経

 

ロブ:お産と月経についての質問がありました。どちらも女性にとって不都合なことだし、痛みがあります。これは自然のプロセスですか? これはイベント後に変わりますか? 月経に関して人類は、あるいは女性は、今とは違う方向へ進化するのですか?

 

コブラ:女性が特定の波動に達すると、月経は変化して無くなります。とても高い波動であるため、アセンションがずっと先にあるうちは、そうなりません。それは、アセンションの直前に起こることです。

 

ロブ:なるほど。でもイベント後、痛みは少なくなるのでしょう。おそらく理解も深まるし、人体の化学面もバランスがとれていて。女性にとってそんなに痛みを伴うものではなくなりますよね?

 

コブラ:痛みを伴う必要はありません。エネルギー体と肉体に、エネルギー的な妨害物があるときにのみ痛みます。そのような妨害物が取り除かれれば、月経自体は痛みを伴う必要がありません。

 

 

〇大麻

 

ロブ:質問です。「大麻はE.T. が地球に植えたというのは本当ですか?」

 

コブラ:はい、実際多くの植物が、たくさんの様々な種族からの贈り物としてもたらされました。

 

ロブ:私はこんなことも聞いていますよ、皆さん、ある情報筋によれば、金星人は私たちに、蟻、蜂、トウモロコシをくれました。

 

 

〇エロヒム

 

ロブ:質問です。「エロヒムとは何ですか?」

 

コブラ:彼らは大天使で、ソースから降りてきた光の存在です。そして様々な太陽系で進化を導いています。

 

 

〇アレックス・コリアーの情報

 

ロブ:アレックス・コリアーが言ったのかは定かではないのですが、こんなことを聞きました。アンドロメダンによれば、自ら運行する衛星があるそうです。このことは私もたくさんの情報筋から聞いています。これは新しいテクノロジーではありませんよ、皆さん。ガニメデ(訳注:木星の第三衛星)が木星の周りを回る宇宙船だとも報告されており、もちろんE.T.にはとても進んだテクノロジーがあります。直径が何マイルもあるような、私たちには計りしれないほど巨大な母船を造る、超文明があります。私は彼が言ったことを疑っていません。彼が「黒い騎士」衛星について言ったことは、それが高速輸送機関で、銀河系の様々な恒星と惑星の地図をつくりながら、自動操縦で動いているということです。

私はそのことを疑っていないのですが、最近youtubeビデオで持論を主張する人がいて、NASAだかJPL(ジェット推進研究所)だかの彼の職場では、そのことを確認できないというのです。彼は、携帯電話からのビデオで、冥王星の後ろに冥王星よりも大きなものがあると主張しています。コブラ、そのことについて、あなたが私に言ったことを、人々に言ってもらえますか?

 

コブラ:繰り返します。私はその情報を支持しません。

 

ロブ:E.T. が、銀河系の地図をつくる自動操縦の情報収集飛行体を持っているという、アレックス・コリアーの情報は支持しますか? 自由世界の多次元的な同盟のマッピングシステムの一部で、星間トラベルに利用されるのでしょう?

 

コブラ:はい、そのことは完全に認めます。ええ、彼らはそのような宇宙探査機をもっています。

 

ロブ:紳士淑女の皆様、アレックス・コリアーという素晴らしい兄弟は、たくさんのことを成し遂げてくれました。私のラジオショーで、彼はNSAから殺害の脅迫状を受け取ったと言っていました。彼は監視下にあり、財政的にもきつい状態です。本人も家族も強いストレスに晒されています。できれば皆さんに、彼のウェブサイトのdonateボタンをクリックして援助してもらえたら、とても有り難いです。この紳士は銀河連邦栄誉賞に値する人物です。(http://www.alexcollier.org/.

 

 

〇教典

 

 

ロブ:自己を探求している人たちは、聖職者になったり宗教にのめりこんだりするのではなく、私生活の中で、ヒンズー教や仏教の経典に書かれている、スピリチュアルな行を実践することで大きな喜びを得ています。そのため、ヒンズー教や仏教の教典が、どのくらい真実を保っているのか知りたがっている人がいます。

 

コブラ:ある程度改ざんされています。特にカルマという概念に関しては。これらの教えの大部分は今でも真理として通用します。もちろん、これらの教典が書かれる何千年も前に、教えは存在していました。そして当然、各世代が少しずつ歪めていきました。大きく核としてつかめる部分はまだ残っているわけですから、自分で真実を見分ける必要があります。

 

 

〇ファティマの預言

 

ロブ:私が回答したいような面白い質問がきました。バチカンが流したものと考えられています。私は間違いなく、ファティマで奇跡を起こしたのは、ポジティブなE.T.グルーブだと思います。彼らは太陽を遮って宇宙船が舞うのを当時の人たちに見えるようにしました。例のファティマの預言は何だったのか、私たちに教えてもらえますか?

 

コブラ:そうです。その出来事にはUFOが関わっていて、人々の集団の前に宇宙船が現れました。

 

ロブ:ええ、それで預言の明かされていない部分を教えてくれますか?

 

コブラ:カトリック教会の背後にある本当の話を語っています。そして教会の洗脳のことと、終末の時にその洗脳が無くなることです。だから教会はこの預言を公表しないのです。

 

 

〇カナダの現状

 

ロブ:お隣のカナダから質問がきています。カナダでは、クライシス法と呼ばれているエボラやテロリストに関する法令を利用して、カバールメンバーが締め付けを強めようとしているようです。アメリカの愛国者法のように、その法令によって彼らは、カナダの人々を逮捕、拘留するための大きな力を得ます。カナダの人たちの恐怖を和らげてもらえますか? 私は、このようなことが起こらないと確信しています。愛国者法が施行されて12年経ちましたが、いまだに彼らが民衆をFEMAキャンプ送りにすることなど不可能なのです。カナダのこの法令について話してもらえますか?

 

コブラ:状況は極めて米国と似ています。彼らには書類上の法律はありますが、あなたがすでに言ったように、人々は善人の大量逮捕を恐れる必要はありません。カナダ版FEMAキャンプのような状況にはなりません。

 

 

〇スロバキア

 

ロブ:数人から聞かれた質問です。スロバキアについて話してもらえますか? 世界を癒やすことや、スピリチュアルな目覚めに関して、スロバキアはどんな立場にあるのかも、お願いします。

 

コブラ:スロバキアは中央ヨーロッパの一部です。そして中央ヨーロッパ全域には、対立する力をバランスさせる役割があります。西にはアングロアメリカの状況があり、東にはロシアの状況があり、そして中央ヨーロッパ地域があります。その目的は、二極性を統合し、バランス状態にあるエネルギーを定着させることです。スロバキアはそのような地域の一部です。

 

ロブ:ハンガリー、セルビア、ポーランドに関しても同じ質問を受けましたが、それらの質問にも答えたことになります。

 

 

〇南米の状況

 

ロブ:アルゼンチン、チリ、ブラジルなど南米における解放運動の進展具合やカバールの現状について話してもらえますか? 一般的にスピリチュアルなメッセージは、どうしても西側に関する情報に片寄りがちなので、南米の人たちは取り残されたように感じています。

 

コブラ:それらの国々では、基本的に激しい争いが起きています。光の勢力がとても強力なので、反対勢力の抵抗もかなり強いのです。ライトワーカーと光の戦士の、非常に強力なネットワークがあります。彼らは互いにどんどん繋がりあっていました。南アメリカでの目覚めのレベルは地球の平均をはるかに上回っているので、イベント時には彼らは容易に次の時代へ移行できると思います。

 

 

〇性別

 

ロブ:転生についての質問がありました。生まれてくる魂は性別を選択できますか、それとも、アルコンによって押しつけられるのですか?

 

コブラ:その人次第です。ほとんどの人には、性別と環境を選択する機会がありますが、その多くはあてがわれたものです。ですからこう言えるでしょう。人間は限られた選択肢から選ぶのだと。そのような限られた選択肢は、アルコンによってあてがわれたものです。

 

 

〇結びのメッセージ

 

ロブ:何か希望が持てそうなメッセージはありますか? 進展具合などを少し教えてもらえませんか?

 

コブラ:まだ具体的なことは何もお伝えできませんが、光の勢力の、ある作戦が完了しました。これは実際とても良いニュースですが、まだ表には出ません。完了したことによる影響は、至るところで感じられるようになるでしょう。未来は、今より輝いて見えます。なぜなら、一つの極めてデリケートな状況がうまく解決したからです。これはとても良いことです。そして私は徐々に段階を踏んで、これに関する機密情報を公表していけるでしょう。しかしまだ注意は必要です。そんなわけで、極めて実質的な進展がありました。

 

ロブ:皆さん、コブラが1222日のインタビューを了承してくれました。クリスマスプレゼントみたいですね。私の他のラジオページにもご注目ください。私は、

 

Benjamin Fulfordhttp://benjaminfulford.net/

American Kabuki http://americankabuki.blogspot.com/

Kauilapele https://kauilapele.wordpress.com

 

ともインタビューしました。

 

 

(了)