ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半)

2月16日インタビュー

February Monthly Update, Meditation Videos and Conferences by Cobra

 

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半)

 

(訳者:要約編集してあります)


 

〇太陽系の情勢

 

ロブ:今、太陽系はどうなっていますか? ネガティブ存在の基地の撤去に関して動きはありましたか?

 

コブラ:太陽系のネガティブな存在は、キメラグループに繋がっている、最小限の数しか残っていません。今は太陽系から最後の残存者を一掃しているところです。物質的なストレンジレット及びトップレット爆弾が完全に除去されたとき、私たちは光の大きな勝利を収めたのです。(この爆弾に関しては)今はプラズマ的なものを残すのみになりました。私たちは今それらを除去しなければなりません。これは大きな進展なのです。太陽系の浄化は、うまく進んでいます。たくさんの進展がありました。

 

 

〇キメラグループの種族

 

ロブ:キメラグループを構成しているのは、どのような存在なのですか?

 

コブラ:キメラグループに属している人たちは、大部分がアンドロメダンかハイブリッドです。彼らの起源はアンドロメダ銀河の、あるセクターです。そしてオリオンに受け入れられると、オリオン座のトレーニングと言えるようなものを経て、彼らは闇のオリオン・ドラコ・レプタリアン帝国の一部になりました。彼らは基本的にその帝国を乗っ取りました。彼らは長期にわたり、オリオン・ドラコ・レプタリアン帝国の統治者、ハンドラーだったのです。彼らは技術的にも科学的にも、その帝国で一番進んだ者たちでした。だから彼らが最後まで残っているのです。だから彼らには最新鋭の防御システムがあるのです。

 

ロブ:ということは、アルファ・ドラコニアンを操っているトップはアンドロメダンなのですね? (はい)。 アンドロメダ銀河は大きな銀河ですが、アンドロメダンにはどんな姿をしている人たちがいるのですか?

 

コブラ:アンドロメダは、多数の恒星系を持つ闇の銀河です。人々の姿を一般化することはできません。キメラグループは人間の形をしている存在です。もともと人間のような姿をしています。レプタリアンのタイプではありません。惑星地球で人体を持つ者たちは、道を歩いていても人間と見分けがつきません。

 

 

〇地上のカバールとキメラの繋がり

 

ロブ:地上にいる高位のカバールメンバーは、まだキメラと連絡しあっているのですか?

 

コブラ:残念ながら高位のカバールメンバーはそうしています。私は具体的に邪悪な四人組について言っています。

 

 

〇闇の作戦は別の場所でも進行しているのか

 

ロブ:この銀河のどこか別の場所でも、キメラ・レプタリアン・オリオン・ドラコによるネガティブな作戦が進行しているのですか?

 

コブラ:ノー、ノー、ノー。この太陽系が最後で、(地球が)実際解放すべき最後の惑星です。

 

ロブ:オーケー。「太陽系は完全に隔離されたのですか?」

 

コブラ:決して完全な隔離状態ではありませんでした。非常に厳しい条件のもとでも、限定的な応酬は常に可能でした。こんなふうに言いましょう。この太陽系は、ここ25,000年の間、大部分がオリオン・レプタリアン・ドラコニアン複合体の支配下にあった、と。

 

ロブ:とはいえ、特定の惑星には何の力も及ばなかったし、高い精神性を持った惑星にも影響しませんでしたよね?

 

コブラ:ええ、もちろんです。彼らは、高次のスピリチュアルな界層では何の力もありませんでした。

 

ロブ:そうです。金星では、たとえ物質界でも彼らは決して・・・

 

コブラ:金星の物質界、木星の月、他にもいくつかの領域では、常に光と強く結びついていました。木星の四つの大きな月とシリウス恒星系を繋ぐスターゲイトは、決して閉じられませんでした。

 

ロブ:光の勢力の衛星となっている、木星の四つの月の名前を今一度教えてくれますか?

 

コブラ:イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト。四つのガリレオ衛星、木星の大きな月です。それらは常に光の勢力の手にありました。

 

 

〇ウクライナ情勢/交渉

 

ロブ:最近のウクライナに関する会談について教えてください。

 

コブラ:いつも通り、ここでは二派が戦っています。東方連合、BRICS連合対西側カバールの戦いです。これは基本的に銀河戦争の最後の段階です。この停戦合意はとてもトリッキーなものです。もしこの合意に違反するようなことがあれば、西側カバールはそれを口実に、この地域をさらなる紛争に巻き込もうとするでしょう。まさにそれは、東方連合の避けたいところです。

 

しかし同時に二つのことが起こっています。一つは二派の古い争いの続き。カバールはこの停戦合意を悪用しようとしています。この合意が破られれば――そして彼らは合意が破られるように画策することもできるのですが――彼らは、この地域をさらに侵略して暴動を起こす計画を進めることができるのです。それと同時に舞台裏では、ヨーロッパが財政的にも地政学的にもBRICS連合、東方連合と、もっと深く結びつくための手はずを整えています。そのため、ヨーロッパは間もなく財政的に大きなシフトを遂げることができます。舞台裏では深いところで再構築化が進行中で、ウクライナは、このような状況全般における氷山の一角に過ぎません。

 

ロブ:このような会合が開かれるとき、実際は会合でどんなことが話し合われているのかと思うのですよ。実際には会合でどんなことが起きているのですか?

 

コブラ:たくさんのプレッシャーとストレスと交渉です。いつもうまくいくわけではありません。報道はいつでも笑顔の写真を載せていますが、舞台裏で起きている事は本当にずっと不快なことです。もちろん、その地位にある人はたくさんの内部情報を得ていますが、すべてではありません。

 

本当の交渉は政治家のトップ同士で行われるのではありません。プーチンとオバマが交渉します。利益に関わっている当事者グループの代表者同士も交渉します。こちらの会合は公表されることはありません。代替メディアでさえも公表されません。常に舞台裏で行っているのです。ときどきフルフォードがそのような交渉をレポートしていますが、それは深いレベルで行われている交渉です。

 

 

〇黒い貴族

 

ロブ:ファルネーゼ家、オルシーニ家などの最高位の黒い貴族、アルコンについて、今の状況を教えてください。

 

コブラ:彼らは排除されていませんが、大きく力を失っています。とても急速に力を失っています。人類史を通してこんなにも急速な下降ラインをたどることは決してありませんでした。ですから良い兆候です。

 

 

〇王族支配を支える力

 

ロブ: 1,5001,600年代の状況についてお訊きします。物質的なプラズマテクノロジー、高度なテクノロジーもなかったのに、どうして王族による支配や人々を奴隷状態におくようなプログラミングを支えることができたのですか? 不可視のプラズマスカラー場テクノロジーがあったからですか?

 

コブラ:そのテクノロジーは存在していましたが、キメラグループは舞台裏で自分たちだけで使用していたわけで、地上の誰も考えの及ばぬことでした。王族は、自分たちの血筋を護っている強い勢力があるということしか知りませんでした。

 

 

〇カマキリ型種族

 

ロブ:最近、サイモン・パークスという紳士と話をしました。彼はカマキリ型種族のアブダクティーで、カマキリ型種族はアルファ・ドラコニアンの配下にありました。このように服従させられた種族はどうなったのですか? 人々も惑星も解放されたのですか?

 

コブラ:カマキリ型の存在は、種族全体で光の側に移りました。彼らは今では完全に光の勢力に協力しています。

 

ロブ:その紳士によれば、彼らは従属させられていて、人間を虐待し続けていながらも、何とかして自由になろうとしていました。

 

コブラ:ええ、それは本当です。何年も前に銀河連合から接触と支援を受けました。今彼らは自由で光の勢力に協力しています。

 

 

〇他種族の介入

 

ロブ:(高次元の評議会とは別に)過去にたくさんの、物質的次元の種族がやってきて地球の現状を理解し、それを止めるためにもっと介入し、もっと力をふるえるように嘆願したというのは本当ですか?

 

コブラ:多くの種族が介入したがりました。彼らは、ここでの状況がいかに複雑か理解すると、ほとんどの者たちが恐れをなしました。地球をめぐる状況は本当にきつく、本当にひどいのです。今は実際、かつてよりもずっと良くなっています。状況は実に難しいものであったし、人々は実際ここで何が起こっているのか知りませんでした。有り難いことに、今では、私たちは解放計画をとてもうまく進めていますし、最後のブレイクスルーにとても近いところにいます。

 

 

〇部分的な勝利

 

ロブ:地球には政治的に解放を成し遂げた地域はありますか? 南米では企業を追い出してカバールの影響をなくしたところがあります。

 

コブラ:部分的な勝利と言えるものはたくさんあり、世界中で起きています。しかし最後のブレイクスルーはイベントのときに起こります。これは世界規模のものであり、地域的なものではありません。

 

 

SwissIndo

 

ロブ:オーストラリアの議員にAnn Bressington という非常に勇気ある女性がいます。脅しにも屈せず、カバールに対抗して、オーストラリアでやくざな銀行幹部の信用詐欺を暴露しました。彼女は、スイシンドーに関わっています。スイシンドーの目的と、その働きについて話してもらえますか?

 

コブラ:金融システムのリセットを加速させようとしている多数のグループがあります。これもそのうちの一つです。ここでは細かいことに入っていくつもりはありません。

 

 

〇プラズマのストレンジレット/トップレット爆弾

 

ロブ:「プラズマのストレンジレット爆弾とトップレット爆弾は、爆発した場合、物質的なものと同じ現象が起きるのですか?」

 

コブラ:とても似ています。

 

 

F-16戦闘機事故

 

ロブ:「スペインのNATO基地でF-16戦闘機墜落事故があり、2名のギリシャ人パイロットが巻き込まれました。これはギリシャの選挙と関係していますか?」

 

コブラ:いいえ。

 

 

〇ナイジェリア情勢

 

ロブ:「現在のナイジェリア情勢はどうなっていますか? ボコ・ハラム武装集団はまだ勢力が衰えていないのですか?」

 

コブラ:まだ勢力があるし、活発に動いています。数週間前ほど活動的ではありませんが、状況はまったく好転していません。

 

 

〇オランダの偽旗事件

 

ロブ:先日オランダで人質事件がありました。このテロ事件は偽旗事件ですか?

 

コブラ:偽旗事件のラベルを貼ることもできますが、世界規模での重要事件ではありません。

 

後半に続く)


しばらく更新を休みます。