キメラ状況の最新情報

2015年3月19日付

Chimera Situation Update

 

キメラ状況の最新情報


 

キメラグループの掃討は続いています。残っているのはプラズマのインプラント・ネットワークです。セトのトンネルを通して互いに結びついており、プラズマのストレンジレット及びトップレット爆弾と繋がっています。

 

このインプラント・ネットワークは、天の川銀河の、このクワドラント(四分円)に、何百万年もかけて徐々に築かれました。これを築いたのはキメラグループのマッド・サイエンティストで、彼らはオリオン/ドラコ/レプタリアンの軍事施設を戦略的に設計することに熟練しています。

 

現在、惑星地球に生まれている誰もがインプラントされたままです。隔離された地球の領域に入るとき、あるいはその前に、インプラントを受けたからです。それらはプラズマのマイクロ・ブラック・ホールで、強力なプラズマ電磁場(plasmatic electromagnetic field)の中で回転しています。それらの目的は、時空を歪めて初期異常を保つことと、そうすることで惑星地球の隔離状態を保つことです。

 

http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/02/contingency.html

 

皆さんは、物質界の物質は凝縮されたプラズマ波に過ぎず、プラズマ異常は物質界に直接反映することを、理解する必要があります。

 

光の勢力が数千年にわたって天の川銀河を解放し続けると、闇の勢力は惑星地球に退いて最後の要塞にしました。彼らは量子異常を操ったり、核爆弾や粒子加速器で多数のネガティブなスターゲイトを活性化したりして、第二次世界大戦後、特に1996年以降、実際に私たちの惑星を量子のスターゲイト――残っているすべての初期異常を宇宙中から引き寄せて湧き出させる井戸――にしてしまいました。

 



CERNの大型ハドロン衝突型加速器が再開しても、一切危険はないし、地球の量子の井戸は深くなりません。なぜなら、今は、光の勢力が物質的ストレンジレットとトップレットの生成を握っており、それらの粒子のいかなる物理的操作にも対抗できるからです。

 

地球にある、初期異常の量子ゆらぎの井戸――プラズマ・インプラント・グリッドが維持し、プラズマ・ストレンジレット及びトップレット爆弾による報復が脅しとなって支えている――は、地球の隔離状態を保ってデスクロージャー及びファーストコンタクトを妨げているキメラが、バックグラウンドにしているメタ戦略です。(訳注:メタ戦略とは包括的な戦略、中心となる戦略)

 

この量子の井戸は、地球の周りにプラズマが集積した渦を生み出しています。その渦は、いわゆる局所バブルを横切って、何百光年先まで伸びています。

 

(訳注:local bubble; 局所バブル、ローカル・バブル、局所泡[きょくしょあわ]。銀河系のオリオン腕の星間物質にある空洞。オリオン腕とは太陽系が属する渦状腕[かじょうわん]。地球から見ると、オリオン座が見える方向の近くに確認されるため、こう呼ばれている。オリオン腕の幅が約1000光年で、太陽系は中央付近にあるため、概ね500光年以内にある天体は、オリオン腕内にあると考えられる。因みにリゲルは地球から700光年くらい。リゲルの上にある、オリオンの左肩のγ星、ベラトリクスは250光年くらいで、オリオン座では地球から一番近い)

 

http://www.skyandtelescope.com/astronomy-news/local-hot-bubble-07282014/

 



そこから、希薄高温プラズマが、セトのトンネルを通って超高速で地球に向かってテレポートしています。

 

キメラがこのプラズマを太陽系中にあるインプラントの監視局に集めて、セトのトンネルを通して地上の人間のインプラントに分配します。

 

インプラントの監視局は26,000年前に、キメラによって設置されました。その目的は、隔離された地球という要塞へ、太陽系外から光の勢力が侵攻するのを防ぐことと、地球や太陽系から逃れようとする者にインプラントを施すことです。MOSSの作戦の一部に、これらのインプラント局を一掃することが含まれています。こちらはうまく進んでおり、最近はすでに、銀河の光の勢力の母艦が多数、太陽系に入ってきています。残っている主なインプラント監視局は、イアペトゥス――土星の衛星の一つ――の洞窟システムにあります。

 

(訳注:201529日付「太陽系の最新情報」; 今年の1月末からは、闇の最後の残滓をこの太陽系から一掃する作戦を始めています。この作戦のコードネームはMOSSMultidimensional Operations Solar System)です)

 



太陽系ではたくさんの活動があり、なかには地球上からも認められるものがあります。例えば、数週間前に、月の表面に奇妙な衝突が起こりました。

 

http://spaceweathergallery.com/indiv_upload.php?upload_id=109880&PHPSESSID=3gk3p4n6iv52tklcer99713g03

 

これは数年前に火星で。

 

http://arstechnica.com/science/2015/02/strange-show-spotted-high-above-mars-surface-remains-mysterious/

 

火星の7姉妹はプレアデス艦隊の地下格納庫の入り口で、そこから火星に関するMOSSの戦略を統合しています。

 

(訳注:火星の7姉妹は、火星の火山に開いている7つの穴)

 

http://www.thelivingmoon.com/43ancients/02files/Pleiades_Mars_Connection.html

 

私たちの太陽系における、いかなる人工的な活動も、容易に検知、測定することができます。

 

http://phys.org/news/2011-12-aliens-kuiper-belt-cities.html

 

NASA MSSSMalin Space Science Systems―マリン・スペース・サイエンス・システムズ社)は、太陽系に知的生命がいる証拠を消そうとしましたが、いくつかは漏れてしまいました。皆さんはNASAの本物の画像をここで見ることが出来ます。

 


火星の石柱



フォボスの石柱

(訳注:火星の衛星はフォボスとダイモス。どちらも恐怖の神)



月面の母船


レアの後ろの母船

(訳注:レアは土星の第5衛星。タイタンに次ぐ大きさ)

 

MOSSの作戦に関しては重要な進展を遂げ、数週間後にたくさんの機密情報を公表できるでしょう。

 

さて、ブレイクスルー会議をイギリスのイーストボーンとセブンシスターズ国立公園に近い場所で開催しますので、是非ご参加ください。セブンシスターズ国立公園は、プレアディアンのアラインメント・ポータルです。会議は411日、12日に行われます。そのとき、たくさんの新しい情報が明かされるでしょう。

 

http://portal2012.org/UK.html

 

ブレイクスルーは近い!