サブルーナー作戦

7月14日付

Sublunar Operations


サブルーナー作戦

 

レジスタンスはサブルーナー(月下の)スペースを、月の軌道の下と、人口衛星の一番低い軌道の上の空間と定義しています。

 

光の勢力は、MOSSの完了に向けた、次の論理的ステップとして、本日サブルーナー作戦を開始しました。

 

サブルーナースペースは、常にキメラが作戦を集中させていた領域でした。その領域が、地球表面に至る前の最後の防衛線だからです。

 

地球を周回している人工衛星はたくさんあり、その中にはキメラのプラズマ・ストレンジレット爆弾のインプラント局もあります。

 

http://stuffin.space/

言及すべき最も重要なことは、有人軌道実験室構想です。 


https://en.wikipedia.org/wiki/Manned_Orbiting_Laboratory

(日本語:有人軌道実験室

 


 

この実験室の開発は、公式には1969年に中止されましたが、実際は闇に潜り、今は最も重要なキメラのインプラント局になっています。

 

キメラのインプラント局の第二グループは、静止衛星及び地球同期衛星のなかにあります。

(訳注:地球同期衛星は地球の自転と同じ周期で公転する衛星。赤道上空の軌道を同じ向きに公転する場合は、静止衛星となる)。


http://theketelsens.blogspot.com/2013/10/geostationary-satellites.html
 

そして第三グループは、地球近傍軌道にある人工衛星で、特にキーホールシリーズの ものです。

(訳注:キーホールは、米軍の代表的な偵察衛星シリーズの通称)。

 

http://www.faqs.org/espionage/Re-Se/Satellites-Spy.html
 

地球外生物との接触を示すいかなるサインも 見逃さないよう、サブルーナースペースは、常に、米軍及び中国軍に浸透したキメラの監視下にあります。


http://airman.dodlive.mil/2013/11/capturing-space/
 

https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Space_Surveillance_Network
  



キメラは、ヘンリー・キッシンジャーを通じて中国軍に浸透しました。

 

 

http://fairfieldproject.wikidot.com/huodezu
 

サブルーナー作戦では、キメラの全存在、彼らのインプラント局、すべてのプラズマ・ストレンジレット/トップレット爆弾を除去します。直接キメラの作戦に関わっている、人工衛星のパーツ(例えばイオン-プラズマチェンバー、いくつかの高解像度スパイカメラなど)は、間もなくすべて機能しなくなります。

 

サブルーナー作戦は、NASAの探査機ニュー・ホライズンズが冥王星及びその衛星であるカロンに最接近した日に開始されました。とても面白い「偶然」 です。

 

http://io9.com/new-horizons-is-making-its-closest-approach-to-pluto-ri-1717571552
 

15年前、カロンは、キメラ/ドラコ/イルミナティーの秘密の宇宙プログラムが所有する、地球外からもたらされた武器の 大倉庫でした。数年後には光の勢力がこれを一掃しました。現在カロンは、私たちの太陽系と乙女座のM87銀河を結ぶメインポータルになっています。今のカロンは、太陽系全体の中で、最もポジティブで美しい場所になっており、地球解放では非常に重要な役割を果たします。イベントフラッシュを伝送する、最も重要な中継局の一つだからです。

 

この写真を通してカロンのエネルギーと繋がることができます。 


 

ブレイクスルーは近い!