2015年

9月

16日

ロブ・ポッターのコブラ情報(後半)

8月31日インタビュー

August Monthly Update by Cobra


ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

 

前半からの続き)

 


〇キメラグループの現状

 

ロブ:キメラグループの地下要塞の現状についてコメントをお願いします。

 

コブラ:キメラグループの地下要塞では、たくさんの進展がありました。ほとんど残っていません。ですから、実際、これはいいニュースです。

 

ロブ:彼らは逮捕されて地球から排除されているのですか? 

 

コブラ:彼らはガニメデの施設に連れて行かれ、大半がセントラルサンに送られます。中には光の側に移ることを選ぶ者もおり、再教育されます。

 

ロブ:ワーオ、それはすごいなあ。10年前、キメラにはたくさんの基地があったし、トップレット爆弾やスカラー・プラズマ・フィールドで守られていたから、彼らは威勢が良かったですよね。その頃と比べて現時点では何パーセントくらい排除されたのですか?

 

コブラ:パーセンテージを言うつもりはありませんが、かなり大幅に減りました。

 

コブラ:ワーオ、75%前後くらいでしょうか?

 

ロブ:それよりずっと多く減りました。

 

 

〇ベール

 

ロブ:実際にイベントが起きる前、ベールは上がっているのですか。それともイベント時に上がるのですか?

 

コブラ:ベールはすでにある程度上がっています。ですから私たちはすでにベールを除去するプロセスにいます。だんだんと上がっていき、イベントになります。

 

ロブ:精神的に著しく成長した人たちのレポートがたくさん寄せられています。それはベールが取り除かれつつあるからなのですか。それとも、銀河の存在が接触してワークしているからなのですか?

 

コブラ:実際、どちらも同じプロセスの一部です。

 

ロブ:特定の人にコンタクトしたり、大量着陸で人々に目撃させたりするようなプランはありますか?

 

コブラ:いえ、いえ。これはイベント前には起きません。

 

 

〇アルコンとプラズマの蛸エンティティー

 

ロブ:質問です。「転生しているアルコンは、例の蛸とコミュニケートしたり、やり取りしたりできるのですか?」

 

コブラ:直接には無理ですが、瞑想を通じてコミュニケートできます。

 

 

〇プラズマ・スカラー・フィールド

 

ロブ:サブルーナー作戦では、プラズマ・スカラー・フィールドに関しても大きな進展はあったのですか? 人のインプラントにどんな影響が出てきますか?

 

コブラ:インプラントの除去を促進します。インプラントがずっと弱まったので、人類はかなり光に接触しやすくなっています。

 

ロブ:インプラントは何らかの処置で弱められたのですか。それとも強くなったり弱くなったりしてゲームはまだ続いているのですか?

 

コブラ:まだ続いていますが、その度合いは少し弱まっています。

 

 

CERN

 

ロブ:「9月にCERNで何かが計画されているが、エネルギー的なタイムラインや地球の磁気的なコンディションに影響を与えないか」と心配している人たちがいます。

 

コブラ:いいえ、いいえ。そのようなことは事実無根です。人々はCERN23日についてそのような憶測をしていますが、光の勢力は微塵も気にしていません。

 

ロブ:ええ、私も大丈夫だと感じていました。こうした悪い連中は落ち目になっているので、私たちはあまり心配することはありませんよね、コブラ?

 

コブラ:私たちは実際何も恐れていません。

 

ロブ:まだ多少偽旗事件のようなものはあるでしょうがね。

 

コブラ:そのようなことは起こりえます。ええ。

 

 

〇ジェイドヘルム

 

ロブ:(831日現在)公式にはあと二週間でジェイドヘルムが終わります。ジェイドヘルムとは何だったのか、皆さんがあなたの見解を聞きたがっています。

 

コブラ:いつもの通り、全体の状況が誇張されていました。そして私がこれまで何回も言った通り、心配する必要はありません。ジェイドヘルムは終了します。終了して数週間もすれば、みんなジェイドヘルムがあったことさえ忘れてしまいますよ。

 

 

〇ローマ教皇

 

ロブ:ローマ教皇がアメリカに来ますが、彼が携えてくる本当のアジェンダについてコメントしてください。先月のインタビューでも答えてもらっていますが、たくさん、たくさん質問がきているのです。しつこいようですが、新しい情報があれば教えてください。

 

コブラ:繰り返しになりますが、彼の訪問は人々が思っているほど重大なものではありません。大衆をプログラミングしようとしているだけです。一大異変が起きるとか、衝撃的なことが暴露されるとか、まったくそのような性質のものではありません。

 

 

〇米ドル紙幣

 

ロブ:私は、財務担当役員やクリスティーヌ・ラガルドと接触していた紳士と話をしました。彼は、物事が本当に変化していると主張していました。私は彼に、今の100ドル紙幣には「連邦準備券及び財務省中期債券」と書いてあると言いました。それについてコメントしてくれますか? ドル紙幣の変更みたいなことが進行中なのですか?

 

コブラ:はい。金融システム機構の舞台裏にチェンジャーがいるのです。そのような変化は非常に深いところで起きており、金融リセットに繋がっていくのです。

 

ロブ:オーケー。米ドルはリセット後も購買に使用できますか? ただの紙くずになることはないですか?

 

コブラ:いいえ、思い切り下がるようなことはありません。ある程度は切り下げられますが、米ドルが紙くずになることはありません。そのような計画にはなっていません。

 

 

〇天津爆発

 

ロブ:中国の大爆発についての質問がありました。あなたはカバールの仕業だと言っていたように思いますが、人々は核が使用されたのか知りたがっています。

 

コブラ:残念ながらイエスです。イエメンとシリアでのような核爆発です。

 

ロブ:何てことだ。わかりました。カバールから中国へのメッセージだったのですか? それが彼らのしていたことですか?

 

コブラ:ええ、まさにそうです。

 

 

〇ベンジャミン・ネタニヤフ

 

ロブ:ネタニヤフの力はどれくらい残っているのですか? ある程度制限されているのですか? まだ大惨事を引き起こせるほど強い力を持っているのですか? だんだん弱まっているのですか?

 

コブラ:日に日に力を失っています。なぜなら最近彼の味方が結託する相手を変えていますからね。彼らには、物事が移り変わっているのがわかっているのです。

 

 

〇ヒラリー・クリントン

 

ロブ:この質問は、私もとても興味があります。ヒラリー・クリントンのことです。私は彼女を空港で見かけました。ああいう連中は人々を煙に巻くものですが、今彼女は、安全対策が取られていないコンピューターの件で調査されています。そんな些細なことをリークする目的はなんですか? 何か他に意味深なことが進行しているのですか?

 

コブラ:政治によくある党派間の争いですよ。意味深なことは進行していますが、この件とは無関係です。

 

 

〇イベント後の遺伝子組み換え作物

 

ロブ:イベント後、遺伝子組み換え作物はどうなるのでしょう。そのような作物は滅ぼされるのですか? 種があるようなところでは、対策が講じられるのですか?

 

コブラ:ほとんど全滅させられます。言わば、遺伝子をリバース・エンジニアリングするようなものが出てきます。元のDNAに戻されます。

 

 

〇ドナルド・トランプ

(共和党大統領候補。69才。資産41億ドル)

 

ロブ:トランプ氏についての質問です。私自身は彼のことを下品なおどけ者と見ています。しかし彼は、ワクチンが自閉症を引き起こすと言ったり、政治家は自分のような大富豪に買収されていると言ったりしています。彼はそうするよう仕向けられているのですか。それとも、彼自身の隠れた動機があってそうしているのですか? 彼はカバールの一部ですか? 彼はその立場に置かれたのですか?

 

コブラ:彼はその立場に置かれたわけではありませんが、彼の考えにはカバールのゴールに通じるものがあるのです。彼は、一部の人たちが期待するような救済者ではありません。

 

 

〇バチカンのネガティブET

 

ロブ:バチカンの地下でネガティブETは働いていますか

 

コブラ:いいえ、いいえ。もういません。

 

 

〇イベント時のエネルギー

 

ロブ:プラズマ・フィールドがなくなってイベントになるとき、どんな感覚を覚えるのですか? エネルギーシフトは即座に起こるのですか。それとも、数週間かけて変わっていくのですか?

 

コブラ:とても強いエネルギーになるので、人々はそれを感じることができるでしょう。身体に奇妙な感覚を覚えるかもしれません。このプロセスはイベントが近づくにつれ加速し、イベントの瞬間にピークに達します。

 

 

〇中国のゴーストタウン

 

ロブ:あなたと個人的にこの話をしたことがありますが、質問が寄せられています。「中国、アフリカ、アメリカの一部の都市では、なぜあんなにたくさんのゴーストタウンがつくられているのですか? 誰も住んでいないのに、つくる目的は何ですか?」。

 

コブラ:中国人はお金を何らかの形に変えておく必要があるのです。彼らは投資するお金をたくさん持っているので、街をつくっているだけです。

 

ロブ:そして最終的に人々をそこに移すつもりなのですね。

 

コブラ:そうです。

 

 

〇ネガティビティー

 

ロブ:あなたは、邪悪さやネガティビティーはランダムな異常性によって引き起こされたと言いました。しかし、オリオン恒星系や他の銀河系の星からネガティビティーがもたらされた惑星はありますか?

 

コブラ:ネガティビティーの元になった、いくつかの惑星があります。そのうちのメインの惑星がオリオン恒星系にありました。しかし他にもいくつかの場所で、実験開始後、自然発生的にネガティビティーがはびこっていきました。

 

ロブ:どのようにランダムな異常性が、このネガティビティーを引き起こすようになったか、話してくれますか?

 

コブラ:特定の存在が、その異常性を直接経験することを選択し、そうするためのテクノロジーを開発しました。その実験は、意識が修復できる範囲を超えて変異してしまうほど、極めて不快なものでした。

 

ロブ:オーケー。とても興味深い話です。オムネク・オネクがコンファレンスで話していたこととも符号します。私たちのDNAを分解してスピリチュアルな繋がりを断つ実験があり、一部のプレアデス人もそれに関わっていたということでした。

 

コブラ:プレアデス人はそのようなことはしていません。

 

ロブ:多分プレアデスの一部の存在がそうしたのでは?

 

コブラ:いいえ、私はそれを認めません。

 

 

〇不要になる金融システム

 

ロブ:金融リセット後、ゴールドに裏打ちされた金融システムが、銀河連合の普遍的な繁栄経済システムになるまでに、どれくらい時間がかかりますか?

 

コブラ:私は数年と見ています。

 

ロブ:オー、それは実にいい。(イベント後)数年もすれば、私たちが通貨を交換することもなくなるのですね?

 

コブラ:ええ、私たちはそのように予想しています。何でも創り出せるレプリケーターなどのテクノロジーが利用できるようになれば、もう金融システムは必要なくなります。

 

ロブ:ワーオ、ワクワクしますよ、コブラ。数年後にそうなるのですか?

 

コブラ:イベント後、かなり急速にそうなるでしょう。

 

 

〇クリスティーヌ・ラガルドの発言

 

ロブ:クリスティーヌ・ラガルドが全国スピーチで2回も「グローバル・リセットなんて起こらない。ピリオド」と発言したそうです。彼女は私たちに嘘をついているのですか。

 

コブラ:彼女は直接リセットに関わっていません。彼女は、自分の言いたいことを何でも言えますが、リセットは起こります。

 

ロブ:それは知っていますが、通貨を交換したという声も上がっているので、部分的に通貨の評価換えが進んでいるのでしょうか。きっぱりと肯定するか否定するかで、お願いします。

 

コブラ:リセットは地球規模で同時刻に一斉に行われます。

 

 

〇実際の金融リセット

 

ロブ:事前の試みも説明もないままリセットを行うわけですよね。たとえ金融の仕事に関わっている人たちが善良で正直な人たちだとしても、どうやってマインドセットして新システムを吸収していくのですか? 誰でもそうできるほどシンプルなものなのですか?

 

コブラ:金融分野では、株式売買人など大勢の人がショックを受けるでしょうね。移行を受け入れるのがものすごく難しいのは、この人たちでしょう。

 

ロブ:大規模な交易、輸送が機能するからこそ――特に食料品は大事です――社会や国が回っていくわけですが、不測の事態だって起こると思うのですよ。

 

コブラ:ええ、当然起こりますね。

 

ロブ:ですから当然、事前にリセットを周知している関係者がたくさんいなければなりません。その人たちは、銀河連合のRMと接触するのですか?

 

コブラ:関係者のほとんどの人たちが、ポジティブミリタリーから指示を受け取ることになるでしょう。彼らはプランの全体を知らず、一部だけしか知りません。彼らは、直接自分の取るべき行動に関わっている部分しか知らないのです。

 

 

〇フォトンベルト

 

ロブ:質問です。「最近のインタビューであなたは、根本的な地球の変化が少なくとも15年遅れていると言いました。銀河の友人たちが私たちをモニタリングして、火山活動など、地球の大変化をしばらくの間食い止めてくれました。このような変化はフォトンベルトと結びついているのですか? 2015年中にこのような変化が起こると思いますか?」。

 

コブラ:フォトンベルトというようなものはありません。流入するエネルギーの大半が、銀河の中心から来ています。フォトンを通して流入するのではありません。そしてすでに言ったように、私は何かがいつ起こるなどという、厳密なタイムラインの予言はしません。

 

 

〇ポールシフト

 

ロブ:ポールシフトが起こることは認めますか? おそらく、質問者は極の反転という意味で尋ねているのではないと思います。ポールシフトが一番起こりそうな時期は、いつ頃でしょうか?

 

コブラ:すでに磁気的なポールシフトのプロセスは起きています。

 

ロブ:どのようにポールシフトするのか話してくれますか?

 

コブラ:磁気的な極はすでに移りつつありますが、これは何ら大災害を引き起こすようなものではありません。物質的なポールシフトについて話しているのではありません。

 

ロブ:オーケー。北極点は、今、磁気的にどれくらい距離が移りましたか?

 

コブラ:数千マイルくらいかもしれません。完全に反転している可能性もあります。

 

ロブ:極の反転は物理的な大変動を引き起こしませんか? (はい)。面白いですねえ。南極が北極に、北極が南極になるという磁極のシフトが起きていながら、構造プレートが大きく移動したり地震の原因になったりしないのですね? (そうです)。非常に良いニュースです。

 

 

〇現金

 

ロブ:現金をどうするのが一番安全でしょうか?

 

コブラ:オーケー。まず現金を銀行から引き出してください。これが第1番です。第2番は、何か具体的な有形のものに投資してください。あるいは、あなたの生活や周りの人たちの生活の質を高めるようなプロジェクトに投資すれば、なお良いでしょう。

 

 

〇波動の変化と子供

 

ロブ:ある母親からの質問です。「エネルギーと波動の高まりは、大人とは違う影響を子供に与えますか? 波動の変化により、子供がストレスを感じる場合もありますか?」。 社会や地震のことではなく、意識面での質問だと思います。

 

コブラ:子どもたちの方がずっと無理なく新しい波動に慣れるでしょう。なぜなら、子どもたちには極めて自然なものだからです。

 

 

〇病気

 

ロブ:同じ母親からの質問です。「腹膜炎、おたふく風邪、風疹、はしかなどの病気は、実験室でつくられたのですか。それとも自然に発生した病気ですか?」

 

コブラ:実験室でつくられたものです。あるものは最近、あるものはずっと昔に。

 

 

〇転生プロセスのコントロール

 

ロブ:あなたの愛と光にありがとうという声が寄せられています。彼らは転生プロセスを(自分で)コントロールすることについて、要点を明確にしてほしいそうです。「この間のインタビューであなたは、死んだときにグリッドから逃れられる人は滅多にいないと言いました。数ヶ月前は、より進化した魂は死の転生プロセスを破ることに問題はないと言いました」。

 

コブラ:一つは、意識をベールの向こうまで届かせて、しかもこの場所を去らないことです。そしてそれとはまったく別なのが、この隔離状態から去って別の場所に移ることです。

 

 

〇ケミトレイル

 

ロブ:最後の質問です。最近、ケミトレイルがものすごく増えました。あなたが言っていた、落下してくる人工衛星の影響はありますか?

 

コブラ:オーケー。ケミトレイルの状況が完全に解決するのはイベント時であり、イベント前ではありません。

 

 

〇結びに

 

ロブ:9月に関して、何か皆さんに伝えたいメッセージはありますか?

 

コブラ:オーケー。9月に最も大切なことは、自分の中心を失わないことです。バランスを失わないでください。なぜなら、ひょっとしたら挑戦的な事が迫ってくるかもしれないからです。ヴィジョンを持ち、焦点を保ってください。そうすれば私たちは最後に勝利します。ありがとう。Victory of the Light.

 

 

(了)