ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

10月21日インタビュー

http://thepromiserevealed.com/2015-oct-27-q-a-with-cobra/


ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)


前半からの続き)

 

 

〇インプラント

 

ロブ:あなたの最近の記事によると、インプラントの影響がかつてより弱くなっているものの、まだ作用しているということでした。インプラントがトップレット/ストレンジレット爆弾と繋がっていることは知っていますが、現在のインプラントの状況、どう変化したかを教えてください。

 

(訳注:ロブが言及しているのは106日付「1996年に起きた記憶大喪失」の記事です。その中でbare singularityを「むき出しの特異点」と訳しましたが、「裸の特異点」という天文学用語があったので修正しました。日経サイエンスの解説によるとブラックホールは一方通行なのに対し、裸の特異点は双方向に行き来できるそうです。コブラはポータルという表現をしています)。

 

 

コブラ:オーケー。インプラントの一つの側面がきれいになくなったということです。インプラントの核の部分はもはやブラックホールではなく、回転している(裸の)特異点になっています。それの意味するところは、もはやそれほど強力なものではなくなったということです。しかし、ベール、ネットワーク、テクノロジー、プラズマなどが、まだすべて残っています。ですから、イベント前にはなくなっていなければなりません。

 

ロブ:インプラントの除去に関しては、大勢の人から質問されるのですよ。インプラントを除去することが売り物にされたりしていますが、そんな方法はないのでしょう? 高度のテクノロジーでなければ除去できませんよね?

 

コブラ:はい、その通りです。人々が利用しているものは、ある程度役に立ってはいるものの、インプランの除去として宣伝されているものは、状況を改善するためのものです。人々はインプラントを除去する立場にいません。

 

ロブ:ベル博士と私は、プレアディアンの指導のもとでチェンバーを創りました。テスラコイル、クリスタル、レーザー、ピラミッドを活用するのですが、私の理解では、インプラントの影響を弱める、小さなバッファゾーンを創り出していたのだと思います。彼らの宇宙船がビルの中に入ってきて、私は体から抜け出しました。地球を見下ろしていて、明るい部分と影の部分が見られました。彼らの顔は見ていないのですが、いつも会話を交わしていました。私は、これらのポジティブなゼロポイント・テクノロジーは、インプラントの影響を軽減できるように感じています。違いますか?

 

コブラ:ええ、ただ、あなたの経験は1996年より前だったのではありませんか?(そうです、そうです。その通りです)。 ええ、現在のインプラントは1996年より前のものと同じではないのです。彼らはインプラントを大幅に改善し、非常に高度なネガティブ・テクノロジーになっています。そのため、こんなにも時間がかかっているのです。1996年以前、地表には、インプラントをほぼ完全に除去できるテクノロジーがありました。今は、違ったものになっています。なぜなら、ストレンジレット爆弾やスカラー・フィールドと繋がっているからです。

 

 

〇粒子加速器

 

ロブ:光の勢力は原子力発電所を止められるくらいなのだから、CERNなど56カ所くらい故障させて、二度と動かないようにできないものですかね?

 

コブラ:CERNはある程度運転していますが、まったく危険ではありません。人々が心配するほどのことはありません。

 

 

〇光の勢力のレクリエーション

 

ロブ:ポジティブな惑星に、地球にはないような愉しみがありますか? 光の勢力はどんなレクリエーションを行っているのですか?

 

コブラ:自然の中を歩くのを楽しんだり、パーティーを開いたり、芸術の創作活動をしたり、音楽を聴いたりしています。基本的に地球と同じですよ。

 

 

〇レジスタンス・ムーブメントへの参加

 

ロブ:RMに参加して働きたがっている人たちが大勢います。そのためにはどうしたらいいですか?

 

コブラ:オーケー。第一に、RMは今の時点で地表の誰とも接触しません。これは不可能です。第二に、RMはイベント時に特定の人たちに接触し、実際のイベントのプロセスをどう支えていくかというガイドラインを与えます。第三に、私たちはフォロワーを探しているのではなく、リーダーを探しています。ですから、各人が自己の内側に入っていき、何をすべきか内側のガイダンスを見出す必要があります。私は誰かに何をすべきだというために、ここにいるのではありません。私はただ情報を流して、あなたが情報を得やすくしているだけです。その後は、あなたが一歩踏み出し、自分がどうすべきか決断しなければなりません。人々はいつも私に、自分は何をすべきか、どうやって手伝えばよいかと質問します。私は、あなたがどうやって手伝えばいいのか教えるためにここにいるのではありません。内側を見つめて自分の才能を見つけたり、インスピレーションを得たり、内なる力を見出したり、何かを行う衝動を感じたりしなければならないのは、あなたの方なのです。

 

 

〇モルダバイトの聖杯

 

ロブ:モルダバイトの聖杯についての質問がきています。彼らが知りたがっているのは、その聖杯の切り子面が、もう活性化しているかどうかです。

 

コブラ:ええ、活性化しています。

 

ロブ:もう少し詳しく教えてくれますか。モルダバイトの聖杯が活性化したことで、どんな影響が出るのですか?

 

コブラ:実際、このモルダバイトの聖杯は、銀河のセントラルサンからくるエネルギーを集めるレンズの役割をします。そして活性化している切り子面は、光を、そのエネルギーを、自分のミッションを積極的に果たしている、地表の特定のスター・パーソンに送ります。その切り子面は、その特定のライトワーカーなり光の戦士が、自分のミッションに目覚めている程度に応じて活性化しています。

 

 

〇シリウス系の破壊された惑星

 

ロブ:あなたはシリウス系の惑星が破壊されたと言っていました。それは侵攻によるものだったのですか? 自然に起きたものだったのですか? 何があったのでしょうか?

 

コブラ:それは侵攻によるものではなく、うまくいかなかった実験のせいです。シリウスではエーテル界の密度を高めて物質界の惑星が欲しかったのです。彼らは喜びに満ちた物質的惑星を創りたかったのです。けれどもプラズマの初期異常のせいで、その具現化と言うか、その仕様設計がうまくゆかず、爆発してしまいました。

 

ロブ:オーケー。それなら、これは惑星全体に行った不注意な科学実験だったのですか。当時、住民はいましたか?

 

コブラ:いいえ、ただの物質の塊でした。実際、それは科学実験ではなく、喜びに満ちた物質惑星を創りたいという、彼らの強い願いだったのです。そしてこのプロジェクトはうまくいきませんでした。

 

ロブ:どれくらい前の出来事だったのですか?

 

コブラ:数百万年前です。

 

 

〇薔薇十字のヴィジョン

 

ロブ:私がまだ幼かった頃、体から抜け出て様々な色を見ていた経験があります。あるとき薔薇十字を見たことがあり、後になってそれが薔薇十字だと知りました。どうして私は、まだ薔薇十字を知らないときに、そのヴィジョンを見ることができたのでしょうか?

 

コブラ:おそらく、あなたは過去世で薔薇十字ネットワークの一員だったのでしょう。

 

 

〇ケルト十字

 

ロブ:質問です。「ケルト十字の本当の意味は何ですか?」

 

コブラ:ケルト十字は非常に古いアトランティスのシンボルです。マザー・アース、ガイアを表しています。

 

 

〇アルコン

 

ロブ:光側に転じたアルコンはいますか?

 

コブラ:ええ、いますよ。

 

ロブ:えっ、本当ですか? ネガティブなことを企てていた闇の連中の最たる者が、光に寝返ったのですか? 彼らは光に戻ったのですか。それとも、母船でヒーリングを享受しているだけですか?

 

コブラ:彼らが捕まって母船やガニメデのスター・ベースなどに移送されたとき、彼らの中には、過去に間違った選択をしたことを認識した者たちがいます。今彼らは、それを償うためにできることは何でもしています。

 

ロブ:闇の勢力のプランを下にいるカバールやドラコ、レプタリアンが実行するわけですが、全体を調整しているのは誰なのですか? マスター人工知能でもあるのですか? 非物質的存在は、どうやって指令を受け取るのですか?

 

コブラ:マスター・キメラグループという小さなグループとマスター・アルコングループが、プランを調整しています。彼らはプランをマスターコンピューターにインプットし、可能な解を得ます。ですから、それは実際に存在している者たちと、ベールと呼ばれているAIコンピューター・ネットワークとの間の相互作用なのです。しかし、このコンピューター・ネットワークとAIは、常に頂点にいる実体、アルコンとキメラのエンティティーの決定に従っています。彼らが決断を下す者たちです。その決定を実行に移すべく、高機能のコンピューター・プログラムがモデル――大衆の行動、プラン、彼らにとって一番望ましいコースのモデル――を弾き出します。

 

ロブ:アルコン、ドラコ、レプタリアンはオリオンやアンドロメダの種族ですか?

 

コブラ:アルコンはドラコではないし、レプタリアンでもありません。彼らは大抵はネガティブなアンドロメダ種族です。アンドロメダは大きい銀河です。そこのほんのわずかな文明だけがネガティブ側につきました。彼らがアルコンの起源です。そしてまた、キメラグループも基本的にアンドロメダ銀河からきています。彼らはオリオンポータルを通り抜け、アンドロメダ/オリオンハイブリッドが生まれました。しかし、ドラコは常にそれらの者たちに従属する側でした。ドラコはトップに立っていません。レプタリアンは、さらにその下です。

 

 

〇支配関係

 

ロブ:イスラエル、バチカン、イエズス会、米国の銀行、ロスチャイルド等々の支配関係はどうなっているのですか? 入り交じって互いに競い合っているのですか?

 

コブラ:黒い貴族のアルコンがイエズス会とマルタ騎士団を支配し、イエズス会とマルタ騎士団がロスチャイルドを支配し、ロスチャイルドがイスラエル、米国、英国、トルコ、カタール、サウジアラビア内の、ハザリアン・ネットワークに枝分かれしています。様々な派閥があり、その同盟関係は変わります。キメラとアルコンはトップにいてすべてを支配しています。

 

 

〇ストレンジレット/トップレット爆弾とイベント

 

ロブ:ストレンジレット/トップレット爆弾は、いくらか除去されているのですか?

 

コブラ:ええ、そうですとも。いくつも、いくつも、いくつも除去されました。

 

ロブ:オー、ワーオ、オーケー。全部片付いたら、即座にイベントへの流れになりますか?

 

コブラ:はい。

 

ロブ:それは良かった。では、それが最後の転換点であり、そのミッションが完了すれば、イベントが起きるわけですね?

 

コブラ:私が得ている情報では、それが最後です。

 

ロブ:なるほど。そのうち他の障害がいきなり出てきやしませんか?

 

コブラ:それは常にあり得ます。私は神ではないし、何もかも見通しているわけではありません。しかし、私の情報、基本的に私の理解では、爆弾の除去がイベントまでに為すべき最後のことです。

 

 

〇銀河系のネガティブな存在

 

ロブ:(プレアディアンの女性とされる)セムヤーゼがビリー・マイヤーに、こう言いました。「宇宙には、あなた方が破滅するのを待っている種族がたくさんいます。このような存在たちは、あなた方と同じく野蛮で冷酷です。彼らはすでに多くの世界を破滅させたり、人々をさらって奴隷にしています。今度は、あなた方の世界を欲しています。あなた方が銀河を維持する場合にのみ、私たちはあなた方を守ることができます。あなた方が銀河を維持する立場を選ぶなら、そこで待ち構えていることに対して、備えねばなりません。あなた方は戦うのか、死ぬのか、覚悟を決めねばなりません」。この言葉に対して、あなたのコメントをください。1970年代頃は銀河系に様々なネガティブ存在がいたのですか?

 

コブラ:伝えられているほどではありませんが、当時は銀河系内に様々なネガティブ種族がたくさんいました。

 

 

〇イスラム教

 

ロブ:イスラム教を悪魔教と呼ぶ人たちがいます。しかし、大天使ガブリエルが預言者モハメッドにコーランを啓示したと伝えられています。それは、本物のポジティブなコンタクトだったのではありませんか?

 

コブラ:そうです。

 

 

〇大天使ミカエル

 

ロブ:大天使ミカエルについて教えてください。彼は銀河のロゴスだと言えますか?

 

コブラ:いいえ。

 

ロブ:大天使ミカエルは何者ですか?

 

コブラ:大天使ミカエルは実際に大天使です。大勢の大天使がいます。とても高いレベルにまでスピリチュアルな進化を遂げた天使たちです。大天使ミカエルは銀河の戦士です。彼はネガティブな勢力の周りにバリアをつくり出していました。悪影響が銀河に及ばないようにしていたのです。

 

 

〇銀河のロゴス

 

ロブ:銀河のロゴスについて話してもらえますか? 私は、キリストも銀河のロゴスを体現した人の1人だと理解しています。コーレイと話をしたのですが、彼もそのように考えていたし、デビッド・ウィルコックも同じことを言っていたようです。

 

コブラ:私はそれに同意しません。銀河のロゴスは、人々がキリストと呼んでいる存在ではありません。あるレベルの意識があります。キリスト意識と呼ばれるもので、宇宙愛――銀河のロゴスが顕現したもの――を反映した意識です。しかし、銀河のロゴス自体はキリストではありません。

 

ロブ:ユーランシャの書では、銀河の創造を担っている存在を銀河のロゴスと言っているようです。そのような存在は、自らの進化のために、様々な次元で様々なアスペクト(側面、姿)を生きねばなりませんでした。その次元には、物質界も含まれています。

 

コブラ:基本的に、銀河のセントラルサンを通って生まれ出たどの魂も、銀河のロゴスの一片です。そのような魂、数百万が、現在地球に生まれていると思います。

 

 

〇イエス・キリスト

 

ロブ:イエス・キリストについて話してもらえますか? 彼は何者なのか、彼のミッション、キリスト意識を地球にもたらしたことなど。

 

コブラ:実際に彼はシリウス恒星系からきました。その目的は、無条件の愛のエネルギーを、そして神の恩寵のエネルギーを、地表に定着させることでした。彼が最初に無条件の愛という概念をもたらしたのです。無条件の愛というイメージは、当時の地表には事実上知られていなかった概念でした。ですからそのとき、非常に重要なエネルギーが開放されたのです。そしてこのエネルギーが、これから地球を実際に変容させるのです。

 

 

〇電磁波過敏症

 

ロブ:電磁波過敏症の原因は何ですか?

 

コブラ:単に過重負担が原因です。現在あまりにも多くの電磁気的汚染に晒されています。人々はますます、その限界点に近づいています。過度に敏感なせいではありません。それは単に周囲の汚染が酷いためです。

 

ロブ:電磁気的汚染用の装置を使って、大都市から電子装置を取り除く可能性はありますか?

 

コブラ:技術上では可能ですが、光の勢力がこれを止める方が現実的でしょう。

 

 

〇北朝鮮

 

ロブ:イベントプランは別として、北朝鮮の緊張を和らげるためのプランはありますか?

 

コブラ:北朝鮮の状況は良くありません。実際、北朝鮮は地球上でもっとも歪められた場所の一つです。あるプランが進行中ですが、それについては話しません。しかし話せるところだけ少し話しましょう。ドラゴン筋の働きかけにより、ある同盟ができています。しかし難題を抱えており、本当のところ、私はイベント前の変化を期待していません。

 

 

〇ベールの影響を和らげるには

 

ロブ:光のプロジェクトに参加し始めると、多くの人が、頭がぼんやりする、集中力に欠けるなどの、ベールの影響を被ります。そのような人々が、光の働きを全うできるよう、ベールの影響を克服するための、具体的な方法はありますか?

 

コブラ:自然の中で過ごすことも、できることの一つです。人口の多い都市ほどベールのテクノロジーが集中していますので、人の少ない自然の中で過ごすことは、非常に良いことです。また、液体水のエネルギー、流水も、ベールの作用を取り除くのに非常に良いものです。それから様々なテクノロジーがあります。ヴァイオレット・レイはネガティブなプラズマを軽減します。そしてもちろん瞑想もいいでしょう。自分のハイヤーセルフに繋がったり、光の存在を召喚します。

 

 

〇宇宙のバリア

 

ロブ:我々の宇宙の、外殻やバリアは何ですか?

 

コブラ:実際は時空連続体の湾曲になっています。

 

 

〇宇宙の外

 

ロブ:私たちの宇宙の外には何があるのかという質問です。他に宇宙はあるのか、そこに行けるのか尋ねているのでしょう。

 

コブラ:宇宙は多元的宇宙の一つであり、(他の宇宙に)いとも簡単に繋がることができます。なぜなら、各宇宙は同じ時空統一場を共有しているからです。

 

 

〇バベルの塔

 

ロブ:聖書に出てくるバベルの塔の由来を教えてください。

 

コブラ:それは、アトランティス崩壊の時代に起きた特定の出来事を描いている、非常に古い伝説です。伝説では知識を守るために、人々が高位の女性祭司とともに12方向へ避難したことになっています。12人の女性祭司からそれぞれの血統が生じましたが、当然、子孫たちの言葉は、もとのアトランティス言語とは違う言語になりました。

 

 

〇将来の言語

 

ロブ:将来、地球の言語はどうなりますか? 太陽系語、銀河語などを学ぶのでしょうか? テレパシーを使うようになり、言語は使わなくなるのでしょうか?

 

コブラ:実際は、その両方です。しばらくすれば人々はテレパシックになるし、宇宙語なども学びます。もちろん、ある程度は母国語も使用します。ですから移行期には、このすべてを使用します。

 

 

〇ハイブリッド

 

ロブ:グレイなどのE.T. は人間を誘拐してハイブリッドを創り出しました。半人半グレイの子どもたちはどうなりましたか?

 

コブラ:オーケー。それはもう行われていません。数十年前には頻発していた事件ですが、今は何の問題もありません。

 

ロブ:その子どもたちは、今どうしていますか?

 

コブラ:一部は地表で暮らしていますし、一部は光の勢力に救出されて、銀河の別の場所――彼らが癒やされる場所です――に移送されました。

 

 

〇結びに

 

ロブ:まだ計画の段階ですが、コブラとコーレイが互いに質問し合えるよう、2人のジョイント・インタビューを考えています。今はコーレイからの返事を待っているところです。

 

どうも有り難うございました、コブラ。

 

コブラ:有り難う。Victory of the light.

 

 

(了)


しばらく更新を休みます。