PFCプロトコル

Protocols for Advising Leadership Section One:Protocols

Protocols for Advising Leadership

PFCプロトコル

 


第一部:プロトコル

このプロトコルは、PFCグループの活動に参加する決断をした人たちを対象としています。あなたがイベント時に地方行政局と連絡を取るにあたり、予めあなたが学べる資料として、また、あなたに守っていただきたい指示書として、このプロトコルを用意しました。あなたが情報を伝える際、終始穏やかな態度で思いやりを持っていることが、何よりも大切です。

 

地域社会のリー概要説明」を広めるためのプロトコル。

 

私たちは永遠に変わらない、真理の本質に基づいてプロトコルを編集しました。宇宙の至るところで、真理は美徳の根本です。あらゆる時空で、真理の光の中にある愛の存在者たちが大事にしているものです。以下に掲げたものは、あなたが肉体の世界を去った後も、あなたの魂の知恵と性質になるものです。あなたが、これらの真理の中に留まっていれば、これらの真理もあなたの中に留まるでしょう。

 

1.忠実 平和的で非暴力的なミッションに対して忠実でいてください。あなたの心が知っている大切な本質に、そして私たちのミッションの目的に忠実でいてください。あなたが正しいと確信していることに対して忠実でいてください。――他人が何と言おうとも!

 

2.忍耐 権力の座にある人にコンタクトしようとするときは、忍耐強くあってください。彼らが忙しいことを理解してください。彼らには、何が本当に進行中なのか全く知る由もないのです! そのことを認識してください。彼らとは直接連絡できないようになっているため、連絡を取るには時間がかかるかもしれません。あなたの意向に沿って取り次いでくれる人にも、忍耐をもって接してください。

 

3.正直 正直な付き合いをし、嘘のない正確な物言いをしてください。あなたが、ポジティブな善意の勢力を代表していることを覚えていてください。自分を権威づけようとして、事情に精通している振りをしないでください。あなたが知っている真実、心に感じる真実をいつも話してください。

 

4.根気 諦めないで! ハンドルをしっかり握っていれば、嵐を乗り切れます。論争に加わらないでください。無礼な態度で軽んじられたからといって、あなたに与えられた任務を放棄しないでください。あなたのミッションの重要性をしっかり心に刻んでおいてください。自己の内側に力を求めてください。

 

5.思いやり 高まっていく恐怖心と混乱に対処しようとしている人たちに思いやりを持ってください。あなたには何が起きているのかまったく分からない、と想像してみてください。あなたは同じ状況でどう感じるでしょうか。彼らの重荷を認めて背負うのを手伝ってください。

 

6.自制 自分の個人的欲望や利己的なアジェンダに気を逸らされないでください。狭くともまっすぐな道から外れないように。個人的な争いや偏見を交渉のテーブルに持ち込まないように。リーダーには敬意をもって接しましょう。――たとえ彼らがあなたに対してそうしなくても。あなたに準備ができていないこと、取り扱う訓練を受けていないことを引き受けないように気をつけてください。

 

7.平静 落ち着きを保ってください。宇宙と全生命はバランスを取らなければならないことを覚えていてください。中心を保ち、台風の目の穏やかな無風状態を投影しましょう。それはあなたのハートの内側にあります。あなたはイベントについて何もかも知っているわけではないので、そのことをわきまえていてください。あなたが知っているのは、イベントとは愛に関することであり、真実に関することだということです。この平静な心を、あなたの言葉、行為、態度の導き手にしてください。

 

8.勇気 恐怖は一切持たないでください。あなたのマインドを疑いやためらいの中にさ迷わせないでください。そのように努めることは、とても大事なことです。あなたの努力と行動が、実際に命を救うかもしれないのです! 慎重さを欠いたり、無鉄砲になったりしないように。勇気を持ちましょう。あなたは、あなたが話す相手よりも準備が整っているのです。彼らの職場「~省、~庁、~局」に怖じ気づかないように。ただし、あなたに準備ができていないこと、取り扱う訓練を受けていないことを引き受けないように気をつけてください。

 

9.謙虚 私たちは他者の意見や経験を尊重しなければなりません。私たちが協力を願っている公務員に対し、少しでも傲慢な素振り、すべてを知っているような利口ぶった態度見せてはなりません。また、権力者は私たちを気持ちよく受け入れないと決めてかからないでください。私たちは謙虚に自分たちの見解を示さなければなりません。これは絶対に大事なことです。いかに私たちが、自分たちのことを本物、あるいは、正しいと思っていても、常に考慮すべき別の視点があるものです。リーダーや、主導権を持つ立場の人に接するときには、謙虚さを保っていなければなりません。弱気になっても、私たちの任務の重要性を軽んじてもいけません。けれども、自分の確信していることに動じることなく、他者を尊重することで、より良い結果を得るでしょう。

 

10.節度 威嚇的にならないように。慎重に言葉を加減しながらメッセージを伝えます。相手の気分を害さないように気を働かせ、威圧的にならないでください。相手とコンタクトできたからといって、いきなり多くを求めないでください。相手にあなたの情報を消化させてください。その人が実際にあなたの話を聞いているのか、あなたの話を吸収しているのか、ただあなたをなだめているだけなのか、その人の仕草や振る舞いから読み取るように努めてください。必要ならわかりやすい言葉に言い換えてもう一度伝えてください。

 

11.慈善心 あなた自身とあなたの時間を大義のために惜しみなく捧げてください。ひるまずにあなたの知識とあなたの愛を与えてください。あなたの時間を、リーダーたちに、そして実際のミッションに捧げてください。あなた以外にあなたの責任を負える人なんているのでしょうか。平和という大義のために身を捧げてください。

 

12.信念 もしあなたにこれがなければ、このグループであなたの能力を発揮するのは難しいかもしれません。私たちの多くがそれを知っています! 私たちは自分を証明する必要がありません。私たちはテレビに何をすべきか教えてもらう必要がありません。私たちは他人の言うことを聞く必要がありません。私たちは善意の力を信じています! 私たちは創造の力、神の力、内なる光の力、即ち愛を信じています。私たちは、疑いと恐れという火の中に歩んでいきます。私たちが永遠なる光の存在と知りつつ。そう、私たちは知っているのです。なぜなら、私たちはすでに時空という試練で試されたからです。そして私たちは愛が答えだと知っています。愛がすべての扉を開きます。愛こそ私たちの救いです。

 

13.平和 何よりも、非暴力、威嚇的でないあり方を貫いてください。私たちは、終わりにしたい手段を用いて、世界の深刻な状況を克服することはできません。ほとんどの場合、良識を優先すべきでしょう。もし状況が、あなたや他の人たちに害を及ぼしそうなら、退散してください。もし、ある地区から離れるよう強いられたなら、抵抗せずに平和を保ってください。それを強要したリーダーが、その任にふさわしくない場合、その人物はあなたが思っているよりも早く解任されるでしょう。このような人たちに対処すべく訓練を受けた人たちが、そのようにもっていきます。これが、私たちのミッションのもっとも重要なゴールです。私たちは敬意を持ってこう述べなければなりません。あなたに命の危険が迫っているのなら、あなたは自分を守る権利があります。気をつけて。光を求めてください!

 


しばらく更新を休みます。