ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

12月15日インタビュー

 

http://thepromiserevealed.com/q-a-with-cobra-december-15-2015/

 

 

ロブ・ポッターのコブラインタビュー(後半)

 

 

 

 

前半からの続き)

 

 

 

 

〇古代エジプト人のつま先

 

 

 

ロブ:『アバター』に出てくるナビ族のつま先が先細りになっています。(訳注:親指が一番長いので、親指に向かって先細りになっているという意味)。エジプト型の足と呼んでいる人もいます。それについて話してもらえますか? あの足はE.T. が変異させたものですか。それとも人間にたまたま起きた突然変異ですか?

 

 

 

コブラ:両方です。アトランティス時代にこのような実験が行われていましたし、人間に偶然に起きた突然変異もあります。

 

 

 

 

 

〇イベント後の教育

 

 

 

ロブ:イベント後の教育に関して、どのようなことが起きるか話してくれますか?

 

 

 

コブラ:教育は、やっと子どもたちにとって面白いものになるでしょう。なぜなら真実が教えられるからです。子どもたちが学校でつまらない思いをしているのは、真実が教えられていないからです。彼らは嘘で育てられているのです。人類史の真実、本物の科学、フリーエネルギーについて、E.T.コンタクトについて、政治の裏側の現実が、教育をはるかに面白いものにします。人々に(学びたいという)意欲を起こさせるし、今よりも高い知的能力、スピリチュアルな能力が、学ぶプロセスをずっと容易にしてくれます。

 

 

 

 

 

〇カール・ハウスホーファーとキメラの接触

 

 

 

ロブ:192030年代のキメラグループと地表の住民との相互作用について話してくれますか? ドイツのカール・ハウスホーファーについて触れていましたが、もう少し詳しく説明してもらえますか? キメラが内部地球から出てきて彼と接触したのですか? そこで何が起きていたのでしょうか?

 

 

 

コブラ:キメラグループは滅多に地表の人間とは接触しません。キメラは彼と直接には接触しませんでした。チベットから使者――あるネガティブなドラゴンの一派――を送ったのです。彼はその一派と接触していました。

 

 

 

 

 

〇イベント後の仕事

 

 

 

ロブ:たくさんの人が、イベント後に仕事はどうなるのか尋ねています。原子力発電所や化学薬品関係を職場にしている人たちを、安心させてあげてください。どのように彼らをケアし、どのように彼らは新しい仕事に移るのですか?

 

 

 

コブラ:オーケー。人々は基本的に不安な気持ちからこのような質問をします。「自分が専門としている分野や産業で働けなくなって、お金がなくなったらどうしよう」という観点で質問をします。人々が理解する必要のあることは、イベント後、地上の経済全体が再構築されるということです。たとえあなたの職場が閉鎖されたとしても、あなたをもっと豊かにしてくれる新しい職場がたくさん生まれます。まずこれが、この質問に対する基本となる答えです。物事がそのままであってほしいという恐れは、進化の妨げになります。そして進化は起きる必要があるのです。たとえ短期間だけ不快に感じるショックや変化が少々あったとしても、です。それがもたらす結果は、誰にとっても今までよりずっと良いものになります。例えば、現在、原子力発電所で働いている人は、イベント後の数ヵ月は仕事がないでしょうが、その後、自分の専門知識を活かせる別のプロジェクトで働き始めることでしょう。うんと収入が増え、ストレスが減り、はるかに生産的な職場につくことになります。

 

 

 

 

 

〇ベール

 

 

 

ロブ:ベールについての質問がいくつかきています。完全に人工物なのですか?

 

主なソースは何ですか?

 

 

 

コブラ:基礎となっているのは非常に古いスカラー波技術で、少なくとも25,000年間は地球に存在しています。この25,000年間、そのネットワークは完全に機能していたと言えましょう。前世紀、軍産複合体の発展のもと、ベールはどんどん補強されていきました。HAARP、インプラント、グウェンタワー、携帯電話、マイクロチップ、赤外線スカラー装置、レーダー装置、人工衛星。ネットワークには次から次へと層が重ねられていったのです。たくさんの覗き見用人工衛星もネットワークに加わりました。そんな具合にどんどん追加されていったのです。

 

(訳注:グウェンタワーのGWENGround Wave Emergency Network 地上波緊急ネットワーク。特定の周波数を地域に与えることができる。詳しい説明は国際連合の地下に核爆弾情報さんへ)

 

 

 

 

 

〇ラリマー

 

 

ロブ:ラリマーについての質問がきています。コスタリカで見つかったのだと思います。アトランティスの石だと言う人もいます。この青い石、ラリマーを知っていますか?

 

 

 

コブラ:ええ。ドミニカ共和国が産出国です。それが見つかったのはたった1ヵ所です。アトランティスの振動周波数をもっています。というのも、その地域はアトランティス時代に、極めて重要な神殿の建物群があったところだからです。その神殿の建物群のスピリチュアルなエネルギーが、その石にコード化されています。

 

 

 

 

 

〇メッカの黒石

 

 

 

ロブ:メッカとはどういう都市なのでしょうか? メッカの黒石に関して、何が行われているのですか?

 

 

 

コブラ:あのあたりはイスラム教が入ってくる前は、実際、非常に重要な女神のボルテックスでした。イスラム教出現以前の女神崇拝の中心地の一つでした。アルコンは、そこの女神ボルテックスを抑圧するために、その場所を利用したのです。彼らは女神のボルテックスを抑圧するのにキューブ(カアバ神殿)を用いました。そしてあのキューブは、3次元の人々を奴隷化するためのオカルト魔術儀式用に準備されたものです。そしてハッジ(メッカ巡礼)で人々が石の周りを回るのは、人々のエネルギーを石にチャージして、さらに彼らを奴隷化しておくためです。毎年ハッジでは、エーテル界とプラズマ界から影響を受けてたくさんの儀式が行われます。人々はプログラミングセンターを通してエーテル的にプログラムされているのです。同じ状況がバチカンでも起きています。まったく同じプロセスで、まったく同じテクノロジーがバチカンを通して使われています。

 

 

 

 

 

〇ハプスブルク家

 

 

 

ロブ:ハプスブルク家は闇のカバールですか?

 

 

 

コブラ:いつでも理解しておく必要があることは、誰かがある家族の一員だからといって、自動的に悪い人間だとは限らないということです。しかし、家柄全体としてはカバールの一部です。古いヨーロッパ貴族のカバールを構成しています。

 

 

 

 

〇肉食の影響

 

 

 

ロブ:肉食が心身に与える影響について教えてください。どうして肉食は心身にネガティブに作用するのですか?  明かにホルモンや、動物に対する扱い方が影響していますが、それ以外にどんな原因があるのでしょうか?

 

 

 

コブラ:第一番に、動物が屠殺されるときに恐怖の波動が細胞記憶として残り、人々はそれを体内に取り込みます。第二番に、肉食は身体の振動周波数を低くします。なかには健康を保つために適量の肉を必要としている人もいますが、ほとんどの人にとって、肉食をしない方がずっと良い状態でいられます。

 

 

 

 

 

〇内部地球 

 

 

 

ロブ:内部地球についていろいろ言われているので、はっきりさせてくれますか?

 

地球の中心部は溶けているのですか。それとも人々が居住できるような広い場所があるのですか?

 

 

 

コブラ:オーケー。私はホローアース(空洞地球)を認めません。そして極が開くことも認めません。しかし蜂の巣状の地球なら認めます。たくさんの洞窟、たくさんの広域トンネルシステム、地下の川、巨大空間があります。けれども、地球の内部にセントラルサンのようなものはないし、極が開くようなこともないし、地球は平らでもありません。

 

 

 

ロブ:もっと中心の方に、光側の大文明はありますか?

 

 

 

コブラ:もっと中心に近いところは、物質界の命を支えるような環境になっていません。深ければ深いほど温度が高くなるからです。多分、地下10マイルくらいより下に行くと、とても熱くなり、何かを建てるのに実際的ではありません。それに地殻がそれほど厚くない場合もあります。そこでは建築物を支えることができません。ですから、地下複合施設の大半は、非常に地表に近いところにあると言えましょう。せいぜい深くても地下数マイルくらいだと思います。

 

 

 

 

 

〇カイパーベルトの向こうのグループ

 

 

 

ロブ:スチュワート・スワードロウ(Stewart Swerdlow)に関する質問が来ています。彼はモントーク・ボーイ(訳注:モントーク・プロジェクトの実験要員としてタイムワープさせられたり、火星に送り込まれたりした少年たちのこと)で、ポジティブな エイリアンのDNAをもっていると伝えられています。そして彼の父親は、自分の息子を殺人者にはしないと庇ったそうです。ジョージ・ブッシュは彼に連絡してきて、こう言いました。「カイパーベルトの向こう側には、地球にいるグループ――人間にとって必ずしも有益でないグループ――を打ち負かすのを助けてくれるいくつかのグループがある。そのグループは人間を援助してくれており、彼ら自身のアジェンダをもっていて、地球を管理したいのだ」

 

本当にそうなのですか?

 

 

 

コブラ:オーケー。それはずっと昔の真実です。しかし今は違います。この全体の構造は、この数十年で大きく変わりしました。

 

 

 

 

 

〇トルコとイスラム国

 

 

 

ロブ:質問です。「トルコがイスラム国から石油を買っているのは本当ですか?」

 

 

 

コブラ:ええ、もちろん本当です。それは明らかだと思います。

 

 

 

ロブ:「エルドアンなどは選挙で不正を働いたのですか?」

 

 

 

コブラ:ええ、もちろんです。これも明らかなことだと思います。

 

 

 

 

 

〇イベント瞑想

 

 

 

ロブ:イベント瞑想はとても具体的なものであり、重要なものです。人々がイベント瞑想するときには、カバールの排除も瞑想の中に含めたほうがいいのではありませんか?

 

 

 

コブラ:人々は、イベントが実現している具体的なイメージをもつ必要があります。それを視覚化し、感じるのです。そしてもちろん、カバールの排除もイベントには含まれています。

 

 

 

 

 

〇カイパーベルト

 

 

 

ロブ:あなたは、カイパーベルトに関する記事を投稿し、心配無用ということでした。当然、私たちには関わりようのないことです。この件に関して何かポジティブな情報はありませんか? 

 

 

 

コブラ:カイパーベルトにはキメラと、ポジティブな宇宙プログラムに属しているたくさんの光の勢力の両方がいます。

 

 

 

ロブ:オー、それは良かった。それでは、ポジティブな秘密の宇宙プログラムの小部隊が働いているのですね?

 

 

 

コブラ:彼らをSSPの関係者とは呼べません。なぜなら、彼らのほとんどが地球とは関わっていないからです。彼らは、地球ベースの分離した文明の人たちではありません。

 

 

 

ロブ:彼らは秘儀参入者ですか? それともカバールのプログラムのために働くのを拒否した人たちですか?

 

 

 

コブラ:プラネットXに残っているRMの分派です。プレアディアン艦隊、アンドロメダン艦隊、シリアン艦隊、その他の連合側の部隊。そして銀河中の新参者たちが混ざっています。

 

 

 

 

 

〇目撃事件の増加

 

 

 

ロブ:あなたは以前、(イベント、ディスクロージャーへのプロセスの)代替プランがあると言っていました。世界中で(UFOなどの)目撃事件が増えています。これはディスクロージャー・プロセスの一環なのですか?

 

 

 

コブラ:もちろん、ええ。

 

 

 

ロブ:ネガティブなカバールが目撃事件をでっちあげて、偽情報に利用することはありませんか?

 

 

 

コブラ:あなたが話しているのはブルービーム計画のようですが、これは起きません。

 

 

 

 

 

(了)