E.M.のコブラインタビュー

3月15日付

 

http://wholenessnavigator.blogspot.com/2016/03/march-4th-cobra-interview_15.html 

 

 

 

 

 

E.M.のコブラインタビュー

 

 

 

by Essayenya Mosteenya

 

 

 

 

(訳者:E.M. の発言は少し省略しました)

 

 

 

EM:あなたは何度もこの質問に答えていますが、どうか、またおさらいさせてください。DNAと意識はどのように関わっているのですか? そして何故ETグループは私たちのDNAを操作することに、そんなに関心があるのですか?

 

 

 

コブラ:意識がDNAを形作ります。DNAは、肉体を複製するためのコードシステムに過ぎません。より高い意識に若干アクセスできるETグループのみが、DNA操作にとても興味を持っています。

 

 

 

EM:コーリーは、私たちのDNA操作されたため、私たちより優れた人々を崇敬するようになったのだと言っています。だから私たちは、神や、代弁者を名乗る人を崇敬するのだ、と。そのため私たちは、自分の内側に決して目を向けません。しかし明らかにDNAを変えるだけでは十分ではなく、プロパガンダもそれに与しています。カバールは、内側に繋がろうとする私たちの意志を歪めようと本気で取り組んでいます。けれども、彼らが何をしようと、人々が内側に目を向ける可能性は常にそこにあるわけで、「完全に」遮断することは不可能でしょう? 

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

EM:だったら、それは嬉しいニュースです。人々のなかには、このように遺伝子的に操作されて生まれたのであれば、形勢を逆転できるのかと疑問に思っている人もいました。こうなって以来どの(宇宙)サイクルでも、人類の圧倒的大多数は、内側に答えを見つけようとしなかったと思いますか?

 

 

 

コブラ:特にこの5,000年間かそこらは。

 

 

 

EM:前回のサイクルでイベントが起きていたらどうなっていたでしょう?

 

 

 

コブラ:私たちは今まったく違った状況にいます。ですから、この質問に正しく答えることはできません。

 

 

 

EM:遺伝子操作がもたらしたもう一つの側面として、コーリーが言うには、私たちはより暴力的、攻撃的になり、すぐに喧嘩になる、と。「私たちが互いに争っていれば、彼らを攻撃できない」とコーリーは的確に表現していました。この暴力的なDNAはどこからもたらされたのですか?

 

 

 

コブラ:過去に、ドラコがヒトのゲノム(遺伝子情報)を操作したことに由来します。

 

 

 

EM:プログラミングと同様に、パラサイト、インプラント、ベールも、その操作を補強しているのでしょうね?

 

 

 

コブラ:ええ。暴力的振る舞いをする性質は、すべてのプログラミングと同様に、パラサイト、インプラント、ベールによって強められています。

 

 

 

EM:アガルタ人が遺伝子的に純血を保つ必要があったのは、古代ガーディアン種族がそれを要請したからですか? それとも、当時、様々なネガティブETと人間との交配が広まっていたため、アガルタ人が自分たちの自由意志で決めたことですか?

 

 

 

コブラ:アガルタ人は、自分たちのエネルギーフィールドと遺伝子構造の両方を純粋なままに保っています。高い振動周波数と意識状態を維持するためです。

 

 

 

EM:当時の人々は、これらのET種族がネガティブであることを知っていながら交わったのですか? それとも強制されたのですか?

 

 

 

コブラ:ある者は操られ、ある者は強制され、ある者は知りませんでした。

 

 

 

EM:量子異常、地球にある初期異常堆積ボルテックスは、この宇宙からすべての偶発的事象を集め、人々のおかしな振る舞いの原因となっています。地球を隔離状態にしている闇側のメタ戦略はとてもうまくいっているようです。

 

(訳者:このあたりの事情はキメラ状況の最新情報で解説されています)

 

 

 

ほとんどの人々は疲弊し、この量子異常に立ち向かうのは絶対に不可能だと考え、この生きた監獄の中にハイヤーセルフによって置き去りにされたと感じています。

 

 

 

けれども、いくらかのソースは、この量子異常に解決法がないわけではないと示唆しています。光の勢力がベールを一層ずつ引き下ろす一方、個人レベルでは、この量子異常に量子解(quantum solution)で対処できるでしょう。いわゆる 「静寂の中心」“the Quiet Center of Stillness”です。静寂の中心とは何ですか? これによって人々が個人レベルで地球解放を助けられるのではありませんか?

 

 

 

コブラ:ええ、その通りです。静寂の中心とは、内側にいる、沈黙せし目撃者、観察者です。それは観察することによって、初期異常を解決します。これは、人々が地球解放を支援するためにできる、もっとも重要なことの一つです。

 

 

 

EM:すると、落ち着いていることは、私たちが思っている以上に、人々が量子レベルでバランスを大きく保つための助けとなるのですね。そしてこれは、決して大それたことではありません。そうでしょう?

 

 

 

コブラ:そうですとも!

 

 

 

EM:地球に集められている偶発性による事象は私たちの宇宙というか、スーパーユニバースからのものだけですか。それとも他の6つのセントラルレースがいるスーパーユニバースからもきていますか?

 

(訳注:セントラルユニバースの周りを7つのスーパーユニバースが回転しているという、ウィングメーカーで説かれている宇宙観をもとにした質問)

 

 

 

コブラ:一つの、そして唯一の宇宙からのものです。他の宇宙はすべて、この宇宙に統合、吸収されました。

 

 

 

EM:コーリーは、コズミック・ディスクロージャーのシーズン2、エピソード14で、AI「全方向にむかって自らを信号として放ちます。この信号は月や惑星の電磁場の中で生きていられる」ことを明かしました。あなたは2013310日にインプラント半球についての記事を出しています。インプラント半球とは何か、そして私たちにどのようにして作用を及ぼすのか、もう一度おさらいしてくれますか?

 

 

 

 

コブラ:インプラント半球はエーテルインプラントの周辺の、歪みのある時空連続体の領域です。転生した人間は、転生の直前にアルコンによってエーテルインプラントを受けます。いわゆる忘却のベールと呼ばれているものです。これらのエーテルインプラントは、実際には、変則的な物質と歪んだ量子的なふらつきを含む多次元のブラックホールです。人間一人一人は三つのインプラントを持ち、これらのインプラントは、人間の意識をマトリックスの中に留めておく極めて安定的な干渉縞を作り出します。この干渉縞は、三つのインプラントを中心として半径100フィート(約305メートル)ほどの周囲に、変則的に歪んだ時空構造のエネルギー場を形成します。

 

 

 

EM:インプラント半球は、非物質的エンティティー/ナノロボットで強化されていますか?

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

EM:インプラント半球は今でも大きな問題ですか? 大きな進展はありましたか?

 

 

 

コブラ:この方面では最近大きな進展がありました。

 

 

 

EM:コーリーによると、このAIの信号は、惑星の電磁場だけでなく、動物を含む生体電気フィールド内でも生きられます。しかし、それよりは高度テクノロジーの中で生きるほうを「好み」ます。そしてテクノロジーが進化するほど、私たちはテクノロジーに依存するようになり、疑問をもつこともなく、自分たちの主権をテクノロジーに委ねるようになってしまいます。ここにきて、あなたがアントワインのインタビューで言っていたことを思い出す人も多いかと思います。「ほとんどの動物はインプラントされていない。なぜならI AM presenceが完全に形成されていないからだ。だから植物もまったくインプラントされていない」。つまり、アルコンがその存在にインプラントするかどうかは、”I AM presence” が決め手となるように思います。そうなのですか? なぜですか?

 

 

 

コブラ:そうです。なぜなら、I AM presenceを完全に発達させている存在だけが、マトリックスにとって危険な存在だからです。

 

 

 

EM:この話題を進めていくにあたり、個別化とは何か、I AM presence とは何かを明らかにしてもらえますか? 両者は同じものですか?

 

 

 

コブラ:個別化とは、肉体に宿った魂の内側にある I AM presence が活性化する瞬間です。動物界から人間界への移行です。I AM presence は私たちの真の(高次の)自己の全体性です。

 

 

 

EM:大昔、レムリア時代に、ロード・オブ・ファイアの一人が人類を個別化に導いたと言われています。今でもその存在は、人類をこの時代のイニシエーションの道に導いており、将来、その存在は同一化プロセスの中心になるということです。なぜ魂の発達にとって個別化がそんなに重要なのですか? そして命の意味に関して、「自らをもっと知るために、万物は存在する」とは何を示唆しているのですか?

 

 

 

コブラ:個別化することで、転生した魂は自らを知るようになります。万物が存在するのは、偶発性による事象に対比して、自らを知るためです。

 

 

 

EM:この非常に重要な張り詰めた時期に、ある人たちは、自分に強く共鳴するようなチャネリング・ストーリーを見つけ始めています。彼らがそのようなストーリーを読むとき、鮮やかな記憶がどんどん蘇ってくるのです。思い出すことは良いことです。似たような体験を分かち合える自己の一部を見つけて統合するのですから。とは言うものの、彼らは過去のトラウマも思い出すようです。なぜなら彼らは何度も地球に生まれましたが、圧倒的多数の人々の目覚めに関して、ほとんど変わっていないのですから。どうしてこのような人たちは、まさにこの移り変わりの時期に、記憶が蘇り始めているのですか?

 

 

 

コブラ:人々が思い出し始めているのは、私たちがこの移行期を完全に目覚めたまま通り抜けるしかないからです。

 

 

 

EM:過去の記憶を思い出すのが早すぎると、マトリックスのせいで再び忘れる危険があります。それに周りの人たちは、自分たちが「ただの」人間だと常に思い込ませようとします。そしてもし遅すぎれば、特定のレベルの意識には到達できないかもしれません。適切な時期に記憶は蘇るのですか?

 

 

 

コブラ:そうです。

 

 

 

EM:この変容を経験中の人たちに何か言うことはありますか?

 

 

 

コブラ:変容が起こるにまかせてください。ビジョンを保持して光の勝利に焦点を合わせてください。

 

 

 

EMアトランティス崩壊の時代にまで時計を巻き戻しましょう。あなたは以前、当時の人たちが闇を招いたのだと言っただけで、細かいことには触れませんでした。分かっている事実として、当時、ある人たちはお金と権力に取り憑かれて、他の人々に豊かさを分かち合うのを嫌がりました。その後、この人たちは次第に闇の存在に協力して、全人口を支配するようになりました。しかし平均的な人たち、大半の人たちはどうなのですか? このようなことが進行中なのに、彼らは戦って抵抗しようともせず、放っていたのですか?

 

 

 

コブラ:普通の人たちはほとんど受け身で、抵抗もせず闇の進展を受け入れていました。今と同じです。

 

 

 

EM:アセンデッド・マスターは、進化をガイドするという高いビジョンをもっていますが、地上の魂の進歩に対して、複雑な思いをもっていたのですか?

 

 

 

コブラ:その進み具合については、バランスのとれた見方をしています。彼らは関与する因子にすっかり気付いていますから。

 

 

 

EM:アセンデッド・マスターの話題になりましたので、お聞きします。仏陀は戦乱の時代に王位を継がない決断をし、父親と継母、妻子を捨てなければなりませんでした。その時の彼の心情は本当にどんなものだったのでしょうか?

 

 

 

コブラ:彼の決断は、長い間内面のプロセスを進めてきたうえでのことです。

 

 

 

EM:彼は最初から自分の道に完全に目覚めていて、そのうえでそうする覚悟を決めたのですか。それとも、自分の道に確信を持てないまま直観のようなものが働いたのですか?

 

 

 

コブラ:彼はある程度自分の道に気付いていましたが、待ち受けているものを完全には知りませんでした。

 

 

 

EM:多くのライトワーカーと光の戦士が「多次元的に」生きなければならないようです。一つは真実を生きる次元。しかし、そこでは陰謀論者か、頭のおかしい変な人と思われます。もう一つは、家族の支持がほとんど得られない次元。家族はこの幻想を「セラヴィ(これが人生さ)」と思っています。このような家族を持つ人たちは、家族のことをとても心配しています。彼らは真実を広めるとき、このような問題に阻まれたくありません。長い目で見れば、彼らの家族もきちんと世話してもらえるのでしょう?

 

 

 

コブラ:誰もが自分の成長に責任があります。そしてあなたは、自分の家族のスピリチュアルな成長に責任はありません。最終的にこの二元性のドラマが終わった後は、あらゆるものがオーケーになります。

 

 

 

EM仏陀のツインフレームは誰ですか? そしてどのように彼を支えたのですか?

 

 

 

コブラ:彼女の目的は、人間のハートの内側にある「神聖な愛の海」を目覚めさせることです。彼女はスピリチュアルな導きで彼を支えました。

 

 

 

EM:仏陀のツインフレームのアスペクトはロード・オブ・ファイアの一人でしょう?

 

 

 

コブラ:そうです。

 

 

 

EM:そして女神イシュタルは金星の神聖な化身ですか?

 

 

 

コブラ:いいえ。女神イシュタルは、金星の惑星ロゴスのエネルギーのチャンネルの一つです。

 

 

 

EM:それなら、彼女もレディー・マスター・ビーナスの神聖な化身なのですね。

 

コブラ:ええ、その中の一人です。

 

 

 

EM:神聖な化身とはどういう意味ですか?

 

 

 

コブラ:神聖な化身とは、神聖なエネルギーのチャンネルです。

 

 

 

EM:最愛のツインフレームが、同じ志のグループと共に地球への転生を志願したと聞いて、レディー・マスター・ビーナスは「個人的に」どう感じたのでしょうか?彼女は気をもんだり、彼がそこでどんな目に遭うか、心配したりしたのですか?

 

 

 

コブラ:内面の葛藤を経て、その事実に身を委ねました。

 

 

 

EM:どうして彼女は、自分のツインフレームがそんな厳しい旅に乗り出すのを認めたのでしょうか?

 

 

 

コブラ:彼女は、これが二元性/偶発性を変容させる唯一の方法だと理解したからです。

 

 

 

EM:彼女は、自分のツインフレームに同意を求められてすぐに賛成したのですか?

 

 

 

コブラ:いいえ。

 

 

 

EM:すると、彼女はすぐには同意できず、長い話し合いの後で、それが避けがたいことだと、彼の神聖な計画だと受け入れたのですね?

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

EM:なぜ、その特定の存在(仏陀)は志願したのですか? 高次の評議会に、無駄な経験だとして、地球を見限らせる代わりに。

 

 

 

コブラ:地球の経験は無駄ではありません。地球は、偶発性/初期異常のもっとも深い面、もっとも歪められた面を変容するのですから。全宇宙のために。

 

 

 

EM:当時の評議員たちは、その特定の存在の、多次元のすべての自己を援助してきたのですか? 最初から最後まで、全生涯を?

 

 

 

コブラ:そうです。

 

 

 

EM:どのように?

 

 

 

コブラ:エネルギーを送って助けています。

 

 

 

EMレムリアのアセンデッド・アーキタイプは何ですか?

 

 

 

コブラ:パラダイス。

 

 

 

EMアトランティスのアセンデッド・アーキタイプは何ですか?

 

 

 

コブラ:光の文明です。

 

 

 

EMニュー・アトランティスのアセンデッド・アーキタイプは何になるのでしょう?

 

 

 

コブラ:New Heaven on New Earth

 

 

 

EM:このスーパーユニバースのセントラル種族は、ファーストソースの、どんな元型的性質に基づいて創られたのですか?

 

 

 

コブラ:神聖なる意志です。

 

 

 

EM:セントラル種族が私たちの過去及び未来の自己であるとは、何を意味しているのですか?

 

 

 

コブラ:私たちが時の初めに一なるものから生じ、時の終わりに一なるものに帰るという事実を暗示しています。

 

 

 

EM:光の種族の7家族がまとまるとき、高次の世界と物質界に何が顕現しますか?

 

 

 

コブラ:ニュー・アトランティス。地上の天国です。

 

 

 

EM7人のクマラは、7つの光の種族から出ていますか? それとも同じ種族ですか?

 

 

 

コブラ:創造に関わる13光線の、最初の7光線が放射されたものです。

 

 

 

EM:全ロゴスの高次の目的は何ですか?

 

 

 

コブラ:すべての二元性を変化させて一なるものに戻すことです。

 

 

 

EM:地上の全員が第4密度に移行するまで、青い鳥族が第6密度から第7密度に行けないというのは本当ですか?

 

 

 

コブラ:必ずしもそうではありません。

 

 

 

EM:このスーパーユニバースの一番古い種族として、青い鳥族はしたい経験を全部すべきだったのではありませんか? 彼らは旅の終わりに来ていながら、直接ソースに戻れないのですか? あらゆるものがいつかソースに戻るのなら、どうして彼らはソースに戻るために他の誰かを必要としているのですか?

 

 

 

コブラ:宇宙のあらゆるものが繋がっています。地球の状況が解決するまでは、宇宙全体の進化が遅くなってしまうのです。

 

 

 

EM:いつから光の勢力は、プラズマ・ストレンジレット爆弾を除去するためのメカニズムを導入したのですか?

 

 

 

コブラ:2016年の2月からです。

 

 

 

EM:どうしてそのメカニズムが採り入れられるようになったのですか? カバールがまた調子に乗りだしたからですか?

 

 

 

コブラ:それもありますが、採り入れられるような状況になったのです。

 

 

 

EM:正確には思い出せないのですが、昔のインタビューで、あなたは言っていました。プレアデスがかつて地球の創造に関わっていたとかなんとか。

 

 

 

コブラ:そうではありません。

 

 

 

EM:どうしてプレアディアンは地球解放を手伝う必要があるのですか? どうして彼らは、この任務のために何生も訓練を重ねたのですか?

 

 

 

コブラ:この惑星を解放するには、役立つ助けならすべてウェルカムです。それは非常に困難でやりがいのある任務なので、何生にもわたる訓練が必要なのです。

 

 

 

EMメローペは他の六つの恒星システムと比べてどうして一番暗いのですか?

 

 

 

コブラ:七つ星があれば一番暗いのがあるというだけのことです。

 

 

 

EM:メローペのアセンデッド・アーキタイプは何ですか?

 

 

 

コブラ:妙なる美です。

 

 

 

EM:メローペの高次の界層で暮らすのってどんな感じでしょう?

 

 

 

コブラ:天使の世界です。

 

 

 

EM:メローペを回る惑星の地表には、知覚力をもつ存在はいますか?

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

EM:どんな生活ですか?

 

 

 

 

 

コブラ:自然と高度なテクノロジーがバランス良く調和しており、平和と喜びに満ちた文明が営まれています。

 

 

 

EM:プレアデス星団は7姉妹として知られています。7姉妹が狩人に永遠に追いかけられているという神話は、何の史実を表しているのですか?

 

 

 

コブラ:狩人はオリオンで、リゲルからの闇の勢力を表しています。その勢力は常にプレアデス星団に侵略したがっていました。つかの間、それに成功したことさえあります。1996年から1999年までのことです。

 

 

 

EM:この神話に対応する時代はいつですか? アトランティスにまで遡りますか?

 

 

 

コブラ:およそ20万年前のアトランティス時代です。

 

 

 

EM:女神メローペが、死を免れない人間と結婚した話は、どんな事実を表しているのですか?

 

 

 

コブラ:転生したスタービーイングが地球の人間と結婚したことです。これはアトランティス時代にたくさん起こりました。

 

 

 

EM:プレアデス史上いつでも7姉妹は、人体に宿ってプレアディアンと交流していたのですか? それともガイアが(人体をもたない)存在に留まっているように、高次の界層だけで働いていたのですか?

 

 

 

コブラ:彼女たちはプレアデス星団の7つの星のロゴスを放射しています。

 

 

 

EM:闇の勢力が1996年にプレアデスを侵略したのは、理由があってのことですか。それとも、単に手当たり次第何もかも荒廃させるのが、彼らの性質だったからですか?

 

 

 

コブラ:単に手当たり次第何もかも荒廃させるのが、彼らの性質だったからです。

 

 

 

EM:闇の勢力に対抗している世界王the King of the World)とその軍隊が導いている戦いで、重要な進展はありましたか。

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

EM:彼らの偉大な英知によって無血のまま戦いに勝利するというのは本当ですか?

 

 

 

コブラ:かなりの程度イエスです。

 

 

 

EM:彼らも、今の私たちのようにうんざりしていて、できるだけ早くイベントが起きて欲しいと思っていますか?

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

EM:彼らが勝利するのを助けたい人には、何ができるでしょうか? 自分自身の影を統合することは良いスタートとなるでしょうか?

 

 

 

コブラ:ええ。自分の影を統合して地表の住民に情報を広めることです。

 

 

 

EM:あなたはこう言っていました。イベント後、闇の勢力には光を受け入れて以前の行いをバランスさせるチャンスが与えられる。拒否した者は銀河のセントラルサンに送られ、基本的エレメントに変化させられて、もう一度進化のサイクルを新しく始める。常に光の勢力に協力していた、彼らのハイヤーセルフはどうなりますか? ハイヤーセルフも共に消えてしまうのですか?

 

 

 

コブラ:そうです。彼らの個別化した I AM presence は、銀河のセントラルサンの電気の炎で、根源的なアディ界の元素的エッセンスに戻り、再び個別化することになります。簡単に言えば、このような闇の勢力の人たちは、永久に個人として存在しなくなり、まったく新しい存在が、後になって生まれるのです。

 

(訳注:アディ界。adi planeadifirstを意味するサンスクリット語)

 

 

 

EM1994年から1996年くらいにシステムから外れるはずだったグループの存在たちは、なぜ自由意志でウェーブに逆らうようなことを決めたのですか?

 

 

 

コブラ:彼らはプログラムされ、怖くて覚悟できませんでした。

 

 

 

EM:彼らの自由意志は、当時、闇の存在たちに干渉されていたのですか?

 

 

 

コブラ:そうです。

 

 

 

EM:量子異常のせいで、誰もがたやすく間違って印象づけられてしまいます。決して何も変わりはしない。掃討はいつまでも終わりはしない。これからも何もかも同じままだ。しかし実際は、その量子異常は日に日に崩壊しています。これこそが、まさに闇の勢力の望むところです。なぜなら、どちらにしても私たちは、自分はまだまだだ、だから訓練を修了するためには、「もっと」ここでの経験が必要だ、と考える傾向が常にあります。この「訓練を修了するためにもっとレッスンを請うこと」が、ある人々が、自分のことをまだ十分じゃないと思う理由だし、闇の勢力が25,000年以上も隔離状態を維持してこられた理由です。そうでしょう?

 

 

 

コブラ:訓練を修了するために、より一層レッスンを請うことは、アルコンのマインドコントロール・プログラムです。

 

 

 

EM:あなたはこう言っていました。悪意ある種族は、光の存在が偶発性による事象を吸収して変容させるために、自由意志で偶発性に相互作用したせいで生まれた。相互作用している間に、その存在の高次の本質が失われた。そのようにして出てきた種族に、かつてのような光の存在はほとんどいない。

 

 

 

それなら私たちは、彼らの偽りの教え――彼らは、私たちの魂がもっとよく学び、早く成長し、より強くなるために、この役割を「演じている」という教え――の罠に落ちるのではなく、自らを守ることを学ぶべきです。

 

 

 

コブラ:強く同意します。

 

 

 

EM:そしてたとえ私たちが大天使「だった」存在を相手にしているときでも、私たちが自分をどう守るか知っていることは、つまり、彼らに向かってノーと言うべきときを分かっていることは、ものすごく重要なことです。

 

 

 

コブラ:もちろんそうです。

 

 

 

EM:オーケー。最後の質問で明るくインタビューを閉めましょう。アセンデッド・マスターに共通する趣味は何ですか? 任務についていないとき、彼らは何を一番したがりますか?

 

 

 

コブラ:彼らは、悟った意識状態の、純粋な至福を享受しています。

 

 

 

EMレジスタンスや光の銀河連合のメンバーは?

 

 

 

コブラ:踊って、歌って、愛を交わし、宇宙を旅します。

 

 

 

EM:有り難う、コブラ。それが最後の質問です。

 

 

 

 

 

了)