PFCのコブラインタビュー(前半)

5月26日インタビュー

 

http://prepareforchange.net/2016/05/31/05-26-16-cobrapfc-may-interview/
2016
526日インタビュー

 

PFCのコブラインタビュー(前半)

 

 

(訳者:抜粋して要約編集してあります)

 

 

 

○物質的な生物がいる惑星

 

 

 

リチャード:3次元の物質的な生物がいる惑星は、どれくらいのパーセンテージになるでしょうか?

 

 

 

コブラ:銀河系内の太陽系のうち、10%、20%の太陽系に、生命体を生かすことができる惑星があると思います。私が話しているのは、ヒューマノイド型の生命体ではなく、あらゆるタイプの生命体についてです。

 

 

 

リチャード:第三密度は常に意識が低いレベルなのですか?

 

 

 

コブラ:惑星上での意識の低いレベルではありますが、物質界とか3次元は、スピリットの写しなのですから、高い、低いというものではありません。それは単に一つの側面であり、創造の一つの表現です。

 

 

 

 

 

○初期異常

 

 

 

リン:あなたは「初期異常を維持しているネットワークが完全に崩壊するまでは、私たちのインプラントを除去しても復元されてしまう」と言いました。私たちが闇を経験するとき、意識的にそれを許して愛せば、初期異常は幾分か解消されるのですか?

 

 

 

コブラ:私たちが意識的に行うことは、初期異常の一側面を解消します。あらゆるポジティブな行いが、初期異常の一側面を解消します。

 

 

 

リン:初期異常が地球の周りに集積し出したのはいつ頃ですか?

 

 

 

コブラ:それは何百万年も続いていたプロセスですが、急激に加速したのは25千年前からです。

 

 

 

 

 

E.T. は神を騙ったのか

 

 

 

リチャード:E.T. や地下文明の人たちが定期的に地上に出てきて、神やアセンデッド・マスターを騙ったというのは本当ですか?

 

 

 

コブラ:いいえ、それは本当のことではありません。

 

 

 

 

 

○アセンション

 

 

 

リン:もともと私たちは皆、地球の変容を助けるためにここに来たのですか?

 

 

 

コブラ:みんなではありません。しかし、ある数のスター・ビーイングが、たくさんの恒星系からそのために来ています。

 

 

 

リチャード:イベント後のアセンションプロセスには、必ず個々人の物理的密度のシフトが伴うのですか?

 

 

 

コブラ:アセンションプロセスを完結させるものが、実際のアセンションです。そして実際のアセンションとは常に、低次の世界――物質界、アストラル界、メンタル界――を超えることを意味します。

 

 

 

そのときにはいつでもホログラムの身体をもつことができますが、そのような身体や界層に帰属することは一切ありません。

 

 

 

リチャード:ではアセンションプロセス後に地球に戻りたければ、身体を持ち、いらなくなれば身体を去ればいいのですね?

 

 

 

コブラ:ええ。しかしそれは物質的な身体ではありません。光の身体を物質界にホログラムとして投影するものです。

 

 

 

 

 

○イベント後の死/加齢

 

 

 

リチャード:現在私たちが死と呼んでいる移行が、イベント後にどう変わるか教えてください。

 

 

 

コブラ:ずっと意識的なものになります。誰もが死のプロセスを理解しており、どこへ行くのか分かっています。死のプロセスにまつわる恐れはなくなります。

 

 

 

リン:イベント後、第三密度の人間の身体は、今のように年をとったり死んだりしないというのは本当ですか?

 

 

 

コブラ:人間はやはり年をとっていきますが、そのプロセスははるかに楽なものになります。それに若返りの技術もあります。ですから、イベントで何もかも終りになるわけではありません。それは突然の奇跡的な変化ではないのです。誰もがずっと良く生きられるようになるプロセスの始まりです。

 

 

 

 

 

○時間

 

 

 

リン:高次元や宇宙では時間を体験しますか?

 

 

 

コブラ:時間はエネルギーの流れとして体験されます。過去、現在、未来という直線的なものというより、動きをもつ永遠の今のようなものになります。やはり過去から現在、未来へとタイムベクトルはあるのですが、私たちの行為の原因と結果をとてもよく理解しながら、もっと多次元的に体験します。

 

 

 

 

 

○宇宙の融合

 

 

 

リン:最近あなたは、すべての宇宙が一つに統合されたと言いました。それはどういう意味ですか?

 

 

 

コブラ:実際に宇宙は一つの宇宙に融合しました。その融合を通してすべての宇宙が、さらに高い意識、さらに高い理解、さらに高い進化に達することができたのです。

 

 

 

リン:すべての次元レベルは常に存在しているのですか?

 

 

 

コブラ:そうです。

 

 

 

リン:イベント後でもエイリアン種族は互いに争ったりしますか?

 

 

 

コブラ:いいえ。地球が解放されるべき最後の惑星であり、地球上の全派閥が大統合していきます。このプロセスは、銀河レベルでもずっと続いてきたことであり、今、私たちは最後の局面を迎えているのです。

 

 

 

リン:それなら私たちはいつまでも幸せに生きられるようになるのですね?

 

 

 

コブラ:ある意味でそうです。為されなければならないこと、癒されねばならないことは、まだたくさんあります。しかし基本的に闇が排除されれば、それがずっとずっと容易になるでしょう。

 

 

 

 

 

○識別力

 

 

 

リチャード:識別力とは何でしょうか?

 

 

 

コブラ:識別力とは、世界の様々な側面の関係性を理解し把握する能力です。

 

 

 

リチャード:識別力を発達させるために、何か実践的な助言をしてもらえますか?

 

 

 

コブラ:あなたのハイヤーセルフとの繋がりを、あなたの内なるガイダンスとの繋がりを築くことが必要です。そして実際の体験からフィードバックを得ながら、その結びつきを訓練してください。高次のガイダンス、あなたのマインド、感情、身体を統合することです。

 

 

 

リチャード:真実かどうかを感じ取りなさいという意味ですか?

 

 

 

コブラ:真実かどうかを感じ取るだけではなく、あなたの直感的なガイダンス、あなたが知っていること、感じていること、経験していることを組み合わせてください。

 

 

 

 

 

○エジプト航空804便
(
訳注:2016519日パリ発カイロ行きエジプト機が地中海上で消息を絶った事件)

 

 

 

リチャード:先週、地中海上で「レーダーから消えた」エジプト航空804便についてコメントしてくれますか?

 

 

 

コブラ:具体的に質問を絞ってもらえますか?

 

 

 

リチャード:あなたに何か知っていることがあればと思ったのです。本当に墜落したのかどうか。

 

 

 

コブラ:イスラエルとその他の国々の、国際紛争や戦争を起こしたがっている派閥が絡んでいます。彼らはいまだにそんなことに希望をつないでいますが、現実離れしています。

 

 

 

 

 

○レイライン

 

 

 

リン:レイラインとは何か教えてください。

 

 

 

コブラ:レイラインはエネルギー――ほとんどの場合、エーテルやプラズマの――流れです。地球のエネルギー・グリッドを通って川のように流れています。レイラインは、地球のエネルギー体を通してエネルギーを送信する、エネルギーの葉脈のようなものです。

 

 

 

リン:レイラインとグリッドラインは同じものですか?

 

 

 

コブラ:非常に似ています。

 

 

 

リン:違いは何ですか?

 

 

 

コブラ:レイラインはほとんどの場合、二つのボルテックスポイント間のエーテル及びプラズマの極です。グリッドラインも同じですが、別の状況、例えばメンタル界など高次の界層では、グリッドラインを通したエネルギーの流れは少し違っています。

 

 

 

リン:すると、人々が地上で働きかける場合にはどちらに働きかけているのですか。両方ですか?

 

 

 

コブラ:大体はレイラインです。

 

 

 

リン:歴史的大事件はレイライン上で起きているのですか?

 

 

 

コブラ:私はそのような言い方はしませんね。そのような事件を引き起こす要因が、レイラインやボルテックス――レイラインの交差する場所です――に起因していると言えます。

 

 

 

リン:レイラインは宇宙とも関連していますか?

 

 

 

コブラ:ええ、もちろんです。宇宙にはコズミック・グリッドがあり、銀河には銀河グリッドがあり、太陽系にもグリッドがあります。そのすべてが地球のグリッドとレイラインに繋がっています。それは宇宙の有機体です。

 

 

 

 

 

○惑星の進化サイクル

 

 

 

リチャード:惑星の進化に関わるサイクルは何ですか?

 

 

 

コブラ:多くの宇宙サイクルがあります。惑星は数十億年の単位で進化しますが、さらにその下にも多くのサイクルがあります。例えば、22500万年の銀河サイクル、つまり(私たちの太陽系が)銀河を一回りする周期があります。銀河の全惑星が、その銀河サイクルとシンクロしています。惑星の地質学的発達は銀河サイクルと結びついています。
その他に惑星の進化サイクルに関わるのが、惑星が属している恒星系の太陽または二重星、多重星の振る舞いや進化です。宇宙の星の動きも惑星の進化に影響します。

 

 

 

 

 

○政治家のクローン

 

 

 

リン:ヒラリー・クリントンはクローンですか?

 

 

 

コブラ:いいえ。

 

 

 

リン:クローンのような振る舞いをするかもしれない人は他にもいますか?

 

 

 

コブラ:基本的に補助的なクローンは用意されていますが、政治家は本当の人間でクローンではありません。彼らはたいがい、もともとドラコのエンティティ―で、人体に転生した存在です。

 

 

 

 

 

○臓器売買

 

 

 

リン:最近のフルフォード情報が明かした(主にウクライナ人の)臓器売買は本当のことですか?

 

 

 

コブラ:はい。私はいくつかロシアの情報筋からも同じ情報を受け取っています。そして残念ながら、その情報のほとんどが正しいものです。

 

 

 

リン:それについて何かできることはありますか?

 

 

 

コブラ:ええ、もちろん。これについて人々に情報を伝えることです。人々の注目が集まれば、こうしたことをなくし、解決するのがとても容易になります。

 

 

 

リン:これに関わっているアメリカ、ヨーロッパ、中東の有名人はいますか? そしてそれは誰ですか?

 

 

 

コブラ:ええ、それに関わっているイルミナティーのネットワークに属している人はたくさんいます。その名前はどこにでも出てきます。

 

 

 

 

 

○人質

 

 

 

リチャード:私たちの太陽系の他の惑星に人質として、また奴隷として捕らえられている人がいるということでしたが、人質の解放はどれくらい進みましたか?

 

 

 

コブラ:私たちの太陽系の状況はとても良くなりました。人質の数は随分減りました。しかし地表では全人口が、9時-5時の仕事に隷属している人質です。古代ローマ時代の奴隷ほど過酷なものではないにせよ、人間はまだ自由ではありません。今こそ、地球を解放すべきときです。

 

 

 

リン:皆さんには、毎週日曜日午後7 GMTのウィークリー・イベント・メディテーションに参加してほしいと思います。これはイベントを早めるために誰にでもできることです。

 

 

 

 

 

○メルケル首相

 

 

 

リン:アンゲラ・メルケルがヒットラーの娘だと噂されていますが、本当ですか?

 

 

 

コブラ:ええ、彼女はその特定のエンティティ―と血縁関係にあります。

 

 

 

リン:彼女はレプタリアンやクローンか何かですか?

 

 

 

コブラ:彼女はクローンではありません。人体に宿ったレプタリアンとドラコニアンと人間のハイブリッドです。

 

 

 

リン:どうして彼女はドイツを任されているのですか。彼女について何か教えてくれますか?

 

 

 

コブラ:ただイルミナティーが彼女をその地位につけただけです。最近、彼女の行動に対してドイツで強い抵抗が起こっています。うまくいけばドイツで変化が起きるでしょう。イベント後は必ずこれに関して変化します。

 

 

 

 

 

○ヨーロッパの難民問題

 

 

 

リチャード:ヨーロッパの難民問題はどれくらい解決しましたか?

 

 

 

コブラ:難民のヨーロッパへの流入は随分減りました。彼らはただの難民ではないため、光の勢力は彼らの流入問題を解決しています。難民のごく一部は実際に闇の勢力のメンバーです。光の勢力は彼らを特定し、彼らの行動の99.9%は阻止されています。

 

 

 

リチャード:難民を受け入れた国々は、彼らをもといた場所に送り返しているのですか?

 

 

 

コブラ:独自の判断に委ねられています。カバールの支配力の程度にもよります。状況が完全によくなるのはイベント後になるでしょう。

 

 

 

 

 

○バイオキネシス(Biokinesis)

 

 

 

リン:バイオキネシスには詳しいですか?

 

 

 

コブラ:いいえ、詳しくはありません。

 

 

 

リン:マインドの力で目や髪の色、身長など身体の状態を変えるものです。人々は瞑想を利用してそうします。質問者は、それが主にブラジルで行われたと言っています。彼女は、これが何か問題を引き起こさないか知りたがっています。

 

 

 

コブラ:正しい態度で行ったものなら問題ありません。マインドは物質の上位にくるものであり、物質はマインドの命令、というよりむしろスピリットの命令とでも言いましょうか、それに従います。正しい動機で為されたことであれば、何ら副作用はありません。

 

 

 

 

 

○イエス・キリスト

 

 

 

リチャード:あなたはこの前のインタビューで、イエスは2000年前に意識のシフトが起きると思っていたと言いました。そのために彼はどんな知識を大衆に伝えようとしていたのですか?

 

 

 

コブラ:彼は知識ではなく、愛のある状態そのものを伝えようとしました。それが彼のメッセージであり、イベント後のメッセージになるでしょう。

 

 

 

リン:イエスは瞑想しましたか?

 

 

 

コブラ:はい。

 

 

 

リン:彼は特定の瞑想法を教えましたか?

 

 

 

コブラ:ええ、選ばれた弟子たちのグループに。

 

 

 

リン:イエスが行ったり教えたりした瞑想法を何か知っていますか?

 

 

 

コブラ:私自身は知りませんが、必要なら見つけることができます。彼のテクニックは、当時のヨーガ行者たちのテクニックと似ていたと思います。

 

 

 

 

 

○初期異常がない惑星

 

 

 

リチャード:初期異常やネガティビティーがない惑星では、今の地球人と同じ意識レベルの存在は、どんな性質をもっていますか?

 

 

 

コブラ:初期異常がなかったら、状況はかなり違っていたでしょう。進化が妨げられているのは、主に初期異常のせいなのですから。初期異常がなければ、制限もありません。

 

 

 

リチャード:ではそのような惑星では、私たちが経験するようなネガティビティーは経験しないのですね?

 

 

 

コブラ:そうです。私たちがここで経験していることは、極めて異例な出来事です。

 

 

 

リチャード:たくさんの人たちが、進化するためにはネガティビティーを経験する必要があると言います。あなたはそれを認めますか?

 

 

 

コブラ:まったく認めません。それはアルコンが人々を奴隷のままにしておくために広めた教えです。それはまったく必要ないし、発達に害を及ぼします。

 

 

 

 

 

○遺伝学

 

 

 

リン:遺伝学を理解し、新しい生命体を作れる他の惑星の種族は、地球に生命体をもたらすことができますか?

 

 

 

コブラ:はい。非常に進化した種族は生命体を作っていたし、惑星地球は彼らの実験の一つの中心地でした。

 

 

 

 

 

○次元/スピリットの進化

 

 

 

リチャード:どのように次元が作用しているのか教えてください。次元はいくつあるのですか? 意識は次元とどう関係しているのですか?

 

 

 

コブラ:次元とは物質の振動状態を描写しているものです。物質とスピリットは、同じもの、同じエネルギー場の二つの側面です。そのエネルギー場の密度が高まれば、三次元と呼ばれている物質的な次元になるし、希薄になれば、四次元のエーテル界、アストラル界になります。さらに希薄になると五次元のメンタル界になります。このように純化されていき、ついには完全なスピリット、つまり、ソースと完全に結びついている状態になります。次元とは一なるものが、多様な現れ方をしているものです。

 

 

 

リチャード:スピリットの進化は、次元や意識とどのように関係していますか?

 

 

 

コブラ:次元とはただの遊び場であり、意識、またはソースが、可能な方法で表現し、顕現する場所です。スピリットの進化は次元で決められるものではありません。ソースと統合しているレベルで決まるものです。そしてこの統合のレベルは、いかなる次元においても表すことができます。

 

 

 

リチャード:スピリットが進化するとどうなるのか、話してくれますか? ソースのレベルに達するとどんなことができるようになりますか?

 

 

 

コブラ:ソースのレベルに達すると、意識は宇宙全体を、すべての過去、すべての現在、すべての未来を包含します。

 

 

 

 

 

(後半へ続く)

 

 

 

しばらく更新を休みます。