PFCのコブラインタビュー(後半)

5月26日インタビュー

 

http://prepareforchange.net/2016/05/31/05-26-16-cobrapfc-may-interview/
2016
526日インタビュー

 

PFCのコブラインタビュー(後半)

 

 

 

(前半からの続き)

 

 

 

○ヒーラー

 

 

 

リン:地球の人間で、病気や身体の損傷を治したり、失った手足を元通りにしたヒーラーはいましたか?

 

 

 

コブラ:そのようなことはたくさん伝えられていますが、実際にそんなことをできるヒーラーは、アセンデッド・ビーイングだけです。そしてアセンデッド・ビーイングは、地球の物質界にほとんど姿を現すことはありません。

 

 

 

リチャード:イエスが癒せたのは本当ですか?

 

 

 

コブラ:ええ、彼はとてもよく癒すことができました。非常に進歩したE.T.テクノロジーも利用しました。ですから、それは宇宙の兄弟姉妹との共同プロジェクトだったのです。

 

 

 

リチャード:すると彼がここに来たときは、その能力を持っておらず、彼の生涯を通じて癒しを学んだということですか?

 

 

 

コブラ:彼の生涯を通じて学んだし、助けも借りました。

 

 

 

リチャード:普通の人間は、彼が行ったような癒しを行えますか?

 

 

 

コブラ:それを会得することに生涯を捧げるなら、誰にでも可能性はありますが、ものすごい時間と訓練が必要になります。

 

 

 

リチャード:もしかして、あなたはその訓練法を、もしくはどこでその訓練法を得られるかを知っているのではありませんか? 

 

 

 

コブラ:それはテクニックとか精神修養というものではありません。それは各自で進んでいかねばならない道なのです。

 

 

 

 

 

○ヨガ

 

 

 

リン:ヨガの意味と目的は何ですか?

 

 

 

コブラ:ヨガの意味と目的はソースと結びつくことです。

 

 

 

リン:どのくらいの間、地球でヨガは行われてきましたか?

 

 

 

コブラ:ヨガは、意識をもつ存在が地球に来てすぐに行われました。ヨガは、この太陽系と地球に入ってきたスタービーイングがもたらしました。

 

 

 

リン:ヨガのフォームはどれくらいあるか推定できますか?

 

 

 

コブラ:ヨガを特徴付けたり分析したりするのは、人間のマインドです。宇宙にいる存在の数だけ多くのやり方があります。

 

 

 

 

 

○動物を生き返らせること

 

 

 

リチャード:人間に死んだ動物を生き返らせることはできますか?

 

 

 

コブラ:簡単なことではありませんが、それは可能です。

 

 

 

リチャード:どうすれば可能ですか?

 

 

 

コブラ:死んでからあまり時間が経っておらず、死んだ原因が取り除かれれば、動物の魂は、ある状況のもとで体に戻ることができます。

 

 

 

 

 

○アセンデッド・ビーイング

 

 

 

リチャード:アセンデッド・ビーイングと協働するとき、彼らはどうやってあなたにコミュニケートしますか?

 

 

 

コブラ:彼らは、あなたが理解できる方法でコミュニケートします。多くの場合、内側のヴィジョンやテレパシーでコミュニケートします。時には肉体で現れることもあり、あなたの五感を通して見たり聞いたりして、彼らを知覚できます。

 

 

 

 

 

○地球が楽園だった頃

 

 

 

リン:初期異常や闇が地球に存在する前は、人間と地球はどんな状態でしたか?

 

 

 

コブラ:地球は楽園でした。地球の多くの種族や民族の伝説的人物は、地球が楽園だった時代を覚えています。現在私たちが経験しているような苦しみや争いはありませんでした。

 

 

 

 

 

○宇宙を創造する

 

 

 

リチャード:高度に進化した存在、特別に進化した存在は、宇宙と宇宙の法を創造できますか?

 

 

 

コブラ:すごく、すごく進化した存在が宇宙を創造しました。彼らは今、進化の次のステージに移っています。

 

 

 

 

 

○シバ神

 

 

 

リチャード:シバは何者ですか。この宇宙とどんな繋がりがある存在ですか?

 

 

 

コブラ:シバは創造者の一人です。この太陽系が創られ、この銀河が特定の様相を呈したときに存在していた創造者のエンティティ―です。そのエンティティ―の目的は、宇宙の、ある面を創造し、その創造物を通して学び、それからその創造物をソースへと帰すことです。

 

 

 

 

 

○神のプラン

 

 

 

リン:これは大きな質問になりますが、質問者はあなたの知識に基づいた回答を聞かせてほしいと思っています。人類にとって「神のプランの本質」は何ですか?

 

 

 

コブラ:神のプランの本質は人類をソースに帰すことです。

 

 

 

 

 

○カルマの法則

 

 

 

リチャード:カルマの法則の起源と目的、重要性について説明してくれますか?

 

 

 

コブラ:この質問には何度も答えています。カルマの法則は、生きている存在やエンティティ―をこの隔離された状態の中で精神的に支配し、奴隷化するために、アルコンによって人工的に構築されたものです。通常カルマの法則は、あなたがしたことに対して何らかの結果が返ってくると説明しています。それはマニフェステーション(顕現、発現)の法則を歪めて解釈したものです。

 

 

 

もちろん、あなたの行動には結果が伴います。しかし、私たちが今何か悪いことを経験しているのは、過去世で何かしたせいだというのは真実ではありません。この惑星が占領されて誰かが悪いことをしているから、私たちは嫌なことを経験しているのです。私たちは抵抗しなければなりません。そして私たちは地球を解放して、このようなことがもう起きないようにしなければなりません。

 

 

 

 

 

○サイクルの終り

 

 

 

リン:私たちが現在生きているのは、サイクルの終りですか。それとも宇宙の全面的リセットのときを生きているのですか?

 

 

 

コブラ:あるサイクルの終りです。宇宙の全面的リセットではありません。宇宙の特定の状況を改革していると言えましょう。初期異常を改革しているのです。それは宇宙的進化の一つの重要部分ではありますが、それだけというわけではありません。

 

 

 

 

 

○マジック/魔法/妖術

 

 

 

リチャード:マジックとは何ですか?

 

 

 

コブラ:マジックとはマニフェステーションの科学です。それは、エネルギーを操って自分のアイデアを物質界に顕現するためのオカルト・サイエンスです。

 

 

 

リン:魔法(witchcrart)とは何ですか?

 

 

 

コブラ:魔法はマジックの古代の実践法でポジティブにも、ネガティブにも利用できます。イエズス会や他のアルコン勢力は、魔法を何か悪いことのように見せかけようとしました。なぜならたくさんの女性ヒーラーたちが、これを用いて地球の生き物を癒したり、状態を良くしたりしていたからです。ですから魔法はもともとそのようなエネルギーを扱う実践法です。精神科学的な (spiritual scientific) 方法でエネルギーを用いて、周りの存在が生きやすい状態にしていました。

 

 

 

リチャード:妖術(sorcery)とは何ですか? そして妖術とマジックの違いは何ですか?

 

 

 

コブラ:妖術とはマジックをただのテクニックや方法に限って用いてしまうものです。呼び起こした力を深く理解しないまま、初歩的な試みを行うものです。

 

 

 

 

 

○化学と錬金術

 

 

 

リン:化学と錬金術の違いを教えてくれますか?

 

 

 

コブラ:化学は、原子や分子の間の反応をもとに、物質の振る舞いかたを明らかにしようとする現代科学です。錬金術は、内側の変質プロセスと、ある程度の物質の変質プロセスを説明する精神科学です。化学的反応よりも、私たちのエネルギー体内部での精神的反応に重きをおいています。過去の非常に優れた錬金術師には、核反応を、原子核内で発生していることを、理解していた人もいました。

 

 

 

 

 

○超感覚(clairsentience)

 

 

 

リチャード:超感覚とは何ですか?

 

 

 

コブラ:超感覚とは物質界よりも高次の世界の音を感じ取って、情報を伝送する能力です。

 

 

 

リチャード:それはテレパシーですか?

 

 

 

コブラ:テレパシーのうちに入りますが、テレパシーはメンタルな情報だけを伝送するのに対し、超感覚はそれをはるかに超えるものです。音や、他の形のシグナルを伝送する能力です。

 

 

 

リチャード:わかりました。以前、私は部屋の中で突然バラの香りを感じたことがあります。これも超感覚ですか?

 

 

 

コブラ:ええ、それも一つの超感覚です。

 

 

 

 

 

○催眠術

 

 

 

リン:催眠術を定義してくれますか?

 

 

 

コブラ:催眠術は人の潜在意識を利用する行為です。自己の意識が完全に存在していない、あるいは目覚めていないときに、人の潜在意識に話しかけて行います。

 

 

 

リチャード:それはポジティブなことですか、ネガティブなことですか?

 

 

 

コブラ:ポジティブにもネガティブにも利用できます。

 

 

 

 

 

○エーテル界/アストラル界/コーザル界/メンタル界

 

 

 

リチャード:エーテル界とアストラル界について説明してください。

 

 

 

コブラ:エーテル界はエネルギーの界層です。敏感な人はそこのエネルギーを感じています。エーテル界を感じているのです。私たちのチャクラ、ナディ、エネルギー場の世界です。

 

 

 

アストラル界は私たちの感情、私たちの感情体の世界です。私たちが眠って夢を見ているときに訪れている界層です。

 

 

 

リン:コーザル界は何ですか?

 

 

 

コブラ:コーザル界は高次のメンタル界です。そこは原型の界層で、私たちの物質界や、その他のすべての世界がそこから創られます。

 

 

 

リチャート:今度はメンタル界を説明してくれますか?

 

 

 

コブラ:メンタル界は、アイデアの想念形体に関わるマインドの界層です。死後、エーテル界とアストラル界で過ごした後、次の転生までしばらくそこで過ごします。ここがいわゆる天国です。

 

 

 

リチャード:想像や思考がそのまま現れる領域があるということですが。

 

 

 

コブラ:そうです、そうです。メンタル界のことです。

 

 

 

 

 

'Sat Nam' plane

 

 

 

リン:サットナム界 について説明してくれますか?

 

 

 

コブラ:真実のプレーンと言い表す人もいるし、Buddhic planeとかスピリチュアル・プレーン、第六密度と呼ぶ人もいます。純粋な愛と光のプレーンです。

 

 

 

 

 

○鉄分

 

 

 

リン:血液中の鉄分は大切なものですが、ゴールデン・エイジになると、それは変化しますか?

 

 

 

コブラ:私たちが一定の振動周波数のレベルに達すれば、これは変わります。しかし私たちはまだそこに至っていません。

 

 

 

 

 

○銀河間評議会(Inter-Galactic Council)

 

 

 

リン:銀河間評議会とは何ですか。その任務は何ですか?

 

 

 

コブラ:それは誰かの取り組みから出てきた言い方です。あらゆるレベルで評議会があり、各評議会は、それぞれのレベルが宇宙全体と完全に調和するように統率しています。

 

 

 

 

 

○プライム・ディレクティブ
(訳注:prime directive。スター・トレックの劇中で惑星連邦が従っている原則。一定の発達段階に達していない文明への干渉を禁じている)

 

 

 

リチャード:「プライム・ディレクティブ」の意味と目的を定義してくれますか?

 

 

 

コブラ:地球で理解されているようなプライム・ディレクティブは実際のものではありません。不干渉という概念は、私たちのファーストコンタクトを弾圧する言い訳として、アルコンが導入したものです。

 

 

 

多くのポジティブな種族が私たちとコンタクトしたがっています。それをしないのは、私たちの自由意志を尊重しているからではありません。アルコンとキメラグループがそれを妨げているからです。なぜなら、私たちの自由意志はファーストコンタクトを支持しており、反対しているのではないからです。

 

 

 

 

 

○病気

 

 

 

リチャード:どうして多くの人たちが病気がちなのでしょうか。質問者は、健康に気を使って生活したり、いろいろと抗生物質を使っているのに良くならず、他の人たちも同じようなことを言っているので、怪訝に思っています。

 

 

 

コブラ:根本的な理由はプラズマ界の異常性です。ここ数年で異常性がものすごく高まりました。現在、地球上のほとんどの病気の主な原因は、プラズマの毒作用です。それは現在、数年前よりもずっと悪化しています。いくつかの状況が完全に反転する前に、それはすっかり浄化される必要があります。

 

 

 

 

 

○大麻/アロエ

 

 

 

リン:大麻は地球の天然植物ですか。それとも他の惑星からもたらされたのですか?

 

 

 

コブラ:ずっと昔に別のところから地球にもたらされました。

 

 

 

リン:他の植物、例えばアロエも薬用効果が高いのですが、そのような植物も、よそからもたらされたのではありませんか?

 

 

 

コブラ:ええ、もちろんです。

 

 

 

 

 

○プラネットXとポールシフト

 

 

 

リチャード:ゼータが、プラネットXが近づいてポールシフトを引き起こすと言っていますが、本当ですか?

 

 

 

コブラ:いいえ、まったく違います。

 

 

 

 

 

○オルゴナイト

 

 

 

リン:オルゴナイトは、電磁波から地域を守るタワー・バスターとして利用されています。携帯電話の基地局の他に、オルゴナイトはどこで最も効果を発揮しますか?

 

 

 

コブラ:米国中にある、いわゆるグウェンタワー(Gwen tower 地上波緊急ネットワーク)です。他には、レーダー基地の類にもいいでしょう。この二つがカバーされれば上出来です。もちろん、HAARP基地も含め、世界中の同じような設備に利用することもできます。

 

 

 

 

 

○ソースと創造主

 

 

 

リチャード:ソースの上に知性を有する存在はいますか?

 

 

 

コブラ:ソースがその存在です。

 

 

 

リチャード:ソースと創造主との関係はどうなっていますか?

 

 

 

コブラ:私は創造主という言葉を使いません。それが示唆している哲学的理解を、私は認めていないからです。ソースは常に在ったし、これからも在り続ける存在です。この宇宙は特定のソースによって創られたのではありません。ソースと初期異常との相互作用で創られました。

 

 

 

 

 

○無限の虚空(infinite void)

 

 

 

リチャード:無限の虚空とは何ですか?

 

 

 

コブラ:それを媒体としてソースが存在します。

 

 

 

 

 

○ブラックホールの反対側

 

 

 

リン:通常、ブラックホールの反対側はどうなっていますか?

 

 

 

コブラ:ブラックホールは常にワームホールの入り口です。反対側の出口がホワイトホールです。

 

 

 

 

 

○アセンドする人口

 

 

 

リチャード:地球の人口のどれくらいがアセンドしそうですか?

 

 

 

コブラ:いくつかの理由からこの質問には答えません。一番の理由は、人の自由意志に関わることであり、アセンドする割合を決めつけたくないからです。二番目の理由は、たとえそれを知っていたとしても、現時点で明かすことは禁じられているでしょう。

 

 

 

 

 

○金融システムの移行

 

 

 

リン:イベント後、現在の金融システムが公正なものに移行するまで、どれくらいかかるのでしょうか?

 

 

 

コブラ:とても早く移行します。イベントの瞬間から12週間でしょうね。すでに準備を進めているので、銀行が閉鎖して再開したときには、ずっと公正でバランスの取れた金融システムに切り替わっています。

 

 

 

その後私たちは、金融システムが不要となるまでの期間を過ごします。私たちが物質界で欲するものは、何でも大量生産したり物質化したりするテクノロジーがあります。そのことを私たちが認識し始める期間です。お金は不要なものになるでしょう。

 

 

 

リン:この分野に関して少し変化はありましたか? 人道支援基金など放出された基金はありますか?

 

 

 

コブラ:地球規模のものでしたらノーです。基金が放出され始めるのはイベント後12週間ぐらいしてからでしょう。イベント前でも限られたケースとして、少額の基金が閉ざされたグループに放出されることはあるかもしれません。しかし、それは私たちが実際に取り組んでいるものではありません。私たちは地球規模の金融リセットに取り組んでいます。

 

 

 

 

 

○レーザー光

 

 

 

リチャード:レーザー光がタキオン化されたクリスタルを通るとどうなるのですか?

 

 

 

コブラ:レーザー光は光子線を集中させたもので、タキオンによって量子レベルで強化されます。量子のシグナチャー(現象の痕跡、特徴)が変化するのだと思います。光子の周りの量子揺らぎが調和するのです。ですから、レーザー光自体がすでに凝集した光子の源であり、タキオン化されたクリスタルを通ることでさらに調和したものになります。そのレーザー光をヒーリングに用いれば、大きな効果を得るでしょう。

 

 

 

 

 

144,000

 

 

 

リン:日本のPFCグループからの質問です。144,000という数について明らかにしてほしいそうです。聖書にも、サナト・クマラの話にも出てきます。クリティカル・マスなどにも関係していますが、どうしてですか?

 

 

 

コブラ:12×12×1000で得られる数です。数が関わる神聖幾何学において、非常に強力な意味をもつ象徴的な数です。
地球の隔離状態を変容させるために入ってくる魂が、ある時点で選ばれました。実際にその数でもあるのです。一つ付け加えたいことは、その中のごく一部の人々が、すでにそのミッションに目覚めています。これからもっと増えていくでしょう。

 

 

 

 

 

○太陽系

 

 

 

リチャード:地球外種族は、この太陽系と地球をどんな名前で呼んでいますか?

 

 

 

コブラ:それぞれの種族と文明がそれぞれの呼び方をしています。

 

 

 

リチャード:プレアディアンはどんな呼び方をしていますか?

 

 

 

コブラ:彼らは地球を青い宝石と呼んでいます。

 

 

 

 

 

○地球のエンティティ―

 

 

 

リン:地球の魂というか、生きている地球存在と繋がるのに最適な方法は何ですか?

 

 

 

コブラ:もちろん自然を通して繋がることです。自然は、地球のエンティティ―の生命の息吹が現れたものだからです。人それぞれの繋がり方があるので、具体的な方法を言うのは差し控えます。

 

 

 

リン:この存在に一番ふさわしい名前は何ですか?

 

 

 

コブラ:やはり文化や民族によって様々な名前を持っています。このエンティティ―の名前は重要ではありません。大切なのは、この存在と心から結びつくことです。

 

 

 

 

 

○天使

 

 

 

リチャード:どうしたら天使のエンティティ―と繋がれますか?

 

 

 

コブラ:ただ呼び出して繋がればいいのです。瞑想などして。彼らについての情報を少し読むなりして知識を得てから繋がると良いでしょう。方法は何でも構いません。

 

 

 

 

 

○結びに

 

 

 

リン:画面右端の Donate ボタンで寄付のご協力をお願いします。

 

 

 

(リンとコブラが645日のアセンション会議の話題に触れた後で)

 

 

 

コブラ:この前のインタビューで言った通り、5月は少し面白いことになってきました。入来している新しいエネルギーのせいでもあります。

 

 

 

誰もがプッシュし続けることが、光を地に降ろし続けることが、とても大事です。地球解放のための努力は実を結ぶでしょう。

 

 

 

 

 

(インタビュー終了)

 

 

 

※コブラより
質問はhttp://prepareforchange.net/cobra-questions/ へ。
過去の回答はhttp://esaccoalition.org/matrix-faq/ で整理されています。

 

 

 

Victory of the Light!     

 

 

 

しばらく更新を休みます。