PFCのコブラインタビュー

6月20日インタビュー

 

June Monthly Update Interview by Cobra

 

2016620日インタビュー

 

 

 

PFCのコブラインタビュー

 

(抜粋して要約しています)。

 

 

 

〇質問のルール

 

 

 

リン:質問を投稿するときには、以下のルールでお願いします。

 

・コブラへの質問はこちらへ。http://prepareforchange.net/cobra-questions/ 

 

・質問を明確に伝えてください。

 

・他者の著述を引用してコメントを求めるのはご遠慮ください。コブラは他者の仕事についてはコメントしません。

 

・あなたのコメントは最小限にしてください。1時間のインタビュー番組ですので、長い説明だと紹介しきれません。

 

・何かのビデオに関してコブラのコメントがほしい場合、彼がそのビデオをわざわざ見ることはないでしょうから、話題を選んで質問すると良いでしょう。

 

・コブラではなく、他の読者に向けて、ビデオのリンクと質問を投稿するのは構いません。他の読者が関心をもち、討論のきっかけになるでしょう。

 

・以前の質問を読んで、あなたの質問の答えがないか確かめてください。

 

・まだ論じられていない時事的な質問が好ましいです。コブラはよく「この質問にはすでに答えています」と言いますので。

 

・あなたが自分で答えを探せるように、すでに出された質問のリンクを貼っておきます。

 

・常識的なことや、自分で簡単に調べられることは質問しないでください。

 

 

 

ウェブサイト運営のためにウェブページ右の欄のDonationから寄付をお願いします。June Monthly Update Interview by Cobra

 

 

 

 

 

〇地球

 

 

 

リン:地球の中心について様々な説があります。中心は空洞になっており、海も太陽もあると主張する人が大勢います。もちろん、科学者は、地核は溶岩だといいます。地核から地表まで、本当はどうなっているのか教えてください。

 

 

 

コブラ:ある程度、科学者のモデルは正しいのですが、地表に近い層は蜂の巣状になっています。つまり、トンネルや洞窟、川、海洋システムがあり、かなり広域に及んでいます。その中に、様々な地下文明の居住空間があります。それ以外では、受け入れられている科学モデルはかなり正確です。

 

 

 

リン:地表の水は内部地球から来ているというのは本当ですか?

 

 

 

コブラ:水の一部は地下から地表に現れます。海洋を通して大気中の水が循環しているものもあります。一部は宇宙からも来ます。

 

 

 

 

 

〇月

 

 

 

リチャード:かつて地球には二つの月があったのですか?

 

 

 

コブラ:歴史を通して見ると、地球の月の数はいろいろでした。地球に衝突したものもあれば、地球の重力場から逃れたものもあります。排除されたか破壊されたものもあります。

 

 

 

リチャード:今ある月は人工物ですか、それとも、もともとあった月の一つですか?

 

 

 

コブラ:人工物ではありません。自然な天体ですが、大規模に利用されてきました。溶岩洞が伸びており、そこにたくさんの地下都市がつくられました。

 

 

 

 

 

〇クロマニョン人/ネアンデルタール人

 

 

 

リン:クロマニョン人は地球の保護者となるべく創られたので、今はない驚異的な能力をもっていたというのは本当ですか? 宇宙の他の惑星から地球にもたらされたのですか?

 

 

 

コブラ:基本的にすべての種族が驚異的な能力を秘めています。あらゆる人がそのような能力を発達させて活かすことができます。

 

 

 

リチャード:ネアンデルタール人はどうなりましたか?

 

 

 

コブラ:進化の目的にそぐわないため、絶滅しました。ごく僅かなネアンデルタール人だけが生き延びました。カバール・メンバーには、ネアンデルタール人の遺伝子構造をかなり引き継いでいる人もいます。

 

 

 

リチャード:以前あなたは、ロイヤルファミリー、特にハザールファミリーが、ネアンデルタール人の遺伝子をもとにしていると言いました。E.Tの遺伝子ももとにしていると思うのですが、どうですか?

 

 

 

コブラ:その通りです。ハザール人はネアンデルタール人の遺伝子型の系統です。

 

 

 

リチャード:だからロイヤルファミリーは近親婚を繰り返し、クロマニョン系とは血を混ぜたくないのですか?

 

 

 

コブラ:それもあります。彼らの多くはそれを知りませんが、一部は知っています。彼らは自分たちのことを優れた種族だと思っています。現実を歪めて見ているのです。

 

 

 

 

 

〇人間の本質

 

 

 

リン:多くの人が、人間の性質はネガティブで邪悪だと言いますが、私には認められません。私たちが生まれたときには、私たちは恐れや心配、疑いを知らない純粋な無条件の愛でした。ですから人間の本質は純粋な愛だと思えます。あなたもそう思いますか?

 

 

 

コブラ:人間の深い本質というか、魂のプレゼンスは純粋な愛だと思います。しかしパーソナリティーは、この初期異常、つまりこの地球上の環境に転生した魂の反応と言えます。自由意志は、このパーソナリティーの進化の方向を決める決定的要因です。良い方向か、邪悪な方向か。ですから自由意志は、ここでは最も決定的な要素です。けれども、地球の状況が良くなれば、圧倒的多数の人々は、自由意志でポジティブな決定をするでしょう。

 

 

 

 

 

〇イエス/マグダラのマリア/聖母マリア

 

 

 

リチャード:マグダラのマリアについて何か教えてくれますか。彼女とイエスは結婚して世界を廻り、良いことをしたのですか? 彼女は言い伝え通り娼婦だったのですか? 

 

 

 

コブラ:彼女は、ある人たちがイエスと呼ぶ存在のソウルメイトでした。二人とも秘儀参入をし、高い教えを共有しました。彼らから特定の血筋が生まれました。

 

 

 

リン:聖母マリアは、神聖なる女性性を顕現する母(divine feminine mother)として生まれてきたのですか?

 

 

 

コブラ:彼女はその元型のエネルギーをチャネリングしていたのだと思います。

 

 

 

リン:聖母マリアはイエスよりも力がありましたか?

 

 

 

コブラ:この宇宙の、どの存在もそれぞれ独自の力をもっており、どちらが強いか弱いかなどと、違う存在同士を比べても意味がないと思います。

 

 

 

リチャード:イエスはインドで肉体を去ったのですか?

 

 

 

コブラ:この特定の存在は、受難の後、多くの旅をしています。インドもその一つです。

 

 

 

 

 

〇聖者/lord(主人、君主、神)

 

 

 

リン:聖者とは何ですか?

 

 

 

コブラ:内なる道義、信念に従って人生を生きようとした存在です。

 

 

 

リチャード:ロードとは何ですか?

 

 

 

コブラ:その独特のエネルギーは、たくさんの説明の仕方があります。そのエネルギーは、ポジティブにもネガティブにも用いることができます。ロードとは自らの自由意志を駆使できる存在です。

 

 

 

 

 

〇イベント後の火星

 

 

 

リン:イベントは地球人の火星上のコロニーにどんな影響を与えますか?

 

 

 

コブラ:イベントは地球上で起きるのではありません。太陽系中で起こります。ですからこのようなことのすべてが変容します。SSPのコロニーであろうが奴隷制であろうが、残っているものはすべて完全に終わりになります。

 

 

 

 

 

M-1

 

(訳注:世界中の主なロイヤルファミリーの遺伝子を受け継ぐ存在。最初に生まれたのは1920年代。グローバルな金融システムの掌握を象徴する存在。2015624日のインタビュー参照。)

 

 

 

リチャード:M-1即ちthe King of Kingsはまだ生きているのですか? それとも1960年代の自宅監禁の最中に亡くなったのですか? ドラゴンファミリーはイベントが要求しているものに、すべて応じるつもりでしょうか?

 

 

 

コブラ:(実際はカバールの手先である)M-1という象徴的立場は、イベントの瞬間からなくなります。すべてが再構築されます。M-1という手先は、従来の金融システムに属するものであり、リセット後の新金融システムには属しません。

 

 

 

 

 

〇7つのメンタル界

 

 

 

リチャード:7つのメンタル界とは何ですか?

 

 

 

コブラ:メンタル界には7つの亜界があります。上の4つが高次のメンタル界、下の3つが低次のメンタル界です。マインド、思考、アイデアの様々な周波数レベルを説明しているものです。

 

 

 

リチャード:7つのメンタル界は魂の7つの部分と同じですか?

 

 

 

コブラ:いいえ。

 

 

 

リチャード:では、魂の7部分とは何ですか?

 

 

 

コブラ:それを7光線と呼ぶ人たちもいます。これらの7光線は、ソースが宇宙の異常を解消しようとして発する、7つの違うエネルギーです。

 

 

 

リチャード:人間の仕事は、それらにバランスをもたらすことですか。それとも、その7部分になることですか?

 

 

 

コブラ:個々の魂のプランに完全に調和しながら、それらを発達させることが、個人の仕事です。

 

 

 

 

 

〇タイムループ

 

 

 

リン:ミノス人は、セントラルサンから来てミノス[クレタ]文明をつくりました。彼らはどんな目的で、現在へのタイムループをつくったのですか?

 

 

 

コブラ:そのタイムループの目的は、地表に女神のプレゼンスを補い強めることです。

 

 

 

 

 

〇神の声テクノロジー

 

 

 

リチャード:神の声テクノロジーは、人のマインドに生じている考えをブロックしたりもするのですか?

 

 

 

コブラ:はい。それもそのテクロジーの一側面です。というか、ハイヤーセルフとの繋がりをブロックするとさえ言えましょう。

 

 

 

リチャード:そのテクノロジーを取り除く方法はありますか?

 

 

 

コブラ:一番有効なのが、自分のハイヤーセルフと結びつくことです。その繋がりが、その種のテクノロジーを解消し始めるでしょう。

 

 

 

 

 

〇国有銀行

 

 

 

リチャード:現行の銀行システムの代わりとして、国有銀行システム、ソーシャル銀行システムをどう考えますか。政府が銀行をつくり、国の通貨を発行するのです。新しい金本位制度をつくるよりも、有効ではありませんか?

 

 

 

コブラ:金融リセット後に用意されているものよりも、有効なものではありません。一つの選択肢として支持する人たちもいますが、私は最善なものだとは思いません。

 

 

 

 

 

〇日焼け

 

 

 

リン:どうして太陽は人の肌を焼くのですか? アルコンや、他のネガティブ勢力の仕業ですか?

 

 

 

コブラ:基本的に銀河のセントラルサンが活発化しているため、太陽もより活発になっています。さらにベールのテクノロジーが、自然な太陽活動によって噴出される微粒子を悪用しているのです。

 

 

 

リン:日焼け止め以外に、何か対策はありますか? というのも、日焼け止めは太陽光線をブロックし、ビタミンDの合成を妨げてしまうからです。ビタミンDは、免疫システムがガンや心臓病、骨粗しょう症から私たちを守るのに大切なものです。カルシウムとリンの吸収にも大事です。身の周りに(想像で)見えないシールドを張るのは助けになりますか?

 

 

 

コブラ:それも助けになるし、純粋な水もベールによってつくられたネガティブテクノロジーを解消し始めます。

 

 

 

リン:イベント後、日焼けは過去のものになりますか?

 

 

 

コブラ:ベールのテクノロジーが消えていくにつれて次第になくなるでしょう。それに太陽系中で、太陽の放射線がバランスを得ますので。

 

 

 

 

 

〇精神病

 

 

 

リチャード:精神病に関する情報をくれますか。E.T. やアルコンが関わっていますか?

 

 

 

コブラ:圧倒的多数の精神病が、アルコンと彼らのテクノロジーが原因となっています。他の原因には心的外傷後ストレス障害(PTSD)もあります。ですから、このようなものはすべて、アルコンとカバールがつくりだしたことになります。イベント後、精神病の割合は、基本的にゼロにまで下がっていきます。

 

 

 

リチャード:家族に何かできることはありますか?

 

 

 

コブラ:このような問題に対処できるヒーラーがいて、ウェブサイトがあります。ETHERIC LIBERATION です。実に多くの様々なケースでヒーリングを受けられるので、手助けしてもらえると思います。

 

 

 

 

 

Rife machine

 

 

 

リン:194050年代のアメリカの科学者Royal Rifeが、周波数装置(Rife machineと呼ばれている)を発明しました。基本的にあらゆる病気――ウィルス、細菌、寄生生物によって引き起こされ多くの病気やガン、多発性硬化症――の周波数をつきとめます。彼はこれらの病原体をその周波数装置で駆除することができました。彼は基本的に悪い細胞だけを取り除くことができたのです。

 

 

 

(訳注:ウィキペディアより。ウイルスを破壊できる周波数を発見したライフは、特定の周波数の電磁波によってウイルスを破壊する実験に成功した。ライフは生きたままウイルスを観察できる高倍率顕微鏡とこの周波数発生装置により、あらゆる病原体となる細菌の駆除の可能性を得たのである。特に注目すべき事例として、16人の末期癌患者の治療を行ったライフはそのうち14人の患者の治癒に成功したとされている)。

 

 

 

ライフ博士の周波数装置のようなものはイベント後に利用できるものの先駆けでしょうか?

 

 

 

コブラ:ええ、もちろんその通りです。こういうことが起ころうとしているのです。

 

 

 

リン:この治療法は、身体のプラズマとエーテルレベルにも効くのですか?

 

(はい)。現在利用されている治療法で、ライフのものよりも効果的なものはありますか?

 

 

 

コブラ:タキオン・チェンバーがかなり効果的です。素晴らしい結果を出しています。

 

 

 

 

 

〇黒い貴族は降伏したのか?

 

 

 

リン:ある読者が言っています。「私はWinston Shroutから、黒い貴族が降伏したとの最新情報を受け取りました。しかし、それに関連するような情報は他のどこにもあがっていません。これに何らかの真実味がありますか?」

 

 

 

コブラ:黒い貴族はまだ降伏していません。彼らが降伏するのはイベント時です。

 

 

 

 

 

〇女神

 

 

 

リン:以前あなたは、西王母や斗母元君について投稿していました。私たちはテレパシーか何かで、このような女神たちと通信できますか?

 

 

 

コブラ:純粋な意図であれば、もちろんテレパシーで繋がることができます。

 

 

 

 

 

〇米国のボルテックス

 

 

 

リン:米国には女神のボルテックスがありますか?

 

 

 

コブラ:とてもたくさんありますが、理由があって、まだ公に明かされていません。

 

 

 

リチャード:セドナにはどんな重要性があるのですか?

 

 

 

コブラ:今のところセドナは、地球上で最も重要なエネルギー・ボルテックスです。

 

 

 

リチャード:そのボルテックスに対し、私たちは何か助けとなることができますか?

 

 

 

コブラ:セドナであれ、他のボルテックスであれ、あなたは自分をガイダンスとして特定のボルテックスと繋がり、そのプラネタリー・ライト・グリッドの変容を助けることができます。あなたが正しいと感じる方法で構いません。

 

 

 

 

 

〇ソース

 

 

 

リン:(リンが、ソースよりも上にあるものを感じたと思っている人のビジョンと質問を読み上げる)。ソースよりも上の知的存在はあるのですか?

 

 

 

コブラ:ソースがトップだと思います。ソースが創造の核なのだから、何ものもソースの上にあり得ないと思います。私たちが宇宙の異常性を解決し、その理解――私たちがこの次元に転生している間は存在し得なかった理解――をもってソースに還るときにソースよりも上に存在しているものを理解できます。

 

 

 

 

 

〇ブラジル

 

 

 

リチャード:カバールの望み通り、ジルマ・ルセフ大統領が追放されるとBRICSにも影響が及びます。現在のブラジルの政治情勢について教えてください。

 

 

 

コブラ:特にブラジルでは、光の勢力と闇の勢力が激しく争っています。そしてこの争いは熾烈を極めています。最終的にはポジティブな結果にしかなりませんが、それまでは緊張と衝突など良いとは思えない状況が増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

〇憑きもの

 

 

 

リン:ここ数ヵ月間、人々がエンティティーに取り憑かれるケースがたくさんありました。路上、地下鉄、学校、スーパーマーケットなどで起きました。近頃何らかのアルコンの影響が広まっているかのようです! 何が起きているのか知っていますか?

 

 

 

コブラ:地球のアルコンネットワークの浄化が非常に強まっています。人の体に憑いていた多くのエンティティーが解き放たれました。ますます多くの光が入ってきているため、彼らは動揺しています。このことで、非常に不快なことが起こりえます。

 

 

 

 

 

〇イベント後の法制度

 

 

 

リン:イベント後、ほとんどの法律と司法制度全体が変わるのなら、世界中の裁判官と弁護士は、将来どうなるのですか?

 

 

 

コブラ:他の適職につけるよう再教育されるでしょう。他の仕事をすることが必要になります。

 

 

 

リン:それでは法制度はなくなるのですか?

 

 

 

コブラ:法制度は大きく再構築されます。簡潔化されて、裁判官も弁護士も急激に減っていく必要があります。

 

 

 

 

 

〇アルゼンチンのロシア・トゥデイ・ニュース打ち切り

 

 

 

リチャード:先週、アルゼンチン国内でRTニュースの配信を打ち切りました。いきなり政府からお達しを受けたので、人々はショックを受けていました。南米ではカバールが有力な足場を得つつあるようです。この状況について何かご存知ですか?

 

 

 

コブラ:この状況について知らされていません。次回にまた聞いてくれれば、答えられるようにチェックしておきます。

 

 

 

 

 

Brexit

 

 

 

リチャード:623日のBrexitの投票について何か意見がありますか?

 

 

 

コブラ:どうなるか見ておく必要がありますね。カバールは大抵いつも投票プロセスに干渉しますので。今回もほぼそうなりそうです。

 

 

 

リン:彼らはEUからの脱退に票を入れると思いますか、それとも留まる方でしょうか?

 

 

 

コブラ:人々はEUからの脱退に投票する公算が大きいですが、尊重されないでしょうね。

 

 

 

 

 

〇ハイアラーキー

 

 

 

リン:金星のハイアラーキー(サナトクマラと他のクマラたち)と、アセンデッド・マスターからなる地球ハイアラーキーは、地球解放とイベントにおいてどんな役割を果たすのでしょうか?

 

 

 

コブラ:彼らは自分たちのエネルギーで支援しています。彼らは気運を高め、人々をインスパイアしています。彼らはまた、多くのことが起こらないように防いでいます。さもなければ、突然の大変化となり、地上のバランスが大きく崩れていたでしょう。

 

 

 

 

 

HyperboreanPolarian

 

 

 

リチャード:ビュペルボレオス人とPolarianAdam Kadmom)など内部地球に住んでいる最古の種族を知っていますか?

 

 

 

コブラ:多くの種族がいますが、そのような名前や言い表し方は必ずしも正確ではありません。

 

 

 

 

 

〇宇宙の統合/占星術

 

 

 

リン:最近あなたは、他の宇宙がこの宇宙に統合されたと言いました。それはどういう意味ですか?

 

 

 

コブラ:特定のワームホール、あるいは特異点を通して、他の宇宙がこの宇宙に吸収されたということです。なぜなら、コズミック・プレーン上の意識がそうなるだけ十分高かったからです。

 

 

 

リン:これはいつ起きたのですか?

 

 

 

コブラ:1999年前後です。巨大なコズミック・ポータルが開いて急激な大変化を引き起こしました。その結果、現在、太陽系と地球を解放しているのです。

 

 

 

リン:それでは、これは短期間で起きたのですね?

 

 

 

コブラ:極めて集中的で、極めて速かったです。

 

 

 

リン:それは占星術チャートに影響しませんか?

 

 

 

コブラ:いいえ。西洋の占星術では太陽系の9惑星、そして太陽といくつかの恒星を用いており、他の銀河や他の宇宙などは考慮に入れてないからです。

 

 

 

 

 

〇シーダー(種を播く人)/ガーディアン

 

 

 

リン:シーダーとは何者ですか?

 

 

 

コブラ:これはセントラル種族を言い表しています。その名前は、天の川銀河中の様々な文明の形成を助けているためです。

 

 

 

リチャード:ガーディアンとは何者ですか?

 

 

 

コブラ:同じグループの別の名前です。

 

 

 

 

 

〇天使

 

 

 

リチャード:天使とか天使的存在とは何ですか?

 

 

 

コブラ:天使とか天使的存在とは光の進化の一部です。自分の自由意志が、完全にソースの自由意志と揃っています。彼らの目的は、彼らが行く先々で光を定着させて広めることです。

 

 

 

 

 

〇言語

 

 

 

リン:いつ、誰が、どのように、言語を混ぜこぜにしてしまったのですか?

 

 

 

コブラ:基本的にアトランティス崩壊後に、アルコンが、より多くの分裂を地表に生じさせる目的でそうしました。

 

 

 

 

 

〇私たちの愛を闇の勢力に?

 

 

 

リチャード:私たちは一なるものから来ており、誰もが愛されています。光に転じるのに遅すぎることはありませんよね? (はい)。闇の者たちは、今一番私たちの愛を必要としているのではありませんか? 彼らに私たちの愛を示して与えれば、彼らはそれを感じて光に転じるのではないでしょうか。そのとき彼らの力と知識は、私たち皆にとって、とても役立つのではありませんか?

 

 

 

コブラ:私はこれを信じません。私はそうだとは思いません。現時点で闇の勢力に必要なのは、しっかりとした境界線です。彼らは「ノー」と言われる必要があります。彼らは止めさせられる必要があります。

 

 

 

 

 

〇ヤルダバオト

 

 

 

リチャード:私たちはヤルダバオトに愛を送るべきでしょうか。それとも、ただそれがいなくなることを視覚化すべきでしょうか? 私たちはヤルダバオトを癒やそうとしているのですか、それとも殺そうとしているのですか?

 

 

 

コブラ:一番効果的なのは、ヤルダバオトが変容して一なるものに吸収されるのを視覚化することでしょう。どう始末されるかは、光の勢力にまかせたらどうでしょう。

 

 

 

 

 

〇見えない壁

 

 

 

リン:質問者がこう言っています。「私はいつも『見えない壁』にぶち当たります。私がやり遂げるつもりでいたことをすべて止めさせます。私にはこの壁が見えませんが、そこにあることはわかります。私は同じ経験をしている人に話をしました。私の努力を台無しにする、この『見えない壁』は何ですか?」

 

 

 

コブラ:これがベール・テクノロジーで、詳しいことは私のブログで説明しています。

 

 

 

 

 

〇ダークマター

 

 

 

リン:ダークマターとは正確に何なのですか。どうしてダークと言われているのですか?

 

 

 

コブラ:ダークマターという科学上の概念は、完全に正しいというものではありません。科学者が、こうやって宇宙のミッシングマターを説明しようとしたのです。高次のエネルギーレベルについても、スカラー場についても、完全に理解しないままで。

 

 

 

 

 

〇ディスクロージャーとオバマ大統領

 

 

 

リン:オバマ大統領が、自分の任期が終わる前に地球外生物について情報公開するという記事を読みました。これは、光の勢力が進めている完全なディスクロージャーの一部ですか。それとも、またでっち上げですか?

 

 

 

コブラ:ディスクロージャーのプロセスがどのように起きるか、正確にはまだ決まっていません。なぜなら多くの要素が関わっているからです。オバマ大統領は、その特別なプロセスに関わっているかもしれないし、関わっていないかもしれません。しかしほとんど間違いないことは、彼はそのプロセスのキーパーソンではないということです。

 

 

 

 

 

〇ミラー・シールド

 

 

 

リン:質問です。「私はコブラのプロテクション・プロトコル(ミラー・シールド&ソウルスター・チャクラ・ボルテックス)を数ヵ月間毎日やっています。信頼しているシャーマンによれば、ミラー・シールドは凄いけれども、維持するのにたくさんのエネルギーがいるということです。そうなのですか?」

 

 

 

プロテクション・プロトコル

 

http://2012portal.blogspot.com/2015/01/protection.html

 

 

 

コブラ:このテクニックはドラゴン勢力から教えてもらいました。凄く効果があることは、何回も実証されています。

 

 

 

 

 

〇松果腺

 

 

 

リン:代替ニュースでは松果腺についてよく論じられています。現在、地表の人間はアルコンのマトリックス・テクノロジーの中にいますが、それでも第三の目を活性化させて安全なのですか?

 

 

 

コブラ:内なるガイダンスに強く導かれているなら、安全です。

 

 

 

リチャード:第三の目を活性化するとは、どういう意味ですか?

 

 

 

コブラ:頭の中の中心にある特殊な電磁場を活性化して、高次元に対して開くという意味です。

 

 

 

 

 

〇オーランド銃乱射事件

 

2016612日未明フロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブで発生した事件)

 

 

 

リン:オーランド銃乱射事件を案じているリスナーが、あなたの意見を聞きたいそうです。

 

 

 

コブラ:また気をそらしているのです。あまりにもたくさんのエネルギーがそちらに向かっています。

 

 

 

〇地球からの退避

 

 

 

リン:これからの100年で、地球からの避難というようなことは起きるのですか?

 

 

 

コブラ:現時点では答えないでおくほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

〇聖書

 

 

 

リチャード:あなたのソースによると、誰が聖書を記したのですか?

 

すべて支配のために捏造されたものですか、それとも、神からインスパイアされた真実も入っているのですか?

 

 

 

コブラ:心理的効果を狙い、意図的な方法で古文書を編纂、捏造しました。編纂したのは、コンスタンティヌス(アルコンの一人)の書記官です。コンスタンティヌスの目的は人類を支配することです。全体として、この本は人類にポジティブな影響を与えないような書き方をされています。けれども断片的に、光の勢力にインスパイアされた、非常にポジティブな部分もあります。

 

 

 

リチャード:僅かな真実を残したのは、真実を曖昧にするためのカバールの戦略ですか?

 

 

 

コブラ:その逆です。聖書が編纂された4世紀、聖書の良い部分をすべて省くには、あまりにも強い目覚めが起きていました。とても奇妙なものに思われないために残したのです。

 

 

 

 

 

〇超低周波音

 

 

 

リン:軍部は超低周波音について、そしてそれを武器に応用することも研究してきました。超低周波音に晒されると、恐れ、悲しみ、鬱、不安、吐き気、胸部圧迫感、幻覚の症状が現れます。超低周波音は、人間の可聴限界より下の音波周波数です。ハリウッド映画やTVショーは、サウンドトラックに超低周波音が入っているのでしょうか?

 

 

 

コブラ:残念ながらイエスです。これは新しい技術ではありません。これは数十年間なされてきたことだと思います。それは新しいものではありませんが、1996年、アルコンの侵入以降、超低周波音は強さを増しています。

 

 

 

 

 

Lun-Gom-Pa runners

 

http://www.trailrunnermag.com/people/culture/article/81-the-lung-gom-pa-runners-of-old-tibet/page-2

 

 

 

リン:古代チベットのLun-Gom-Pa runnersに関する質問です。(リンは、3年間洞窟に身を潜めることから始まる、チベット僧の修行方法を段階的に説明する)。彼らは一日に200マイル(約320キロ)も走れるようになるのです。

 

 

 

コブラ:オーケー。その僧たちはアガルタ・ネットワークと繋がりがある、古い伝統を引き継いでいます。

 

 

 

 

 

〇コンファレンスのお知らせ/結びの言葉

 

 

 

コブラ:7月最初の週末にタイのチェンマイで、2週間後に台湾の台北でコンファレンスを行います。どちらも非常に強力なものになるでしょう。なぜなら背後でそのエネルギーが、ある物事をすでに準備しているからです。参加したい方は、私のブログにリンクがあるので、ご登録ください。もちろんどなたも歓迎いたします。

 

 

 

私たちは今、物事が少し張り詰めているような、とても面白い時期に来ています。もうそんなに退屈ではなく、うまくいけば、私たちは間もなく、いくらか面白い変化を目撃するでしょう。皆さんには引き続き完全なティスクロージャーと光の勝利を目指してもらいたいです。

 

 

 

 

(インタビュー終了)

 

しばらく更新を休みます。