2016年

9月

18日

私のインタビュー整理ノート①

~PFCの7月コブラインタビューより~

 

私のインタビュー整理ノート①

 

 

 

2016729PFCコブラインタビューより~

 

 

 

訳者より:825PFCコブラインタビューのトランスクリプトに赤字で次のように書かれていました。Reposting Rules: All Prepare for Change Cobra Interviews must be reposted in their ENTIRETY with all the content included, unedited, complete as they appear on the pages and in the audio files as well.(再掲載ルール:すべてのPFCコブラインタビューは、掲載元ページや音声ファイルと同じように、全内容を編集せずにそのまま完全な形で再掲載すること)。

 

 

 

これを機にPFCのコブラインタビューの掲載は中止し、今後は訳者用の整理ノートをつくることにしました。訳者が取捨選択した情報のみになりますが、必要な方はどうぞお役立てください。

 

 

 

〇マラウイ共和国

 

 

リン:アフリカのマラウイでは、絶望的な状況が進行中です。無宗派の若き巡回牧師二人に、1年以上手紙を書き続けています。彼らが別の村へ戻るのに3年かかります。彼らは、現在の深刻な干ばつについて話してくれました。現在850万人が飢えています。私は二人と良好な関係にあります。

 

 

 

彼らは善良な意図から、人々を助けたいと思っています。今回、私はPFCをお聴きの皆さんに、1食分のお金をprepareforchange. net. に送金くださるよう、お願いします。PayPalPFCに送金するか、下記のアドレスまで送ってください。

 

 

 

この人たちのために、1週間に1食分のお金を寄付していただければと思います。

 

 

 

私の接触者の一人は、彼の家に食糧を求めて毎日来る妊婦を養っていたと言います。もう彼には食べ物がなく、この女性は日曜日に亡くなりました。母親と胎児の二つの命が潰えたのです。私の二人の接触者たちが暮らしている村で、そこの人たちは444人の孤児を世話しています。児童養護施設には小さな農園があり、彼らはその農園の食物を、食べ尽くしてしまいました。食べずに残っていたところも泥棒に荒らされました。泥棒たちはサトウキビ畑を伐採した後、隣家に押し入り、自分のトマトを守ろうとした農夫を殺しました。

 

 

 

いずれイベントも起き、基金も充てられますが、人々は、今、食べなければならないのです。そうしなければ、この国には人がいなくなります。私はこの状況を見るに堪えません。それで、私が彼らにお金を直接送れるよう、皆さんにお願いしているのです。管理事業者にピンハネされることはないでしょう。ウェスタンユニオンの送金手数料だけです。PFCが受け取ったものは何であれ、彼らが受け取ります。もしあなたがPayPalアカウントをお持ちでないなら、どうかいくらかでも寄付をお願いします。送り先です。

 

 

 

Prepare For Change

 

4530 Whittier Blvd

 

Los Angeles, CA USA 90022

 

 

 

小切手か郵便為替をPFCまでご郵送ください。

 

 

 

 

 

〇アルゼンチン

 

 

 

Q:(先月の質問――アルゼンチン国内におけるRTニュース配信打ち切りについての質問――を引き継いで)当局が「公衆送信(public transmission)」を廃止していた件についてのコメントを。

 

 

 

A:残念ながら配信打ち切りは本当だ。アルゼンチンでのカバールの存在感はますます強まっている。その理由の一つは、多くのカバールメンバーが南極への足がかりとしてアルゼンチンに逃れようとしていることだ。カバールは南米を完全に掌握したがっている。そこでの東方連合の影響を弱めたいのだ。これはブレイクスルー前の最終戦の一部に過ぎない。

 

 

 

 

 

John Lenard Walson の宇宙船写真 

 

 

 

QJohn Lenard Walsonが地球軌道上の宇宙船を撮った写真が、http://www.rense.com/general79/wdx.htm に公開されている。国際宇宙ステーションやスペースシャトルも確認できるが、確認できない未知の宇宙船もある。写真についてのコメントを。

 

 

 

A:いくつかはソーラー・ウォーデンの低軌道宇宙船をはっきり写し出している。本物の、秘密宇宙プログラムの低軌道宇宙船写真だ。

 

 

 

 

 

726 ベン・フルフォードニュース

 

 

 

Q:フルフォードニュースによると、ロスチャイルドはドイツ、オーストリア・ハンガリー、ロシアの君主を復活させて第一次世界大戦前に戻そうとしている。ヨーロッパのATM8月か9月にシャットダウンすると、ロイヤル・ファミリーが「救世主」として登場し、君主制の復活と引き替えに大量の不換紙幣と「安全」を人々に提供するらしいが、そうなる可能性はあるか?

 

 

 

A:ノー。それはイエズス会士らが生き延びるためのプランであり、ロスチャイルドはしもべとしてそのプランに従っている。しかしこのようにはならない。

 

 

 

 

 

〇ニースのテロ事件について

 

2016714日の革命記念日に、花火の見物客へ大型トラックが突っ込んだ事件)

 

 

 

この事件はカバールのエンドゲームの一部。カバールは自分たちが負けることを知っており、完敗する前に可能な限り混沌状態を生じさせたがっている。彼らはいまだに偽旗事件を起こすだけの力を持っている。

 

 

 

 

 

Max Spiersの死

 

 

 

QMKウルトラの告発者であるスーパー・ソルジャーMax Spiers716日ポーランドで死亡し、殺された疑いが濃厚だが。

 

 

 

A:知りすぎた多くの人たちと同様、彼も黙らされた。

 

 

 

 

 

〇中国(726日のフルフォードニュースの確認)

 

 

 

Q:ドルが崩壊しないように、中国が何千トンもの金をローンとして米国財務省に与えるために、秘密のコードを教えたのは本当か?

 

 

 

A:ある程度は認められる。

 

 

 

Q:「ワシントンDCの坊やたちはヒラリーを起訴しなければならない」とのことだが?

 

 

 

A:それは認められない。

 

 

 

 

 

〇高次の界層へ送り込む

 

 

 

Q:特定のヒルトンホテルには、アストラルの状態で4次元の会合に人を送り込める部屋があるという。4次元は、より流動性が高いので、そこで訓練が行われていると言われているが、本当か?

 

 

 

A:その情報を裏付けることは出来ないが、世界中にそうした場所は多数あり、特定のブランドホテルに限ったものではない。

 

 

 

光の勢力は、夢見の状態で高次の界層へ移るのを助ける技術をもっている。そこで教育と訓練が行われている。

 

 

 

Q:カバールも同様か?

 

 

 

A:カバールは人々の覚醒時と同様に、睡眠中にも様々なベールのテクノロジーを用いて振動周波数を抑圧して低めている。

 

 

 

 

 

〇高度に進化した魂とテクノロジー

 

 

 

高度に進化した魂たちは、地球や人類を向上させるテクノロジーをリリースするのに相応しい条件が整うのを待っている。それはテレパシーを通じてではなく、物質界にもたらすということである。しかし、まずはカバールが排除されていなければならない。

 

 

 

 

 

〇ヴォイニッチ手稿

 

 

 

ヴォイニッチ手稿は非常に古いもので、高度な知識の一部を明かすコード化されたメッセージをもつ。完全に解読されたことはなく、イベント前の解読は意図されていない。

 

 

 

 

 

〇原油、天然ガス

 

 

 

原油、天然ガスは限られた資源であるが、地球はそれを生産し続けており、未発見のものもかなりある。エネルギー源としては、もっとクリーンで無害のものに変わっていくので、人々が考えているほど重要なものではなくなるだろう。地球の血液システムであり、地殻がエネルギー的に正しく活動するのに必要なので、そこにあるがままに残しておく必要がある。

 

 

 

 

 

〇車

 

 

 

Q:デヴィッド・ウィルコックが車のシリンダーに取り付ける小さな装置について話していた。ドイツが開発したもので、ガソリンが必要なくなるという。このようなものはイベント後すぐに利用できるようになるか?

 

 

 

A:イベント後、それにとても類似したものが配られると思う。数週間もたてば、いともたやすく新しいシリンダーシステムに転換しているかもしれない。

 

 

 

 

 

〇動物

 

 

 

あらゆる動物がスピリチュアルな面をもっており、私たちにとってスピリチュアルな意味をもっている。

 

 

 

 

 

Brexit

 

 

 

Brexit は古いシステム内での政治的動向であり、イベントとは無関係。だからあまり関心を寄せていない。それは誰かが言うような大勝利ではない。もっと意味のある大きな勝利が来つつあり、そのときには即座に結果が出る。

 

 

 

 

 

〇テイデ山

 

(カナリア諸島のテネリフェ島にある、スペイン領内最高峰の火山。3718m

 

 

 

Q:テイデ山にはE.T. が隠れており、彼らは追われているらしいが?

 

 

 

A:そのあたりはアトランティスの一部であったため、多くのエンティティーが今でも存在している。

 

 

 

 

 

〇高緯度地方の空

 

 

 

Q:スウェーデンの雲が変化しており、ここ一ヵ月で大きくなっているようだ。

 

 

 

A:今年は多くの理由から、オーロラや輝く成層圏雲がよく見られる。極北、高緯度地方にいる人たちは、夜空に印象深いものをたくさん見ている。

 

 

 

 

 

〇ヴォルフガング・ショイブレ独財務相

 

 

 

Wolfgang Schäuble はドラコ。イエズス会に従っているだけ。

 

 

 

 

 

〇ルーマニア

 

 

 

Q:ルーマニアのカルパチア山脈にあるエネルギー・ボルテックス、またはポータルを知っているか。この地域の重要性について教えてほしい。

 

 

 

A1万年くらい前に高度な古代文明があり、たくさんのE.T.もいた。そこには巨大な地下複合体があり、“ Transylvania Sunrise” という本に描かれている。そのあたりの地下には大量の金があり、光の勢力はその一部をスピリチュアルなエネルギーをその地域に定着させるのに利用した。

 

 

 

 

 

〇ナチス

 

 

 

Q:ナチスのリーズ(「プロジェクト・リーズ」Project Riese19431945年にナチスがポーランドのオウル山脈に建設した巨大な地下施設。riese “giant” のドイツ語)は宇宙船を造るのに利用されたか?

 

 

 

A:ナチスの秘密の宇宙プログラムの一部だった。ナチスの核爆弾も開発していた。

 

 

 

Q:マリア・オルシックなどの “ Vril girls” で、アガルタ文明から来て第二次世界大戦中にナチスを助けていた者はいたか?

 

 

 

A:アガルタのネットワークではなく、アジアの地下の派閥――ドラコの一部――から来たものがいる。ハウスフォーファーの接触を受けてドイツに来た。

 

 

 

 

 

〇アイルランド

 

 

 

Q:アイルランドはアトランティスの一部だったのか?

 

 

 

A:もちろん、そうだ。

 

 

 

Q:アイルランド人は、アトランティス人の末裔としての遺伝的形質をもっているのか?

 

 

 

A:この惑星の多くの種族がアトランティス人の遺伝子構造を部分的にもっている。アイルランドの人々はアトランティスから多くのスピリチュアルな遺産を受け継いでおり、彼らのなかにはそのことをよく承知している人がいる。

 

 

 

 

 

〇フィンランド

 

 

 

Q:フィンランドの人々から自然やエレメンタルな生き物について報告がくるが、フィンランドの波動が上がっているためか?

 

 

 

A:そうだ。世界中の波動が上がっていることを示している。

 

 

 

 

 

〇中東

 

 

 

カバールは人々を奴隷にしておくために、地球を延々と不安定で戦争の絶えない場所にしたいと思っている。中東は6070年間、いつでもその目的で利用できるように形作られている。イスラエルはまさにその地域を分裂させるために建国された。

 

 

 

イベント後、クルド人も自分の国をもつだろうが、国境による区分けは現在のように強いものではなくなる。すべてのnations(民族、国)は独立して主権をもちながらも、独立したstates(法律的・理論的な意味での統一体としての国家)をもたなくなる。むしろ意識が一つにまとまり、国境がなくなる。

 

 

 

Q:イラン、シリア、イラク、レバノン、ロシアが、ハザリアンが資金提供しているテロリストを打ち負かした後、イスラエルは所業のつけを払わせられるのか?

 

 

 

A:そのようにはならない。この紛争を煽ったイスラエルに限らず、ネガティブな派閥はどの国にもいる。イベント時、特定の人たちが排除されると、その地域は地政学的な全体像が変化する。これは必然性もないのに人為的に引き起こされた紛争だ。イスラエルだけでなく、あらゆる国のネガティブな派閥が人為的にこしらえたものである。

 

 

 

 

 

〇トルコのクーデター

 

 

 

・トルコ軍のポジティブ派が引き起こしたクーデターは、情報不足のためにきちんとした作戦を立てられなかったので失敗した。

 

・エルドアンが一斉検挙した大勢の人々の行く末に関して重要なことは、代替メディアが可能な限りたくさんのレポートを行い、人々の関心を高めることだ。それによって防げるものもある。

 

・クーデター指導者のヘリコプターを撃墜したF16の部隊は米軍のネガティブ派で、イエズス会の指揮下にある。

 

・クーデター直前に、ロシアがエルドアンに警告したとの情報は、確認できなかった。

 

・現在、トルコの状況を和らげるために、ある措置が講じられている。

 

 

 

 

 

USA

 

 

 

Q:ロングアイランド、ブルックヘブン研究所に関して、進展はあったか?

 

 

 

A:そこでの状況は直接トップレット爆弾に結びついているため、あまり進展していない。

 

 

 

Q:カリフォルニア州のスタンフォード大学にも粒子加速器(”SLAC” スタンフォード線形加速器センター)があるが、やはり地球上のプラズマを操作しているのか?

 

 

 

A:そうしようとしているが、強さが足りない。

 

 

 

QCERNの大型ハドロン衝突機でタイム・ジャンピングに関する秘密の実験は為されたのか?

 

 

 

A:それについては同意しない。代替メディアで述べられているようなやり方で、時間を操作することはできない。

 

 

 

Q:あなたは、セドナが重要なエネルギー・ボルテックスだと言っていたが、どんな重要性をもっているのか?

 

 

 

A:イベント後、ファーストコンタクトの主要コンタクトゾーンの一つになる。

 

 

 

 

 

〇大西洋を航海した古代文化

 

 

 

Q:バイキングの他に大西洋を横断できた古代文化には何があるか?

 

 

 

A:古代エジプト人、フェニキア人、古代ギリシャ人も大洋を渡ることができた。大洋の反対側に遺物があることがそれを証明している。古代エジプトの遺物が米国に、ギリシャのコインがブラジルに、フェニキアグラスが南米にある。

 

 

 

Q:エジプトの遺物がグランドキャニオンで見つかったのは本当か?

 

 

 

A:本当だが、エジプトから来た地下離脱文明グループのものもある。彼らは実際に大洋を横断し、グランドキャニオンのトンネルシステムを見つけて地下に潜った。

 

 

 

 

 

Tao (老子哲学での「道」)

 

 

 

この哲学は、地球上にある清らかなスピリチュアル体系の一つであり、数千年前に他の恒星系から来たスター・ピープルがつくったものだ。アガルタのネットワークもかなりこれを助けた。たくさんの知恵がつまっている。

 

 

 

 

 

〇ドラゴンファミリー

 

 

 

Q:台湾には多くのドラゴンファミリーがいるということだが、彼らは西洋人を嫌悪しているか?

 

 

 

A:私の言及するドラゴンファミリーの多くは西洋に知られていない。私が接触している人たちは西洋に対し何の判断も下さない。西洋人を特定の見方で見るようなことはしない。彼らはただ地球解放というゴールに向けて地球上のみんなと団結したいと思っている。

 

 

 

 

 

〇カバールの南極基地への逃亡

 

 

 

Q:カバールの、最近の南極基地逃亡について何か知っているか?

 

 

 

A:逃亡を試みているが、それは罠だ。だから彼らは自ら罠に飛び込んでいる。実際にこの時点でそこに居住している者もいるが、彼らはそこがもはや安全でないことに気付いていない。

 

 

 

Q:ほとんどのカバールが、イスラエルとニュージーランドにいると言われているが?

 

 

 

A:それには同意しない。カバールのほとんどは、もとの場所いる。彼らは数ヵ月前、数年前にいた場所にまだいる。

 

 

 

Q:あなたの最新記事では、カバールとの交渉が続行中であるという。コーリーは最新インタビュー(コズミック・ディスクロージャー シーズン5エピソード8)で、銀河パルスを避けるために南極の地下基地に向かっているカバールの派閥があると言っていた。この派閥はどうなるのか?

 

 

 

A:ときを見計らってRMが、この派閥を一網打尽にする。

 

 

 

Q:銀河パルスやイベントの後でも、彼らはまだ対処すべき問題なのか?

 

 

 

A:彼らはまったく問題でなくなる。光の勢力側に転じた者は、ある調整プロセスを経る。彼らは自分たちの犯罪の責任を取らねばならず、そのときには社会に復帰する。光側に加わることを拒む者はセントラルサンに連れて行かれる。

 

 

 

 

 

〇ハイパーインフレ

 

 

 

ハイパーインフレが起きる可能性のある国はあるが、米国での、そして世界的現象としてのハイパーインフレはないだろう。

 

 

 

 

 

Dr. Ray C.DamInternational Treasury Control代表)

 

 

 

QDr. Ray C. Damは国際資金の管理者か?

 

 

 

A:多くの人たちが、このオカルト財政構造において自分が特定の座にあると主張する。だが、オカルト財政システムにおける真の権力者たちはイベント時にのみ明らかにされる。

 

 

 

Q:彼は世界の金の正当な管理者か?

 

 

 

A:誰も、あるいはどの団体も世界の金の正当な管理権をもっていない。金は人類のものだ。

 

 

 

Q:金融リセットのときに、彼はどんな役割を果たすか?

 

 

 

A:様々な組織や団体に属している多くの人たちは、顧問役となるだろう。

 

他の団体、立場の人たちと協力する限りにおいてだが。

 

 

 

 

 

〇通貨を使用しない社会

 

 

 

Q:現在の金融システムが通貨を使用しない完全な慈善的システムに置き換わるのに、イベント後どれくらいかかるのか?

 

 

 

A:どこでも数ヵ月から数年だろう。イベント後、人類はすべての情報と可能な限りのサポートを得るので、移行に長く時間はかからない。

 

 

 

 

 

〇木星探査機ジュノー

 

 

 

QNASAのジュノーが木星軌道に入っている。木星の月には、私たちを援助してくれる存在がいると言っていたが、木星やジュピター・コマンドに関して現況を教えてほしい。

 

 

 

A:状況は同じ。彼らはまだ作戦を展開中だ。状況がよくなったら報告する。

 

ここで興味深いことはジュノーからの写真が出ず、ほとんどニュースになっていないことだ。

 

 

 

Q:本当に写真がないのか、それとも私たちに見せないのか?

 

 

 

A:私たちに見せないのだ。

 

 

 

 

 

78日の完全ディスクロージャー

 

 

 

Q:地球のいくつかのグループが201678日を完全ディスクロージャーの日と定めたが、進展具合は?

 

 

 

A:その日に瞑想していた人たちがいて、もちろん助けにはなったが、意味のある進展を得られるだけの調和的努力はなされなかった。

 

 

 

Q:もう少し力が必要か?

 

 

 

A:もっと、かなり必要だ。

 

 

 

 

 

〇巨大なコロナホール

 

 

Q7月、NASAの太陽観測衛星が巨大な「太陽の穴」を新たに観測した。

 

 

 

A:増大した銀河エネルギーに太陽が反応したものだ。このようなものはすべて(セントラルサンや太陽の)「くしゃみ」が近いことを示している。

 

 

 

 

 

〇プラネットX

 

 

 

Q:プラネットXの太陽軌道は独特だと言っていたが、今地球とどれくらい離れているのか?

 

 

 

A100億㎞以上離れているので、地球に近くない。 

 

(地球から冥王星までの距離は429150万〜722350km名古屋市科学館より)。

 

 

 

Q:プラネットXはどんな種類のエネルギーをもっているのか?

 

 

 

A:自由解放のエネルギー。

 

 

 

Q:プラネットXが秘密にされていたところからして、重要な惑星のようだが、地球上の私たちと太陽系にとってどんな重要性をもっているのか? どうして秘密にされていたのか?

 

 

 

A:プラネットXは太陽系の中でも最重要地の一つだ。プラネットXの人たちは何度も地球上の状況を救ってくれた。カバールはそのことを人々に知られたくないため、秘密にしてきた。

 

 

 

 

 

〇天使

 

 

 

Q:なぜ天使は羽が生えているように描かれているのか?

 

 

 

A:羽によく似た構造をエネルギー体にもっているから。

 

 

 

Q:物質的というよりは、エネルギー的なものなのか? (イエス)。

 

  天使は「天使的な存在」か、それとも「アセンデッド・マスター」や、別の何かか?

 

 

 

A:天使は天使的な存在で、この宇宙でとても強く進化に関わる勢力の一つだ。

 

 

 

Q:天使は宇宙船で行き来するE.Tか?

 

 

 

A:彼らは宇宙船で暮らしているのではなく、高次元のエネルギー・フィールドに生きている。

 

 

 

(インタビュー終了)

 

 

 

PFCへの寄付:http://prepareforchange.net

 

・質問:http://prepareforchange.net/cobra-questions/

 

・ボランティア希望者:Prepare for Change Volunteers

 

・イベント・サポートグループ:Event Support Groups

 

・人道的プロジェクトを立ち上げたい人:Humanitarian Projects Funding Program