私のインタビュー整理ノート③

~PFCの8月コブラインタビューより~

 

 

私のインタビュー整理ノート③

 

 

 

2016825PFCのコブラインタビューより~

 

(抜粋要約しています)

 

 

 

〇マラウイ共和国/Nova Gaia Foundation

 

 

 

リン:(飢えに苦しむ)マラウイへの寄付に応じてくださった人たちにお礼申し上げます。マラウイの人々は皆さんに感謝の祈りを捧げています! 

 

 

 

飢え死にしているのは、マラウイの人たちだけではないことを十分に承知しています。私はマラウイとの繋がりがあったため、この人たちを助けることに携わっています。私たちは、世界が良い方向へ大きく変化するのを待って、待って、待っていますが、待ったなしの問題があるのです。私たちができることをするかどうかにかかっています。世界を変えるのは私たちです!

 

 

 

マラウイの人たちは、自給自足できるようになるために必要なものを得なければなりません。私は、友人だったBuzz の遺志を引き継いで、マラウイの人々を21世紀――新しいテクノロジーを利用でき、彼らの土地が与えてくれるものの恩恵に与る21世紀――に連れて行くお手伝いをします。

 

water, permaculture, land and animal farming, technology, communication, transportation, construction and healthcareの専門家を必要としています。どなたか協力してくれる人はいませんか。

 

 

 

PFC.net にはNova GaiaFoundation があり、すでに開始したプロジェクトの内容が出ています。人々のためになる良いアイデアをもちながらも、金策面でどうしていいか分からない人はいませんか? どうぞあなたのアイデアをお寄せください。当然のことながら基金は、浄水、食料、すまい、マザーアースへのケアなど、基本的ニーズをカバーするものが優先します。

 

 

 

この基金の適用が開始されるまでは、引き続き ‘Feed Malawi Project’ へのご支援をお願いします。あなたは1日に1食さえないなんて想像できますか? 食物がないまま使えるエネルギーはどれほどでしょう。

 

 

 

今後、PFCの寄付はfor PFCFeed Malawi Fundへの寄付は for Malawiと支払い内容を明記し、支払先を’Prepare For Change’ と記入した小切手を下記へ送ってくださるようお願いします。

 

 

 

4530 Whittier Blvd, Los Angeles, CA 90022,

 

 

 

 

 

〇マントラ/ヤントラ/サンスクリット語

 

 

 

・マントラとは、特定のエネルギー的、心理的効果を及ぼす力を持った、特定の語である。

 

・ヤントラは同じ効果をもつ神聖幾何学のシンボル。幾何学の共鳴を通して高次元の振動周波数に影響を与え、持続的な効果を創り出す。

 

 

 

Q:テルグ語やサンスクリット語は、発音したとき、なぜエネルギーが来たり行ったりするのを感じるのか?

 

 

 

A:古代のアトランティス語に源をもつ言語がある。そのような言語の多くの言葉は、実際はただの言葉ではなく、バイブレーションであり、特定の効果を生じさせるマントラだった。特にサンスクリット語には、古いアトランティス語を基にした、短いマントラを組み合わせた言葉がある。

 

 

 

 

 

〇神聖幾何学

 

 

 

神聖幾何学の目的は宇宙に調和を顕現させること。

 

 

 

 

 

〇クンダリーニ

 

 

 

Q:ポジティブなシナリオを頭の中に描いて瞑想していたとき、クンダリーニが目覚めたらしい。私は、その後15分で膝と喘息を治し、体の痛みのほとんどが消えた。その後の6ヵ月で体の痛みがすべてなくなり、ハイヤーセルフと繋がって大量の知識が内側に表れ始めた。気が狂うかと思ったが、ハイヤーセルフが知識を理解できるように助けてくれたので、乗り越えられた。クンダリーニが目覚めた人のなかには、ひどく嫌な気分になり、気が狂いそうになった人もいる。何が原因でそうなるのか? このプロセスをもっと楽にするにはどうすればよいか?

 

 

 

A:クンダリーニが昇ってくる中央の経路が、ある程度開いているときにクンダリーニの目覚めが起きる。適切な方法で目覚めれば、あなたの言うようなポジティブな効果だけを得られるが、クンダリーニが障害物にぶつかってクンダリーニ・エネルギーの流れが止められると、極めて強烈な心理的問題を引き起こし、ときには身体的な問題にも繋がってしまう。従って、それは適切になされなければならない。クンダリーニが適切に活性化するのを助ける訓練や技法がある。

 

 

 

 

 

〇思考

 

 

 

Q:自分の思考をコントロールするにはどうしたらいいか?

 

 

 

A:思考をコントロールする必要はない。思考をコントロールすることに何の意義も見出せない。

 

 

 

Q:アルコンは私たちにネガティブな思考を送っているのか?

 

 

 

A:ネガティブなメンタルイメージとネガティブな思考を送るテクノロジーを使っているが、メンタル界ではなく、ほとんどがエーテル界、プラズマ界でのことだ。

 

 

 

Q:これを止めるために私たちにできることはあるか?

 

 

 

A:できるだけ自分自身でものを考え、マスメディアに触れる時間をあまり長くしないことだ。

 

 

 

Q:このような存在から見られないようにするにはどうしたらよいか。銀河連合に、頼めばよいのか?

 

 

 

A:それも可能だが、彼らの届かないところまで自分の振動周波数を上げれば見られない。

 

 

 

 

 

〇ネガティブな存在が来たら

 

 

 

Q:人々に話しかけてネガティブなガイダンスを与える魂やデーモンをどうやって排除すればよいか?

 

 

 

A:彼らにくっついてやり取りする必要はない。彼らが来たら去るように言えばよい。肉体をもつ人に対しても、それは同じ。自分の仲間は自分で選ぶ。

 

 

 

 

 

〇魂

 

 

 

Q:魂は目から出入りしているというのは本当か?

 

 

 

A:体にある多くの穴、多くのチャクラを通って出入りする。目は魂の窓で、魂にとって多くの穴の一つ。

 

 

 

Q:魂が身体に住んでいるのか、身体が魂に住んでいるのか?

 

 

 

A:魂は身体に転生している。と言うか、その本質の一部を身体に投影している。

 

 

 

Q:魂をつかまえるマシンはあるか?

 

 

 

A:ある。闇の勢力が、強力な磁場とプラズマ・スカラー波を用いて利用していたテクノロジーがある。魂を捕捉して肉体に押し込むテクノロジーだ。1996年から地下基地でたくさん行われていた。

 

 

 

Q1999年に地球のほとんどの魂がアストラル界からプレアデスの惑星に避難したと言ったが、その後、そして現在亡くなった人の魂はどこに行くか?

 

 

 

A:プレアデスには行かずにプラズマ・トンネルを抜けてエーテル界やアストラル界に出る。そして地球の周りで過ごす。

 

 

 

Q:彼らのいるところは安全か?

 

 

 

A:安全だったり、安全でなかったりする。プラズマ界、エーテル界、アストラル界の一部はまだ安全な場所ではない。

 

 

 

 

 

144,000

 

 

 

Q:ウィークリー・イベント瞑想を行う人が144,000人に達すると、世界の状況がどうであってもイベントが起きるのか?

 

 

 

A:それが即座にイベントを引き起こすわけではないが、急激に加速する。ずっとずっと楽なありかたでイベントが起きる。

 

 

 

Q144,000という数にどんな意味があるのか?

 

 

 

A:現在の地上の人口にふさわしい数だ。約7080億の人口でクリティカル・マスとなる数は120,000前後。全員が瞑想しないことを仮定して、144,000という数は、クリティカル・マスを表すのに丁度いいシンボル数だ。

 

 

 

Q144,000人は星の教団とも関係があるということだが、自分がその一部でありながら、それを知らない可能性はあるか?

 

 

 

A:もちろんある。

 

 

 

 

 

〇地球の中心はスターゲイト

 

 

 

Q:圧縮突破に関して、地球の中心から来るエネルギーとは何か?

 

 

 

A:地球の中心はスターゲイトで、このスターゲイトは銀河のパルスで起動する。そしてそのスターゲイトからのエネルギーが地表に達する。しかし、圧縮突破とはそれだけではない。地下からの光の勢力と、空からの星の兄弟姉妹が到達する。

 

 

 

Q:地球の中心からのエネルギーは、ギャラクティック・スーパー・ウェーブとは違うのか?

 

 

 

A:ギャラクティック・スーパー・ウェーブのエネルギーがフィルターにかけられ、地球中に分配されるようなものだ。

 

 

 

 

 

〇男女間の争い

 

 

 

Q:イベント後、男女間の関係はよくなるか?

 

 

 

A:急激によくなる。イベント後アルコンは排除されて干渉できなくなる。争いやドラマは消え、真の愛が再び見出される。

 

 

 

Q:それまでに私たちにできることは?

 

 

 

A:人々が争い合うのをやめて、その争いがアルコンのテクノロジーによって仕組まれ、大きくなったことを認識し、互いに支え合うこと。言うは易く行うは難しだが、実生活で行ってみればとても効果がある。

 

 

 

 

 

〇非物質界とのコミュニケーション

 

 

 

Q:私たちは愛する人たちとまた会えるか? 彼らは肉体の姿で現れるのか?

 

 

 

A:イベント後しばらくたてば、物質界と非物質界とでコミュニケーションできるテクノロジーがあるだろう。

 

 

 

 

 

〇次元/振動周波数

 

 

 

Q:周波数によって密度レベルは決まるのか?

 

 

 

A:スピリットと物質の関係で決まる。スピリット-物質間の関係性の振動周波数が、密度や次元を決める。

 

 

 

Q:どのようにして誰かの振動周波数を測るのか?

 

 

 

A:現在の科学ではまだ測れないが、振動周波数はスピリットと物質間の相互作用の量で決まる。

 

 

 

Q:次元を説明するのにわかりやすい言い方はあるか?

 

 

 

A:できるだけ簡単に言うと、3次元-物質界、4次元-プラズマ/エーテル/アストラル界、5次元-高次のメンタル界、6次元-ソウル界。当然、さらに高い次元がある。

 

 

 

Q:レプタリアンとプレアディアンは、私たちとは違う密度にいるのか?

 

 

 

A:プレアディアンは物質界に現れるか、高次の界層にいる。レプタリアンも同じだが、振動周波数が違う。無論、プレアディアンのほうが、ずっと高度に進化している。

 

 

 

Q:闇のエンティティー、闇の存在は、いまでも4次元にいるのか?

 

 

 

A:イエス。

 

 

 

Q:どれくらい排除されたのか?

 

 

 

A:プラズマ/エーテル/アストラル界の状況はかなり良くなっている。特に7月以降のブレイクスルーにより、ある量の光がこれらの界層を直接貫くようになり、ネガティブ存在の数が激減している。

 

 

 

 

 

〇魂の重さ/魂の次元

 

 

 

Q:魂の重さは21グラムと聞いているが、魂は何からできているのか?

 

 

 

A:それは魂ではなく、プラズマ体、エーテル体の重さだ。他にも実験が行われたが、ほとんどの場合、数グラムだ。

 

 

 

Q:死ぬと魂は肉体のまわりにとどまるのか?

 

 

 

A:しばらく肉体のまわりにいることもあるが、肉体への執着が弱まれば自由になって高次の界層に行ける。

 

 

 

Q:魂は何次元に存在しているのか?

 

 

 

 

 

A:6次元、もしくは第6密度が魂の存在している振動周波数の領域だ。

 

 

 

 

 

〇セントラル種族

 

 

 

Q:セントラル種族は直接キメラグループの掃討を助けているのか。地球解放に関して、彼らは何をしているのか?

 

 

 

A:そのプロセスを直に猛烈に支援してくれている。

 

 

 

Q:ウィングメーカーやコーリーの言う青い鳥族は同じグループか?

 

 

 

A:どちらもセントラル種族を個人的な観点から解釈して呼んでいるものだ。

 

 

 

 

 

〇アガルタ人とのコミュニケーション

 

 

 

Q:私たちは、アガルタ人など内部地球の存在たちとどのようにコミュニケーションを取り始めるのか?

 

 

 

A:これについては近いうちに特定のプロトコルを公表する。

 

 

 

Q:内部地球のアガルタ・ネットワークは常に銀河連合と接触を保ってきたのか?

 

 

 

A:ある派閥はそうだし、ある派閥は違う。

 

 

 

 

 

〇大天使メタトロン

 

 

 

Q:大天使メタトロンは144次元にいるのか?

 

 

 

A:それは認められない。彼は銀河の、このセクターを守っており、初期異常の変容プロセスを監視している。

 

 

 

 

 

〇アルコンのリーダー

 

 

 

Q:あなたの2012510日の記事では、アルコンのリーダーが55日に逮捕されて光側に転じ、地球の解放プロセスを支援しているということだった。その後2012615日の記事には、彼は銀河のセントラルサンに連れて行かれたとある。現在彼はどうなっているのか?

 

 

 

A:彼は短期間光の勢力を支援していたが、自分が過去に行ったことを認識すると、自ら銀河のセントラルサンで消滅することを欲し、彼の望みは聞き入れられた。だから彼はどこにも存在しない。それも知らずにそのエンティティーを崇拝しているカバールの派閥がある。

 

 

 

Q2014612日の記事では、現在のアルコンリーダーはローマの近くに住んでいるということだったが。

 

 

 

A:その人物はもうローマに住んでいない。私に言えることはそれだけだ。その人物は他へ移り、ほとんど力を失っている。

 

 

 

 

 

〇ヤルダバオト

 

 

 

Q:ヤルダバオトのDNAはタコに関係しているのか?

 

 

 

A:それは物理的な生物ではなく、DNAを必要としない。それはプラズマのエネルギー存在だ。

 

 

 

Q:別の惑星系からきたのか?

 

 

 

A:アンドロメダ銀河からオリオンを経て太陽系に来た。

 

 

 

Q:ヤルダバオトはある種のリーダーか?

 

 

 

A:堕天使の一人で、アルコンのリーダーだ。ある意味で彼がアルコンを支配している。なぜなら、彼が大きな割合で太陽系のプラズマを操作しているからだ。

 

 

 

Q:それは消滅しつつあるのか?

 

 

 

A:そのエンティティーのプラズマ体はゆっくりと分解している、というか、光の勢力の進展にともなって純粋な光に変容されつつある。

 

 

 

 

 

〇超低周波音から身を守るには

 

 

 

ときには引っ越すしかない場合もあるが、それが無理なら、あなたの振動周波数を上げるものがすべて役に立つ。水は天然のシールドなので、水の中で泳ぐことはとても助けになる。

 

 

 

 

 

〇亜塩素酸ナトリウム

 

 

 

Q:亜塩素酸ナトリウムを組み合わせることで、多くの病気をなくせるという研究発表があった。亜塩素酸ナトリウムについて教えてほしい。

 

 

 

A:これは、役に立つ多くの天然化学物質の一つだ。いろんな物質について、多くの人がいろんなことを言うが、要はバランスが大切。このようなものに関しては、使いすぎも、控えすぎもよくない。自分の内側のガイダンスをあてにすること。

 

 

 

 

 

〇ワクチンの解毒

 

 

 

Q:ワクチン接種によるダメージをなくすのに役に立つ方法は?

 

 

 

A:この質問にはすでに答えているので、もう一度簡単に答える。解毒用のプロトコルがあり、ワクチンの有害な副作用から身体を効果的に浄化する。それらのプロトコルは調べれば見つかる。

 

 

 

 

 

〇プレアディアンのエリクサー

 

 

 

Q20158月にエリクサーについて書いていたが、プレアディアンのエリクサーについて教えてほしい。

 

 

 

A:プレアディアンのエリクサーは不老不死の薬ではない。日々の糧として、若さと肉体維持に必要なエネルギーを与える。

 

 

 

 

 

〇ヒーリング・テクニック

 

 

 

Q:レイキは本当にヒーリングに効くのか?

 

 

 

A:そうだが、もっと進んだ効果的な方法が、現在の地球上にはある。

 

 

 

Q:レイキよりも効くヒーリング・テクニックをあげてもらえるか?

 

 

 

A:知っているが、名前をあげないように指示されている。人々は自分で調べる必要がある。

 

 

 

 

 

〇イベント後の自然治癒

 

 

 

Q:イベントの最中や後で、自然治癒が起きるか?

 

 

 

A:自然治癒することもあり得る。

 

 

 

QDNAにはエーテル体、アストラル体、メンタル体などのエネルギー体を機能させる指示が埋め込まれているのか?

 

 

 

A:特に人々が誤って「ジャンク」DNAと呼ぶ部分は、そのような機能を中にもっている。

 

 

 

 

 

〇ボブ・ディラン

 

 

 

Q:ポール・マッカートニーはクローンに入れ替わっていないということだったが、ボブ・ディランは?

 

 

 

A:セレブのクローン説は、ほとんどの場合噂にすぎない。

 

 

 

 

 

〇ピタゴリアン・イルミナティー

 

 

 

Q:古い世界秩序に対抗して光のために戦った秘密結社、ピタゴリアン・イルミナティーについて教えてほしい。

 

 

 

A:これは際どい話題だ。その名前をもつグループは二つあり、一つは非常にポジティブで、もう一つはあまりポジティブではない。2000年くらい前に分裂したグループだ。ポジティブな方は、実際に光のために働いている。その派閥のメンバーは特定の人々――ここ数百年の西洋社会において特定の地位にいた人々――に霊感を与え、ポジティブな変化を引き起こしてきた。そのグループはいまだに表に出てこない。脚光を浴びないようにしながら、ポジティブなテンプル・グループや、グノーシスの教えを伝えられている他のポジティブなグループに協力している。

 

 

 

Q:この結社はピタゴラスが創始者か?

 

 

 

A:そうだ。彼の死後、分裂した。

 

 

 

Q:彼らは本当に米、仏、露の三つの革命をコーディネートしたのか?

 

 

 

A:それらの革命には多くの要因があったので、微妙なところだ。彼らはアメリカ革命(独立戦争)の背後にいた。フランス革命の背後にはある程度いた。ロシア革命の背後には、まったくいなかった。

 

 

 

 

 

〇ビュペルボレオス人(Hyperborean

 

 

 

ビュペルボレオス人はレムリアとアトランティス時代の前にエーテル界に存在していた謎の種族

 

 

 

 

 

〇シュメール神話

 

 

 

シュメール神話は、当時の出来事とは一切関係性がなくなるほど、歪曲され、プログラミングがなされている。当時はポジティブ、ネガティブどちらのE.T.も大勢おり、現在の合衆国と同じくルツボのようであった。あまりにもたくさんの利益集団が絡んでいたため、当時起きていることの全体像を明確につかんでいた人は誰もいなかった。

 

 

 

 

 

〇ホピの予言

 

 

 

Q:ホピの予言に出てくる赤、黄、黒、白の4色の種族について教えてほしい。

 

 

 

A:基本的にホピの予言はイベントについて語っていたものだ。ホピ族の一派閥は、ずっと昔に地下に潜ってアガルタ・ネットワークに加わった。別の派閥が地下から出てきてホピの国が形成された。歴史をずっと遡ると、彼らはシリウスとプレアデスから来ている。彼らの予言は、特に今の時代について言っている。地表の主な4種族について、そして来たる変化やイベントでの彼らの役割について語っている。

 

 

 

Q:情報はどこから得たのか?

 

 

 

A:遙か昔の集合記憶から来ている。彼らはプレアデスとシリウスの恒星系から来たため、そことスピリチュアルな強い結びつきがあり、何が進行しているかを理解している。

 

 

 

 

 

〇ゼロポイント・エネルギー装置

 

 

 

QThomas E. Bearden John Bedini がつくったゼロポイント・エネルギー装置について話してほしい。

 

 

 

A:彼らは何らかの装置をつくったが、(彼らの装置に限らず)量産に入れるような装置が機能しているのを見たことがない。

 

 

 

 

 

〇ベーシック・インカム

 

 

 

Q:スイス国民は投票でベーシック・インカムを拒否した。不正操作されたのか?

 

 

 

A:直接、不正は行われていないが、スイス国民はノーに投票するように、スイスのメディアに随分操られた。スイス国民のかなりの割合の人が極めて従順だと思う。彼らは、メディアを通して裏で糸を引いている者に従い、ノーに投票した。

 

 

 

 

 

〇資源に基づく経済

 

 

 

Q:私たちが最も早く資源に基づく経済に移行する方法は何か?

 

 

 

A:イベントだ。それはイベントと強く関係している。古いシステムでは、イベント前のリソース・ベースの経済はあり得ない。相容れないのだ。

 

 

 

QBRICSは、国の資源で通貨を裏付けようとしているのではないか?

 

 

 

A:彼らはそうしようとしているのではなく、そうしている。そして積極的にイベントに備えている。

 

 

 

 

 

〇請願署名

 

 

 

請願運動への署名は、問題を一般市民の意識に上らせる。一般市民に十分な理解が広まれば、変化が起きる。

 

 

 

 

 

Chinese tektite

 

 

 

Chinese tektite 100万年前より少し後に地球に落ちたテクタイトのグループの一つ。オリオンのスターゲイトと繋がっており をワンネス変容させる。自分の内側の恐れと影に直面して変容させる用意ができている人なら、その石は助けとなる。

 

 

 

 

 

〇中国のボルテックス

 

 

 

中国にはたくさんのエネルギー・ボルテックスがあるが、まだ場所は言わない。

 

 

 

 

 

〇日本人

 

 

 

特定のパーセンテージの日本人は、エイリアンのDNAを強くもっていると思う。日本の天皇は、自分たちが他の恒星系から来たと信じている。多くの国のリーダーや人々は、エイリアンのDNAをもっている。1%弱の人は人間ではなく、他の恒星系から来た。

 

 

 

 

 

〇エジプト

 

 

 

エジプトには、他の国と同様に良い派閥とネガティブな派閥があるが、先のエジプト革命後の数年で良い派閥が多大な力を得た。ここ数年でネガティブな要素はほとんど排除された。

 

 

 

 

 

〇雲

 

 

 

Q:地平線や青空に、新しい種類の雲――ふんわりした一片の白雲――が目に付くようになった。それは天使の存在か、雲なのか?

 

 

 

A:雲だが、高次の界層の浄化を反映している。プラズマ界がきれいになると、雲にもその変化が反映されて、より繊細で美しい形になる。

 

 

 

 

 

P-L-U-M

 

 

 

Q:台湾のアセンション・コンファレンス・レポートに出てくるP-L-U-Mの意味は?

 

 

 

A:地球解放のプロセスにおいて特定の役目をもつグループがある。表の世界で語られることの無いポジティブなグループがたくさんあり、そのうちの一つだ。

 

 

 

 

 

〇降伏交渉

 

 

 

Q:ロスチャイルドは降伏交渉しているが、イエズス会や黒い貴族家の中にも、降伏交渉をしているグループはあるか?

 

 

 

A:現時点(2016825日)では、彼らは交渉していない。彼らがしているのは操作であり、現時点でこれを交渉とは呼びたくない。彼らは、降伏のプロセスにはまだついてない。

 

 

 

 

 

〇イベント後の言語

 

 

 

イベント後、言語は最初ゆっくり変化するが、ファーストコンタクト後に、人々は銀河的な視点をもっと理解し、テレパシーを使い始める。だから言語に関してはたくさんの変化が起こる。

 

 

 

 

 

〇ベールとタコ

 

 

 

Q:地上8.6マイル(13.76㎞)上空のベールとプラズマ蛸との関係は?

 

 

 

A:プラズマ蛸は太陽系全体に広がっている。ベールは最も高くて8.6マイルを越えることはない。ベールはプラズマ・テクノロジー、スカラー・テクノロジーが集中している部分であり、多くのテクノロジーはそれより向こうに届かない。

 

 

 

 

 

〇バール神

 

 

 

バールはアルコンで、ある期間非常に影響力をもっていた。人々は彼らを神として崇拝しており、彼らの怒りを鎮めるために動物や人間の生贄を捧げた。

 

 

 

 

 

(インタビュー終了)

 

 

 

 

 

 

 

PFCへの寄付:http://prepareforchange.net

 

 

 

・質問:http://prepareforchange.net/cobra-questions/

 

 

 

・ボランティア希望者:Prepare for Change Volunteers

 

 

 

・イベント・サポートグループ:Event Support Groups

 

 

 

・人道的プロジェクトを立ち上げたい人:Humanitarian Projects Funding Program