私のインタビュー整理ノート④

~9月 Cobra Interview with the Eurasian Teamより~

インタビュアー:Untwine, Patrick Shih

 

 

私のインタビュー整理ノート④

 

 

 

20169Cobra Interview with the Eurasian Teamより~

 

(抜粋要約しています)

 

 

 

〇コンゴ・ポータル

 

 

 

Q:アセンション瞑想の間にコンゴのネガティブなプラズマ・ポータルはうまく閉じたか?

 

 

 

A:アセンション瞑想も助けにはなったが、光の勢力の多大な活躍により、なんとか状況を落ち着かせることが出来た。ポータルを再び活性化するというキメラグループの試みは、成功しなかった。

 

 

 

 

 

〇アセンションの症状/スカラー攻撃

 

 

 

Q:アセンションの症状とスカラー攻撃はどう違うのか?

 

 

 

A:アセンションの症状、もしくは周波数の調整による症状は、あまりネガティブではない。あなたを抑圧しない。

 

 

 

一方、スカラー攻撃は大変不愉快なものである。スカラー攻撃はあなたの身体機能、心拍に影響を及ぼせる。身体に奇妙な感覚を覚えたり、強烈なネガティブな感情や頭痛を引き起こしたりする。これらはスカラー攻撃による症状のほんの一部に過ぎない。

 

 

 

 

 

〇南シナ海の領有権問題

 

 

 

Q:南シナ海の領有権問題には、オカルト的理由があるのか?

 

 

 

A:単に闇の勢力が戦争を生じさせたいだけだ。全体の状況は重大でないと思う。彼らには、そうすることができないのだから。

 

 

 

 

 

〇クメール王国(915世紀)

 

 

 

(カンボジア周辺の)クメール王国にはたくさんの部族がいた。レプタリアン勢力とかなり強く結びついていた部族や、芸術の発展に寄与していた部族がおり、ポジティブとネガティブが混ざった文明だった。クメール王朝の僧と尼僧は女神をチャネリングしていたと思う。

 

 

 

王朝が途絶えた原因はたくさんある。その地域には多くの紛争があったし、カバールのアジェンダ――彼らを地球上から消すこと――をもつ勢力もいた。

 

 

 

 

 

〇銀河高速

 

 

 

Q:以前、アンタレス-アルデバランの軸について話した。しし座のレグルス-フォーマルハウト(みなみのうお座α星)の軸は、銀河系でどんな働きをしているのか?

 

 

 

A:そのような軸は、すべて銀河ボディのプラズマ・フィラメントだ。それは銀河中の超次元トラベルを可能にしている。あなたの言及した二つの軸は、銀河の主要ハイウェイだ。アンタレス-アルデバラン・フィラメントは太陽系近くを通っているため、地球は銀河系の中でこんなにも価値の高い不動産なのだ。

 

 

 

[訳注:アンタレス-アルデバランの軸について。2014930アントワインのコブラインタビューより。それは天の川銀河のこのセクターにおける、進化の主軸です。私たちが銀河のセントラルサンの方向を見ればアンタレス(さそり座の赤星)があります。アンタレスはそちらの方角に進むためのスターゲイトです。逆方向にはアルデバラン・スターゲイトがあります。(アルデバランはおうし座α星)。逆方向に進むためのスターゲイトです。銀河系規模で見れば、それは銀河高速の一つのようなものです。そこを通ってたくさんの文明が、彼らのライトシップを送ってきます。そしてこの軸にそって銀河エネルギーの強い流れがあります。そしてこの銀河の流れが、様々な文明をワンネスへとより一層進化させるのです]

 

 

 

 

 

〇銀河パルスの到着

 

 

 

Q:物質的な銀河パルスが私たちに届く日は定められているのか、それとも遅れる可能性があるのか?

 

 

 

A:すでに遅れている。銀河系は生きている有機体であり、銀河パルスは地球上の意識レベルに従って時期を決める。従って少し遅れることもある。

 

 

 

現在私たちのもとに届いている物質的粒子は、25,000年前に発せられた(前回の)ウェーブの一部である。一方、今回のウェーブで生じる物質的粒子は光の速度ではなく、無限の速度で進む。なぜなら、それはタキオンだからだ。ベールが除去されたとき、それらの物質的粒子は、非物質的粒子の到着と同時に、私たちのもとに到着する。

 

 

 

 

 

〇シンクホール

 

 

 

Q:ロシアやシベリアで多くのシンクホールが見つかったが、シンクホールができた原因は?

 

 

 

A:シンクホールの多くはRMの活動だ。地表の住民を目覚めさせる一つの方法だ。

 

 

 

 

 

〇サイデリアル(sidereal

 

 

 

Q:サイデリアルと呼ばれる新しい方式の占星術がある。現在の星座の位置を利用するものと思われるが、どれくらい正確か?

 

 

 

A:正確さは解釈する人にかかっている。サイデリアル方式の占星術には様々なモデルがあり、精度が違う。占星術はシンボリックなモデルであることを理解しておく必要がある。

 

 

 

Q:占星術で普通に利用されている星の位置は、今日でも適切か?

 

 

 

A:もちろんだ。西洋占星術で星と惑星との相対的な位置は同じままなので、ほとんどの場合、共鳴パターンは同じだ。重要なのは、プラズマの干渉波を生じさせる共鳴パターンだ。干渉波は太陽系と地球に影響を与える。

 

 

 

 

 

〇ジュラ紀、アトランティス時代、石器時代

 

 

 

・ジュラ紀は数億年前で、アトランティス時代とは何の関係もない。

 

 

 

・アトランティス時代は多分100万年前に始まった。ほとんどの人たちが解説しているアトランティス時代は、アトランティスの歴史の最後の方で、おそらく12万年前のこと。

 

 

 

・石器時代は約12千年前にアトランティス沈没と共に始まった。別の天変地異と共に約5千年前に終わった。

 

 

 

 

 

〇ピラミッド

 

 

 

Q:なぜ古代の人々は西安のピラミッド群を建てたか?

 

 

 

A:これを含むすべてのピラミッドは、地球のエネルギー・グリッドに、恒星系からの光を定着させる目的をもつ。

 

 

 

Q:ギザのピラミッドのキャップストーンはどうなったのか?

 

 

 

A:カバールが盗んだ。ヴァチカンにあるカバールの地下壕にあると思う。

 

 

 

Q:キャップストーンは何からできているか?

 

 

 

A:金めっきされた水晶。

 

 

 

 

 

〇ティム・バーナーズ=リー

 

 

 

QWorld Wide Web WWW)の考案者であるティム・バーナーズ=リーとRMとの関係は?

 

 

 

A:詳しいことは述べないが、彼は特定の方法でレジスタンスに支援されていた。

 

 

 

 

 

〇ジャンヌ・ダルク

 

 

 

Q:ジャンヌ・ダルクはバラの姉妹団から霊感を与えられてフランスを守ったのか?

 

 

 

A:そうだ。

 

 

 

 

 

〇ポジティブなET との接触

 

 

 

Q:瞑想中の人がポジティブなETと接触しているヴィジョンや感覚を持つのは、実際にエーテル体かアストラル体、メンタル体で経験しているのか?

 

 

 

A:時々はそうだ。

 

 

 

Q:ポジティブなETはベールの内側でも、ある程度存在できるのか?

 

 

 

A:存在できる。特にこの夏のブレイクスルー以来、今はそうしたことがずっと多く起きている。

 

 

 

 

 

〇エリス、セドナ

 

 

 

Q:カイパーベルト周辺で新たに発見された、エリスやセドナなどの天体は、占星術的にどんな意味をもつのか?

 

 

 

A:エリスはRMのエネルギーを定着させており、セドナは非常に強いブレイクスルーのエネルギーを定着させている。これまで否定されていたもの、とりわけインプラントで抑圧されてきたものを暴露する際のエネルギーだ。

 

 

 

 

 

〇グーグル・スカイ

 

 

 

グーグル・スカイで隠されているのは宇宙船や、プラネットXなど未発見にされている天体。そのほとんどは、この太陽系内のもの。

 

 

 

 

 

〇聖書/ヨハネの黙示録

 

 

 

Q:イエスの使徒、ユダの本当の目的は?

 

 

 

A:福音書にあるようなことは起きていない。アルコンは可能な限りの罪を創り出したかったので、罪の概念を強調するために話全体をかなり歪めた。誰も裏切り者はいなかった。

 

 

 

Qベツレヘムの星は母船だったのか?

 

 

 

A:木星と金星がかなり接近する合だった。どちらも空に明るく輝いていた。

 

 

 

Qイエスの本当の誕生日はいつか?

 

 

 

A:いくつかのソースによれば3月だ。

 

 

 

Qヨハネの黙示録には、四騎士七つの封印がよく出てくる。七つの封印が解かれるとたくさんの災いが起きるという。四騎士と七つの封印の本当の意味は何か?

 

 

 

A:七つの封印とは七層のベールのこと。災いとは闇の勢力の掃討のことで、今起きている。だから私たちは実際にこれを目下経験しているところだ。

 

 

 

四騎士は火、地、水、風の四大元素のことで、ホロスコープの星座の区分に用いられている。それぞれの象徴するエネルギーが「(闇の)世界の終わり」に定着させられる。四大元素の適切な組み合わせで、変容プロセスと抑えられていた闇の浄化が引き起こされるのだ。それが今起きている。

 

 

 

 

 

〇ソドムとゴモラ(神に滅ぼされた都市。旧約聖書)

 

 

 

Q:ソドムとゴモラに何が起きたのか?

 

 

 

A:ずっと昔の核戦争だ。

 

 

 

Q:アトランティスの崩壊と関係あるか?

 

 

 

A:それよりも後だ。

 

 

 

 

 

〇プラズマの蛸

 

 

 

Q:様々な存在のプラズマ体と、この太陽系の惑星は、例の蛸とどんな関係にあるのか? 蛸の内側にあるのか?

 

 

 

A:蛸は、この太陽系の全天体をある程度飲み込んでいる。それがより顕著なのが惑星地球であり、極めて顕著なのが土星だ。

 

 

 

Q:私たちのプラズマ体は蛸の一部なのか、それとも内側なのか?

 

 

 

A:内側だ。私たちは蛸の内側に住んでいる。

 

 

 

 

 

〇鉄仮面

 

 

 

Q:三銃士に出てくる鉄仮面の話の背後にあるのは何か?

 

 

 

A:鉄の仮面はイルミナティーのシンボルの一つ。目的はイルミナティーのシンボル体系の一部を大衆の中に導入すること。

 

 

 

Q:鉄仮面が独房に閉じ込められていたのは実際の出来事か?

 

 

 

A:中世、そしてその後の1718世紀には、このようなことがたくさんあった。

 

 

 

 

 

〇セントラルサン

 

 

 

セントラルサンはいつでも往来が激しくにぎわっている。そこではたくさんのことが進行中である。そこを訪れる存在のほとんどが、とても高度なスピリチュアルな進化を求めてそうしている。

 

 

 

 

 

〇巨人伝説

 

 

 

Q:巨人の起源は?

 

 

 

A:巨人の種族はたくさんいたが、ほとんどがヒューマノイド型で、地球の歴史を通してずっと暮らしていた。ほとんどの種族は様々な恒星系から来ており、もっとも知られている種族の一つはシリウス恒星系から来ている。

 

 

 

なかにはポジティブでない種族もいた。

 

 

 

Q:北欧神話の霜の巨人ユミル、ギリシャ・ローマ神話のティターン、中国神話の盤古(バンコ)など、世界中の神話で巨人が創造主として描かれているのはなぜか?

 

 

 

A:それらの巨人族の多くが、いわゆるセントラル文明に属しており、地球上の環境作りを支援していた。

 

 

 

 

 

〇ヘビ/ギルガメッシュ

 

 

 

Q:トールは最終戦争でミッドガルド蛇を相手にして死に、ゼウスはテュポンと戦い、スサノオはヤマタノオロチを殺した。神と蛇との闘いはもともと何を表しているのか?

 

 

 

A:光の勢力と闇の勢力との銀河戦争だ。闇の勢力のほとんどが、ドラコ、レプタリアン、ヘビ種族だ、

 

 

 

Q:地上で最初の半神半人であるギルガメッシュが、手に入れた若返りの薬草をヘビに食べられてしまう。ヘビは逃げ、皮だけが残った。この部分の本当の意味は何か?

 

 

 

A:彼は最初の半神半人ではない。考古学者は紀元前3千年より前の人類史を認知できないため、ギルガメッシュが半神半人として初めて知られたのだろう。

 

 

 

ヘビが象徴しているものは数多くあり、必ずしもネガティブなものばかりではない。ヘビがレプタリアン種族を表している一方で、クンダリーニ、命の力を表している。時にカバールはそのような象徴をわざと混ぜこぜにして、混乱を生じさせた。

 

 

 

Q:するとギルガメッシュはクンダリーニを訓練することで、永遠の命を得ようとしたのか?

 

 

 

A:まさにギルガメッシュは永遠の命を欲していたし、実際にアセンションを求めていた。

 

 

 

 

 

〇エクスカリバー

 

 

 

エクスカリバーは母船のコードネーム。魂のレベルでその母船に属している地上要員のごく一部が、そのコードネームで呼んでいる。

 

 

 

 

 

〇サハラ砂漠

 

 

 

銀河のセントラルサンが活発になったり、流れていた川が地下に消えたりするなど、様々な要因から気候やエコシステムが大変化して、8千年前にサハラ砂漠ができた。それまでは草木が生い茂っていた。

 

 

 

 

 

〇ゾロアスター

 

 

 

彼のミッションは、光と、エンライトメントの一つの側面を地表の住民にもたらすことで、今も同じ。彼はアセンドした存在である。

 

 

 

 

 

〇地球人の目覚め

 

 

 

Q:スターシードでなくても現時点で目覚めている人はいるか?

 

 

 

A:目覚め方も、目覚めの程度も違うが、一定量のネイティブな地球人は、進行中のことを彼らなりにとてもよく気付いている。

 

 

 

 

 

1996年以降にアセンドした8

 

 

 

1996年以降にアセンドした特定のグループは、外の世界とほとんど接触をもたなかった。彼らは守護されており、平均寿命も関係なく、生きるための苦闘もなかった。

 

 

 

 

 

〇レムリア

 

 

 

Q:台湾はレムリアの一部か。もしそうなら地質学的証拠はあるか?

 

 

 

A:台湾はレムリアの外れに位置していた。太平洋水域が大規模に沈没していた地質学的証拠はある。インドとスリランカを結ぶ部分は、かつての陸橋だったことを認識しやすい場所だ。そこはそう遠くない昔に海面に出ていた。

 

 

 

 

 

〇宇宙はホログラフィックか

 

 

 

Q:私たちはホログラフィックな宇宙に住んでいるのか?

 

 

 

A:違う。私たちは多次元的な宇宙に住んでおり、宇宙の小片に全体性が現れているのは確かだ。しかし、人々が解しているホログラフィックの意味――宇宙全体が幻であるという意味――では、宇宙はホログラフィックではない。

 

 

 

 

 

〇クロップ・サークル

 

 

 

Q:どうしてほとんどのクロップ・サークルは西洋、特にイギリスのエイヴべリーに出現するのか?

 

 

 

A:イギリスのその地域には強いエネルギー・ボルテックスがあり、クロップ・サークルを作るプレアディアン・シップの出現を可能にするため。

 

 

 

Q:台湾や中国では、本物のクロップ・サークルを見ないが。

 

 

 

A:あるにはあるが、イギリスほど頻繁に現れない。

 

 

 

 

 

〇ナスカの地上絵

 

 

 

ナスカの地上絵は、数千年前の特定の文明(複数)にとって着陸帯の一部だった。

 

 

 

 

 

〇ヨーダ

 

 

 

(コブラのブログによく登場する)ヨーダは、知恵者の元型。彼の知恵が、闇の勢力のすべての計画を阻止する。

 

 

 

 

 

〇女神のエネルギー

 

 

 

Q:なぜアルコンは女神のエネルギーを嫌うのか?

 

 

 

A:アルコンが表したいと欲していないものを表しているから。実際、女神のエネルギーにはすべての闇を光に変える力があるので、彼らはそれを嫌っている。

 

 

 

 

 

〇ラーマ

 

 

 

(ヒンドゥー教の)ラーマはアトランティス後期の、非常に高いスピリチュアル存在。

 

 

 

 

 

〇アガルタ

 

 

 

Q:ヨーロッパにある主なアガルタ都市はどこか?

 

 

 

A:ロンドン、パリ、ミュンヘンなどの大都市の下。アルプス山脈の地下にもある。

 

 

 

Q:あなたは最近のコンファレンスで、闇の勢力が地下にバリアを築いて、東西のアガルタネット・ワークの往来を妨げたと言っていた。このバリアの性質は何か。今でもブロックされたままか?

 

 

 

A:それは物理的なバリアで、まだ存在している。情報の流れや両者の接触を、完璧とは言わないまでも、かなり阻んでいるし、危険な地域だ。

 

 

 

 

 

Wow! シグナル

 

 

 

Wow! シグナルは本物の地球外生物の信号ではなく、カバールの活動によるものだ。

 

 

 

 

 

〇タオス・ハム

 

 

 

(多くの研究者がタオス・ハムと呼んでいる、ニューメキシコ州の)ハム音は超低周波音の実験の一部だった。ニューメキシコには多数の地下基地があり、スカラー兵器を用いての実験がたくさん行われていた。タオスは、スカラー兵器をテストしていた軍の研究所にとても近い。

 

 

 

 

 

〇ネッシー

 

 

 

Q:ネッシー伝説の裏には何があるのか?

 

 

 

A:そこには、ある生き物がいる。地表には、公式に認められていないたくさんの生き物が生息している。

 

 

 

Q:恐竜の流れを継いでいるのか?

 

 

 

A:類似のものだ。

 

 

 

 

 

〇イベント後

 

 

 

Q:複数の口座を持つ人や口座を持たない人がいる中で、繁栄資金やセントジャーメイン信託財産は、うまく配分されるのか?

 

 

 

A:いくらでも方法があるので、問題ない。

 

 

 

Q:光の勢力には、ラスベガスやマカオのようなカジノ・シティをリニューアルさせる計画があるか?

 

 

 

A:都心を神聖幾何学に合わせて再構築するが、その一部になるだろう。優先度が一番ではないのですぐには変わらないが、インフラの変化は、初めはゆっくりでもどんどん加速されて大きく変わる。

 

 

 

Q武術や射撃はイベント後でも訓練できるか?

 

 

 

A:精神性を基にした武術なら続いていくだろうし、標的の訓練で使用する分には銃器も使用できるだろう。しかし、もはや背後に暴力的な目的はもたなくなる。

 

 

 

Q:私たちはイベント後、世界組織としてのPFCにいつか登録するのか?

 

 

 

A:その必要はない。PFCはイベント前の状況で役立つべきものだ。イベント後、PFCの目的は変わり、地球の変容を支援するための新しいインフラの一部になる。

 

 

 

QRMがプラネットX を解放した後、彼らはイルミナティーの奴隷マスターをどうしたか?

 

 

 

A:イベント時にカバールが地球上で受けるのと同じ処分を受けた。多くの者がセントラルサンに行った。

 

 

 

Q:では地球は今まさにプラネットXと同じプロセスを辿ろうとしているのか?

 

 

 

A:その通り。

 

 

 

〇アセンデッド・マスターのミッション

 

 

 

Q:南極に隠遁しているアセンデッド・マスターがいると言っていたが、誰がいるのか?

 

 

 

A:地表の住民には知られていないマスターだ。ほとんどのマスターは、人類に直接関わるミッションをもっていない。彼らの主なミッションは、エネルギー・グリッドに関する惑星地球の状況、その他、人類に直接関係ない物事に関するものだ。

 

 

 

 

 

(了)

 

 

 

 

しばらく更新を休みます。