2016年

11月

10日

ブルードラゴンとイベント

11月9日付

 

The Blue and the Event

 

2016119日付

 

ブルードラゴンとイベント

 

 

 

大統領選のサーカスが終わったので、私たちもやっと真実の情報に再び集中できます。

 

 

 

数年前に女神DouMu(斗母元君 トボゲンクン,摩利支天)が地表に現れたことは、光の勢力の帰還を示す最初の兆候でした。光の勢力は26,000年の長きにわたり追放されていたのです。これは、アガルタが地表に戻るための第一歩でした。今、ブルードラゴンは、アガルタ人が地表の住民と再びコンタクトできるように地表のポータルを準備しているところです。コンタクトはまずエネルギー的に行われ、イベント後に物理的に行われます。

 

 

 

この目的のために、多くの洞窟及びその地表の入り口は、イベント時に明かされるよう特定の方法で準備されています。

 

 

 

世界中の洞窟の多くは、地上の様々な光のグループにとって神聖な場所でした。そしてその多くに女神のボルテックスがあり、イベント時に活性化されます。

 

 

 

http://witcombe.sbc.edu/sacredplaces/caves.html

 

 

 

 

そのため、私たちはこのような洞窟の守護者や、そうした場所を知っている人を積極的に探し求めています。 cobraresistance@gmail.comにご連絡ください。

 

 

 

中国のタオイストの習わしでは、アガルタへのポータルとなる洞窟は grotto (洞窟、岩屋) heavens と呼ばれています。

 

 

 

http://www.persee.fr/doc/asie_0766-1177_1995_num_8_1_1096

 

 

 

http://www.flickriver.com/photos/mydailyart/17369890942/

 

 

 

ブルードラゴンは、そのようなポータルの守護者です。現在、外の世界では失われたものの、ブルードラゴンがいまだに持っているのが “the Chart of the True Forms of the Five Sacred Mountains” で、”The Luminous Precious Scripture of the Five Talismans” とも呼ばれています。これはアガルタネットワークへのアクセスポイントの地図で、5000年前のものです。この図は2000年前に蘇り、ブルードラゴンの守護者に渡されました。

 

 

 

 

grotto heavens の多くは、中国の、タオイストの聖なる山にあります。こうした聖なる山を繋ぐ二つのエネルギー網が(部分的に)重なっており、それに対応するように地下トンネルとアガルタ都市のシステムがあります。

 

 

 

第一のエネルギーグリッドは、五つの聖なる山がベースになっています。それぞれ空の4方向と中心に向かうグリッドです。

 

 

 

第二のエネルギーグリッドは、四つの聖なる山がベースになっています。

 

 

 

http://www.zhangjiajietourguide.com/article-p143-china-top-four-sacred-taoist-mountains.html

 

 

 

成都――謎の三星堆文明(古蜀文明)のあったところです――の近くには、両者のエネルギーグリッドが共有する主要ボルテックスがあります。

 

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Sanxingdui

 

 

 

成都は地球の正20面体の、12の主要エネルギー・ボルテックスの一つです。

 

 

 

 

三星堆文明は、ツバーン(りゅう座α星)からの地球外種族一派の主な定着地点でした。この一派はもっとも代表的なポジティブなドラコニアンです。彼らは中国文化を創出した源の一つであり、そのことは龍のシンボルが中国人にとってポジティブな意味をもつ主な理由の一つです。ツバーンは5000年前、ツバーン・ドラコニアンが成都ボルテックスを入り口にして地球に降りたときの北極星でした。

 

 

 

三星堆の三星とはツバーン、アンタレス、アルデバランです。この三つ星は非常に強力なエネルギー・トライアングルを形成しており、アンタレスとアルデバランは、一つの主要な銀河のプラズマ・ライト・フィラメント上にあります。プラズマ・ライト・フィラメントは、銀河の、このセクターのポータルを通って星間トラベルを可能にするものです。

 

 

 

ツバーンから遠くない、アンタレス―アルデバラン銀河ハイウェイ上にドゥーベ(おおぐま座α星)があります。女神DouMuの故郷です。DouMuはドゥーベを回る惑星上の、古代ヒューマノイドポジティブ文明に属しています。

 

 

 

 

 

 

圧縮突破への準備は7月に新たな局面に入りましたが、この新局面において女神DouMuは、地表のポータルにますます活発に働きかけています。

 

 

 

ドラゴンソースは、ブータン王妃ジェツン・ペマがDouMuの元型を地表で体現している著名人の一人だと伝えてきました。

 

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Jetsun_Pema

 

 

 

ドラゴンソースはまた、DouMuが地表の住民とのさらに積極的なコンタクトをサーチしているとも言いました。

 

 

 

これはすべてイベント後にアガルタ・ネットワークを地表の住民と再び繋ぐための大きなプランの一部です。

 

 

 

 

 

Victory of the Light!