エーテルの解放レポート

3月1日付

 

Etheric Liberation Report

 

201731日付

 

エーテルの解放レポート

 

20171月から、惑星地球の光グリッドをめぐる天下分け目の戦いが起きていました。日曜日の私たちの瞑想は、4月までかかりそうなこの戦いにおいてターニングポイントとなりました。それは光の大勝利の一つです。私たちの瞑想はイベントまでの待ち時間を半分ほど短縮したと推定されます。

 

 

 

(瞑想した人の数は)クリティカルマスにとどまるどころか、場所によっては100万、200万の人たちが瞑想について聞きつけ、そのうちの15~20万人が参加しました。とてもたくさんの人たちが瞑想をしていたため、瞑想の中心的なウェブサイトの一つがクラッシュしたほどでした。それだけ大勢の人々がサイトに接続して瞑想に参加しようとしたのです。

 

 

 

私が最初に、何か途轍もないことが起こりつつあることに気付いたのは活性化の2時間前で、非常に重要な情報を受け取り始めたときでした。その情報の一部は数週間後、数ヵ月後に公表できるようになるでしょう。活性化までの1時間を切ったとき、私たちがクリティカルマスに達することがはっきりし、私は活性化直前にブログでそのことを伝えるように指示されました。

 

 

 

 

活性化の瞬間、ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し、シューマン共鳴を爆発させながら電離層を通過しました。

 

 

 

この波はロシアのトムスクにある宇宙観測システムで検出されました。現地の活性化時刻は午後955分でしたが、その1時間後くらいからプラズマが急激に活発になり、その状態が約36時間続いていたことが、下図をクリックするとよくわかります。

 

 

 

http://sosrff.tsu.ru/?page_id=7

 

 

 

 

この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました。そしてレジスタンスはそのことをこう伝えてきました。「月軌道を越えると、プラズマ異常は一切検出されない」と。また、月軌道を越えたところのプラズマのトップレット爆弾は、すべて除去されました。

 

 

 

つまり、ヤルダバオト・エンティティーの「触手」は永久になくなり、今は「頭」のみということになります。

 

 

 

私たちの活性化以降、ヤルダバオトの「頭」は、予想よりも早くヒーリングが進んでいます。

 

 

 

私たちの活性化以降、銀河連合勢力は、月軌道からこちら側で活発な動きをしています。翌日にイーロン・マスクが、二人の人間を月に送り込み2018年に帰還させると発表したことは、偶然ではありません。

 

 

 

http://www.businessinsider.com.au/spacex-moon-mission-elon-musk-2017-2

 

 

 

銀河連合勢力は、静止軌道の全通信衛星を完全に受動制御し、モルニヤ軌道の通信衛星を相対的に受動制御しています。

 

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Communications_satellite

 

 

 

受動制御(passive control)の意味するところは、光の勢力が衛星放送を乗っ取ることができるものの、そうしないということです。なぜならカバールが地表の住人に報復するからです。イベント後、光の勢力はアクティブ制御、つまり、これらの衛星をTV放送などに実際に利用します。

 

 

 

http://www.strangerdimensions.com/2014/04/25/vrillon-message-ashtar-command/

 

 

 

コンゴにあるオーラのエネルギー場の裂け目は塞がれました。これを皮切りに地球上のエネルギーグリッドにポジティブな連鎖反応が起き、エーテル界及びプラズマ界のアルコンがあっという間にコントロールを失い始め、他の重要なエネルギー・ボルテックスもすべて解放されつつあります。これは最後に世界平和をもたらすでしょう。なぜなら、すべての戦争にはオカルト的な理由――ネガティブなエーテル及びプラズマのエンティティーが戦争を画策して戦争指導者に取り憑いている――があるからです。

 

 

 

http://www.spiritdaily.net/nazisandoccult.htm

 

 

 

現在ダーイッシュのリーダーたちは、困惑してショック状態にあります。これまで取り憑いていたネガティブなエンティティーの戦略的なガイダンスがなくなり、突然途方に暮れているのです。

 

 

 

彼らは(イラクの)モースル――非常に重要なニネベ女神ボルテックスがある場所――を失いつつあります。

 

 

 

http://edition.cnn.com/2017/02/28/middleeast/iraq-mosul-offensive/

 

 

 

解放されたニネベ・ボルテックスでは、すでに大切な考古学上の発見がありました。

 

 

 

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/02/27/previously-untouched-600bc-palace-discovered-shrine-demolished/

 

 

 

彼らはまたシリアに残っていたペンタグラムの本拠地を失いつつあります。

 

 

 

彼らはラッカを失いつつあります。

 

 

 

http://www.dw.com/en/arab-and-kurdish-fighters-close-in-on-is-syria-stronghold-raqqa/a-37659781

 

 

 

そしてパルミラも。

 

 

 

http://en.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13951210000465

 

 

 

https://www.rt.com/news/379073-syrian-palmyra-citadel-isis/

 

 

 

大勝利を収めたものの、惑星地球をかけた戦いはまだ終わっていません。私たちは最後の解放までプッシュし続ける必要があります。

 

 

 

もしあなたが参加を促されているように感じるのなら、311日と12日の台湾アセンション会議に、まだ参加できます。

 

 

 

http://portal2012.org/Taiwan.html

 

 

 

 

Victory of the Light!