2017年

3月

14日

台湾アセンション会議の報告

3月13日付

 

Taiwan Ascension Conference Report

 

2017313日付

 

台湾アセンション会議の報告

 

私たちのアセンション会議は、戦略的に台北――人口密度が最も高い中心地に近く、地球のライトワーカーと光の戦士の割合が最も多い場所の一つ――で開催されました。

 

 

 

素晴らしいグループだったので、ある重要なプロジェクトが開始されました。

 

これらのプロジェクトは、プロジェクトがもっと進んで完了の段階になったときに公表されるでしょう。

 

 

 

プロジェクトの中には桃源郷(the Peach Blossom spring)に関するものもあります。

 

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Peach_Blossom_Spring

 

 

 

 

 

 

会議の数週間前から始まった、残酷なアルコンの攻撃は土曜日にピークに達しました。地球上の鍵となる特定のライトワーカーが攻撃され、光の勢力は遂に堪忍袋の緒が切れました。

 

 

 

光の勢力は、土曜日の台北時間午後11時半頃、思い切った行動を取りました。”Justice of Maat” (エジプト神マアトの審判)というコードネームの作戦が開始されたのです。この作戦はおよそ21時間続き、その結果、ネガティブでない非物質的エンティティーは現在、排除されたり銀河のセントラルサンに向かわされたりすることから安全です。こうした一切の結果、ヤルダバオト・エンティティーの頭の除去は著しく加速しました。

 

 

 

これにより、土曜日のトムスク時間午後1050分頃(台北時間午後1150分頃)からシューマン共鳴に極度の変化が生じ、21時間半続きました。

 

 

 

http://sosrff.tsu.ru/?page_id=7

 

 

 

 

それにまたレジスタンスは、肉体をもつ多くの鍵となるカバールメンバーが「最終的にしっぺ返しを食らった」と伝えてきました。これについてはこれ以上何も言えません。要するに、キメラグループ以外の一切のネガティブ派閥は、今では大変弱体化しているということです。

 

 

 

 

 

Victory of the Light!  Justice of Maat!