偽の真空から真の真空へ

6月12日付

 

Vacuum Metastability Event

 

偽の真空から真の真空へ

 

 

 

キメラグループの掃討は続いています。光の勢力は「ある作戦(複数)」を完遂し、今はヤルダバオト・エンティティーの頭の解消に集中しています。

 

 

 

その頭は、惑星地球の表面近くのプラズマ異常の堆積渦の内側にあります。堆積渦の外縁部は地球の中心からおよそ3地球半径のところです。詳しくはここにある通りです。

 

 

 

http://2012portal.blogspot.com/2017/02/situation-update.html

 

2017212日付現況報告

 

 

 

 

 

 

主流派科学は、その外縁部を数年前に「発見しました」。

 

 

 

https://www.nasa.gov/content/goddard/van-allen-probes-spot-impenetrable-barrier-in-space

 

 

 

今ではNASAは、人工の低周波電波がその外縁部を形成していることを公に認めています。ベールの一番外側のバリアをこのようにしてうまく作り上げているのです。

 

 

 

https://www.nasa.gov/feature/goddard/2017/nasas-van-allen-probes-spot-man-made-barrier-shrouding-earth

 

 

 

https://www.space.com/36934-humans-change-space-weather.html

 

 

 

上のリンク記事にある「潜水艦通信のための超長波(very low frequency)送信機」を「HAARPや類似のプログラムの極低周波(extremely low frequency)送信機」に変えれば、ベールの一番外側のバリアがどのように生成されるか、はっきりつかめるでしょう。

 

 

 

ヤルダバオトの頭(トップレット爆弾付き)の異常性プラズマのフィラメントはブラックストーン(トップクォーク/反クォークの凝縮物)と結合しています。ブラックストーンはトップクォーク/反クォークからなる大きなハドロンです。そのトップクォーク/反クォークはキメラによって何百万年も前に巨大粒子加速器(ダイソンリング)で生成されました。その加速器はブラックストーンの生成に必要な、2兆ケルビンの臨界温度を上回る温度をつくり出せます。

 

 

 

およそ700万年間、そのブラックストーンは(当時、宇宙異常の中心だった)リゲル恒星系を回っているある惑星上におかれていました。その後、1996年におうし座分子雲のプラズマフィラメントを経由して地球に運ばれました。

 

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Taurus_Molecular_Cloud_1

 

 

 

それは現在、ロングアイランドの重イオン衝突型加速器に近い、キメラの地下施設にあります。

 

 

 

異常プラズマとブラックストーンの相互作用により、ロングアイランドを中心に直径約500マイル(約804.6㎞)の巨大ネガティブ・プラズマ・ボルテックスができます。

 

 

このボルテックスは地上に初期異常を残すための精製ステーションです。カバールのトップメンバーとキメラの多くのメンバーは、このボルテックスの異常物を光側に対する楯として使っています。だからカバールは世界の中でも特にイーストコーストに集まっているのです。

 

 

 

このボルテックスの内側にチンターマニストーンをフラワー・オブ・ライフのパターンで配置すれば、シリウスのエネルギーのベクタリング・グリッドとして機能し、この異常物の変換を加速させるでしょう。そのボルテックスに紫の炎を溢れさせることも役に立ちます。

 

 

 

 

 

 

興味深いことに、ロングアイランドから遠くないところに、プレアディアンによって建てられたアトランティスの水中ピラミッドがあります。

 

 

 

 

これらのピラミッドは、ロングアイランドのプラズマボルテックスのネガティブな作用を打ち消すポジティブなアンカー・ポイントとして働いています。

 

 

 

光の勢力は現在、ブラックストーンを無効化して残りのトップレット爆弾を取り除く作業に直接携わっています。それは予定通りに進んでいます。

 

 

 

ブラックストーンを除去することで宇宙の均衡が破れ、現在の偽の真空(ぎのしんくう)の準安定状態が存在しなくなります。

 

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/False_vacuum

 

(日本語はこち

 

 

 

私たちが現在体験している偽の真空は、この宇宙の準安定セクターです。ここではソースと初期異常の相互作用がpro-entropy, anti-life の状況――そもそもこの状況が、地球の隔離状態を可能にし、悪が存在することを可能にしています――を生じさせます。

 

 

 

ブラックストーンを除去することで真空の準安定という事象が生じ、気泡核形成領域がベールの境を越えて地表に侵入することが可能になります。そして効果的にイベントが引き起こされます。イベントとはベールの内側を真の量子真空の状態にする瞬間のことであり、悪を存在させている直接原因である初期異常を除去することです。カバールと苦しみを存在させていた基本的な力が存在しなくなります。

 

 

 

一方、Operation PrisonBreakでは、地球外生命に関するソフトディスクロージャーと

 

 

 

https://www.thesun.co.uk/tech/3636771/space-breakthrough-finds-alien-life-could-exist-on-pluto-moons-of-jupiter-and-saturn/

 

 

 

http://www.express.co.uk/news/science/814639/aliens-exist-scientists-breakthrough-ISS-samples-space

 

 

 

人類をベールの向こうへ連れ出してくれる公共宇宙プログラムの取り組みを続けています。

 

 

 

 

 

https://www.space.com/37146-nuclear-fusion-rockets-interstellar-spaceflight.html

 

 

 

https://www.space.com/37079-axiom-commercial-space-station-manufacturing.html

 

 

 

 

 

Victory of the Light!

 

しばらく更新を休みます。