私のインタビュー整理ノート12

6月29日のインタビューより

 

私のインタビュー整理ノート12

 

 

 

2017629日インタビューより~

 

(一部のみ。要約しています)

 

 

 

私たちはInternational Golden Age Group です。私たちの公式ウェブサイト 

 

www.golden-ages.orgでは中国語でコブラ情報を得ることができます。

 

 

 

201731112日の台北アセンション会議に先駆けて、私たちは世界初のフラワー・オブ・ライフ・チンターマニグリッドを台湾に6つ完成させました。

 

 

その後、531日に多くの珍しくも美しいクラウドシップが台湾南部、中部、東部、北部に現れました。同日に!

 

 

 

Victory of the Light.

 

 

 

 

〇キメラ

 

 

 

Q:あなたはベールを越えたフライトによってキメラのことを知ったと言ったが。

 

 

 

A:直接知ったのではなく、上空で受け取った情報により、結果的にキメラを知ることになった。

 

 

 

Q:レジスタンス、銀河連合、アセンデッド・マスターはその頃までキメラについて知らなかったのか?

 

 

 

A:キメラについては知っていたが、トップレットやストレンジレット爆弾について細かいことは知らなかった。

 

 

 

Q:キメラは銀河連合にはもう抵抗できないことを悟り始めているか?

 

 

 

A:抵抗できないとは思っていないが、長期的には戦いに敗れるかもしれないと認識し始めている。

 

 

 

 

 

〇プーチン

 

 

 

Q:プーチンとロシア軍のトップはディープな情報――惑星地球の監獄状態、キメラ、銀河連合――を知っているか?

 

 

 

A:ある程度は。ロシア軍トップの誰について質問しているかによる。プーチンは当然プレアディアンを知っているし、例えばトランプよりはもっと内部情報をもっている。

 

 

 

Q:彼は、地球が監獄状態であることを知っているか?

 

 

 

A:その状況についての理解は限られている。

 

 

 

 

 

〇ヒンズー教

 

 

 

Q:ベーダの教えはもともとどこから来ているか?

 

 

 

A:ほとんどのスピリチュアルな古い教えはミステリースクールから来ており、ベーダの教えもアトランティスのミステリースクールから来ている。アトランティスが水没した後は、部分的に変えられたり、歪められたり、そのまま残ったりした。

 

 

 

 

 

〇タキオン化

 

 

 

Q:ある物体がベールを越えると自動的にタキオン化されるのか?

 

 

 

A:越えている期間が十分でなければタキオン化されない。

 

 

 

Q:期間が十分なら、永久にタキオン化されるのか?

 

 

 

A:そうではあるが、例えば地球低軌道(訳注:高度2,000㎞以下)におけるタキオンの環境濃度はあまり高くない。

 

 

 

Q:あなたがベールの向こうにチンターマニをもっていったとしたら、地上でタキオン化したものと比べて、含んでいるタキオンの量は多いか少ないか?

 

 

 

A:少ないだろうが、別種のタキオンを含んでいる。地上とベールの向こうのタキオンを組み合わせることで、チンターマニ・ストーンは地表の異常をより効果的に解消できる。私のチンターマニはすべて地上でタキオン化されている。

 

 

 

Q:ベールの向こうにある人工衛星や国際宇宙ステーション(ISS)に対してタキオンをブロックする技術はあるのか?

 

 

 

A:基本的に、このベール・テクノロジーとHAARP電離圏テクノロジーは、タキオンの影響を最小限にするようにもデザインされている。

 

 

 

QISSの人たちは、地上よりもエネルギーを多く得ているのか?

 

 

 

A:もちろん。

 

 

 

QISSには、これを最小限に抑えるテクノロジーが搭載されているのか?

 

 

 

ANASAの後ろにいるカバールは宇宙飛行士をマインドプログラムして、ベールの向こうにいる時間のポジティブな影響を最小化している。

 

 

 

 

 

〇アガルタの祭司

 

 

 

Q:アガルタには核となる祭司たちがいるか?

 

 

 

A:そのように言い表せる特定のグループはある。

 

 

 

Q:地球解放における彼らの役割は何か?

 

 

 

A:彼らは銀河の本質のエネルギーを定着させている。このエネルギーは大いに必要とされるもので、実際に彼らはこのエネルギーを用いて地球のバランスを保っている。だから地球はネガティブ勢力によって破壊されないのだ。彼らは この25,000年間そうし続けてきた。

 

 

 

Q:すると彼らは地下から地球グリッドにエネルギーを定着させているのか?

 

 

 

A:彼らは地下から地球グリッドへ、さらにこの惑星の範囲を超えてエネルギーを定着させている。

 

 

 

Q:彼らは特定の地域にいるのか。それとも世界中に散らばっているのか?

 

 

 

A:戦略的にもっともうまくいく場所(複数)にいる。

 

 

 

 

 

〇ヤルダバオトの頭

 

 

 

Q:プラズマ異常の堆積渦の外縁部は地球の中心から3地球半径ということだった。つまり、ヤルダバオトの頭の幅は地球成層圏内のベールよりも広いということか?

 

 

 

A:ヤルダバオトの頭は外側ベールとほぼ同じ距離に渡っており、地球の中心から3地球半径だ。異常の密度ごとに様々なベールの境があり、一番外側が地球の中心から3地球半径にある。これがヤルダバオトの頭の大きさだ。

 

 

 

Q2月の現況報告では、光の勢力が太陽系及びその向こうのプラズマ異常をほとんどきれいにしたということだった。それはつまり、ダーク・フリート、奴隷コロニー、月の軌道の向こう側のインプラント・ステーションが存在しなくなったということか?

 

 

 

A:基本的に2月に残っていたのは、キメラグループと直接繋がっていた奴隷コロニーだった。秘密の宇宙プログラムと繋がっていた奴隷コロニーはすでになくなっていた。この状況に関して現在唯一残っているのは、キメラグループの中心だけだ。それ以外は何もかもなくなった。

 

 

 

Q:それではダーク・フリートもインプラント・ステーションも一切無いのか?

 

 

 

A:もう無くなった。

 

 

 

 

 

〇台湾の地下基地

 

 

 

Q:先月の台北アセンション会議であなたは、台湾北部の地下にポジティブ側の巨大基地があり、30億人を収容するために拡張していると言った。この地下基地の目的について話してもらえるか?

 

 

 

A:現時点では無理だ。光の勢力にとって、それは地球のこのエリアにおける最も重要なアンカーの一つだ。

 

 

 

 

 

〇同性婚

 

 

 

Q:先月台湾はアジアで初めて同性婚を合法にした。同性婚は世界的流れになっているが、その背後にいるのは光と闇どちらの勢力か?

 

 

 

A:カバールがこれを促進している。彼らにはアジェンダがあるからだ。そのアジェンダとは、あるやり方で人々を混乱させてプログラムすることだ。

 

 

 

Q:光の勢力は同性婚のような傾向を認めているのか?

 

 

 

A:光の勢力はこの傾向をポジティブなやり方で利用できる。なぜなら当然誰もが自己を表現する権利をもっているからだ。しかし現在の流れを背後で誘因しているのは光の勢力ではない。

 

 

 

 

 

〇前回のスーパーウェーブ

 

 

 

Q13,000年前の銀河のスーパーウェーブはアトランティスの水没を招いたが、なぜ地球の周りのプラズマ異常とベールを浄化しなかったのか?

 

 

 

A:当時、銀河のこの区域のプラズマ異常はもの凄い量で、スーパーウェーブでも十分ではなかった。

 

 

 

 

 

〇レムリア

 

 

 

Q:日本、韓国、台湾はレムリア大陸に属していたのか?

 

 

 

A:レムリアではないが、レムリアとは強い繋がりがあった。

 

 

 

Q:すると台湾はレムリア大陸にあったわけではないのか?

 

 

 

A:そうだ。

 

 

 

Q:レムリア文明はどうして破滅したのか?

 

 

 

A:構造プレートのシフトによって自然に起きた大変動のためだ。闇の勢力のせいではない。

 

 

 

 

 

〇古代イスラエル人

 

 

 

Q:あなたはコロニー解放作戦の結果報告と地球惑星の状況 の記事で「古代イスラエル人は、サウジアラビアとイエメンのあたりで暮らしていたアラビア人種族であり、パレスチナに足を踏み入れたことはなかった」と述べている。古代イスラエル人がパレスチナに足を踏み入れたことがないのなら、モーゼは一体彼らをエジプトからどこへ連れ出したのか?

 

 

 

A:彼はエジプトから現在のサウジアラビア内のある地域へ行った。

 

 

 

 

 

〇黄帝

 

 

 

Q:黄帝は星の存在か?

 

 

 

A:彼はりゅう座の恒星系からきた。彼はポジティブなドラコニアンのトゥバンドラコニアンと繋がっていた。5000年以上前に中国へ高い文化をもたらすのを助けた。

 

 

〇易経

 

 

 

Q:易経の由来と元の目的は?

 

 

 

A:それは黄帝によってトゥバン文化から地球にもたらされた知識の一部。そして易経の六十四卦(ろくじゅうしけ、ろくじゅうしか)の組み合わせはDNAに関する宇宙コードの一部。この六十四の組み合わせは、この宇宙で生じているほとんどの事象を描くことができる。六十四卦の配列は宇宙のコード、宇宙の言語と言える。

 

 

 

 

 

〇西方浄土

 

 

 

Q:西方浄土はどの次元にあるか?

 

 

 

A:6次元、あるいはBuddhic plane。それはエンライトンメントの次元、至福の次元。

 

 

 

 

 

〇肉食動物

 

 

 

Q:肉食動物は隔離された地球独自の異常性の表れか。それとも普遍的な食物連鎖に必要なものか?

 

 

 

A:未発達な惑星の食物連鎖の一部だ。食物もまだ進化の途上にあるものの、地球ではアルコンによって悪用されてきた。

 

 

 

 

 

〇宇宙

 

 

 

Q:物質宇宙はソースと初期異常との共同創作物ということだが、4次元も同じか?

 

 

 

A:全宇宙がそうだ。

 

 

 

Q:物質宇宙はすでに137億年を経ているとされるが、初期異常はこの宇宙よりも長く存在しているのか?

 

 

 

A:初期異常は過去の宇宙、過去の宇宙サイクルにも存在した。それは常に可能性として存在していたのだ。ソースと初期異常の可能性が相互作用している間に、その可能性が姿を現し、宇宙が時空連続体へ生まれた。

 

 

 

Q34次元宇宙ができる前は、5次元以上の宇宙のみ存在していたのか?

 

 

 

A:イエス。先に高次元宇宙が創られ、高次元宇宙から低次元宇宙へと拡大した。物質がより低い次元へと密度を高めていったのだ。

 

 

 

Q:北欧神話の9世界の樹、ユグドラシルは、宇宙のプラズマ・フィラメント・ネットワークを例えたものか?

 

 

 

A:ノー。それはカバラの生命の樹と同様なものを表しており、宇宙の様々な次元の地図だ。

 

 

 

 

 

〇光の勢力/チンターマニ

 

 

 

Q:もしタイムトラベルが可能だとしたら、なぜ光の勢力はタイムトラベルして闇の勢力の行動に介入しなかったのか?

 

 

 

A:タイムトラベルは人々が思うほど簡単なことではない。タイムトラベルは同じ意識レベルにおける入り口点と出口点があるときにのみ可能なのだ。地上には支援を受け取れるだけの意識をもつ受け手が必要だろう。だから確かに光の勢力は介入しているが、それだけではこの宇宙の闇の問題を解決するには不十分だ。

 

 

 

Q:光の勢力はテレポテーションの技術をもっているのだから、チンターマニ・ストーンを世界中にテレポートして世界的なチンターマニ・グリッドを敷けないのか?

 

 

 

A:基本的に光の勢力が必要としているのは、地上の人間が自分たちのエネルギーをもつチンターマニ・ストーンを地上に置くことだ。なぜなら、私たちが癒やしているのは人間の意識に結びついている初期異常なのだから。光の勢力、例えばアガルタ・ネットワークやレジスタンス・ムーブメントは、ずっと昔から自分たちのチンターマニ・グリッドを整えてうまくやっている。必要なのは、地表の人間と結びついているチンターマニ・ストーンのネットワークなのだ。なぜなら、そのチンターマニ・ストーンが受け取るエネルギーが、人間のエネルギー・ネットワークに流れて行く必要があるから。

 

 

 

Q:チンターマニ・ストーンを埋めることは、カバールが私立財団を通じて行っている活動に挑むことだとわかった。ライトワーカーが早急に介入すべき財団やNGO の名前を五つあげてほしい。

 

 

 

A:インターネットで調べればとてもたやすいことだ。ソロスが創立した組織を調べれば予測が立つ。もちろん世界保健機関や国連タイプの組織を加えてもよい。長いリストができるだろう。

 

 

 

 

 

〇伝説動物

 

 

 

Q:伝説上の動物グリフィンは本当に存在していたのか?

 

 

 

A:アトランティス時代に存在していた。それより前に、遺伝子操作により多数の奇妙な生き物がいた。そのような生き物はまだ存在しているが、この地球上ではない。

 

 

 

Q:ドラゴンファミリーは物質界だけにいるのか?

 

 

 

A:物質界と非物質界の両方にいる。

 

 

 

Q:中国式の、ヘビに似た龍は本当に存在しているのか?

 

 

 

A:そのようなタイプのドラゴン・エンティティーは存在していた。特にりゅう座の様々な恒星系に存在していたし、物理的な形でもいた。地球の地下にも存在していた。

 

 

 

 

 

〇タキオン・グリッド

 

 

 

Q:ベールがタキオン粒子を地球から遠ざけているのなら、私たちはどうやって地上に光のタキオン・グリッドを敷けるのか?

 

 

 

A:タキオン・チェンバーのネットワークや、タキオン化された製品――地表のタキオン・エネルギー・グリッドのノードとして機能するような――のネットワークを用いて。

 

 

 

Q:タキオン化されたクリスタルを保持していたり、エネルギー地点に埋めたりするのは有効か?

 

 

 

A:基本的にタキオン・クリスタルは個人使用のためにある。だが特定の場所に埋めるようにデザインされた特殊なクリスタルもあり、すでに利用されている。

 

 

 

 

 

〇魂の契約

 

 

 

Q:闇の勢力はどこで、どのようにして私たちに転生前の魂の契約を結ばせたのか?

 

 

 

A:最初の魂契約は、スター・ビーイングとしての私たちが隔離された地球エリアに入る前に結ぶ。入ってきた誰もが何らかの形でその種の契約を結んでいる。そして一回一回の転生前に別の契約が結ばれる。契約の結び方は物質界のように紙に署名するのではなく、あることにイエスと言ってエネルギー的な同意をするのだ。

 

 

 

 

 

〇因果律とカルマ

 

 

 

Q:因果律とカルマの違いは?

 

 

 

A:因果律は単に原因と結果の法則だ。それは物質界と高次のエネルギー界のまったくの物理法則。ある行為がある反応を引き起こすという、物理法則。カルマはイデオロギーだ。因果律の現実を何か別のものへ誘導したいがためのイデオロギーだ。「現在起きていることはあなたの過去の行為の結果です」と言えば口実にもなる。そのような過去の行為も実際はほとんどカバールとアルコンによって操作されていたのだ。

 

 

 

 

 

〇仏陀

 

 

 

Q:仏陀はどの次元にまで昇ったか?

 

 

 

A:現在、彼は8次元と9次元の間のどこかにいる。ただし、次元や密度の言い表し方は人によって異なることを理解しておく必要がある。

 

 

 

 

 

〇心霊現象

 

 

 

Q Bell Witchなど歴史上多数の心霊現象が起きている。背後にある原因は何か?

 

 

 

A:基本的に心霊現象は物質界と非物質界の間のポータルが開いているときだ。多くは特定のプラズマポータルが開いているときに起きている。自然に開くときもあれば、テクノロジーで人為的に開くときもある。高度テクノロジーをもつ非常に限られたグループは人類の歴史上常に存在していた。彼らはプラズマ・テクノロジーを用いて、特定のエンティティーがエーテル界からプラズマ界を通って入って来られるポータルを開いていたのだ。

 

 

 

Q:なぜこのような心霊現象は1990年代以降めったに起きなくなったのか?

 

 

 

A:起きているが、大部分の人たちがその現象に対して別の解釈をしているのだ。

 

 

 

 

 

20年前に戻る

 

 

 

Q:秘密の宇宙プログラムでの20年遡るプログラムを説明してほしい。

 

 

 

A:その部分は認められない。私に言わせればこんなことは起きていない。タイムトラベルはそのようなものではない。

 

 

 

 

 

〇星の性別

 

 

 

Q:地球と金星は一般的に女性惑星とされ、太陽と火星は男性性とされている。何が星や銀河の性別を決定するのか?

 

 

 

A:惑星に強く繋がっている天使的存在のエネルギーの特徴だ。惑星とは惑星という肉体をもつ天使的存在のことだからだ。天体は高度に進化した天使的エンティティーの肉体だ。そしてそのエンティティーはより男性的、あるいは、より女性的な極性をもつことができる。地球の場合、より女性的なのだ。

 

 

 

 

 

〇黄金のリンゴ

 

 

 

Q:なぜ多くの神話に黄金のリンゴが出てくるのか?

 

 

 

A:それは単にアトランティス時代に遡るシンボルだ。当時黄金のリンゴは魂の象徴だった。そして金属としての金は魂のスピリチュアルな光に繋がるものだった。

 

 

 

 

 

〇天然石

 

 

 

Q:ラリマーの他にアトランティス文明に同調するような石はあるか?

 

 

 

A:アクアマリンはアトランティスのエネルギーの特徴を保持している。

 

 

 

Q:ヒールズバーガイト(Healdsburgite。テクタイトの一つ)という星の石について話してほしい。

 

 

 

A:これはオリオン恒星系に由来する。

 

 

 

Q:リビアングラスの使い方は?

 

 

 

A:リビアングラスは非常にユニークな種類の石だ。自分のネガティブな部分を変化させるからだ。自分の内側の闇に取り組む助けとなる。これは、自分の内側の抑圧されたネガティブな部分に直面することを厭わず、それだけの準備のできた人向けのものだ。あまりにもネガティビティーを抱え込み過ぎてそれに対処するつもりのない人には良くない石だ。情緒不安定にしてしまう。

 

 

 

 

 

〇プラズマ/エーテルボール

 

 

 

Q:ときどき二つの掌の間に見えないエネルギーボールが感じられる。それを押すと小さくなるのを感じる。この現象は何か?

 

 

 

Q:基本的に経路から指を通るプラズマの流れがある。そして指を通るエーテルの流れもある。指が特定の位置にあるときプラズマやエーテルのボールができ、それを感じることができる。特別な強化訓練をすればもっと頻繁にボールができ、とてもありありとしたものになる。

 

 

 

 

 

〇ツインソウル

 

 

 

Q:ツインソウルが別々の惑星に転生する可能性はあるか?

 

 

 

A:この宇宙ではよくあることだ。地球は、アルコンがこのプロセスをコントロールしているような独特の状況にある。

 

 

 

95%の人はここ物資界にツインソウルはいないだろう。宇宙船、地下、太陽系のどこか、プレアデス、その他の場所にいる。仮に地球上で出会ったとしても干渉される。大抵はいかなる交流も非常に難しくなるように干渉される。

 

 

 

 

 

〇インディゴ・チルドレン

 

 

 

Q:ブルー・レイ・チャイルド、インディゴ・チャイルドとはどういう意味か?

 

 

 

A:地球に転生した異なるタイプのスター・ビーイングを異なる呼び方で表したものだ。

 

 

 

Q:スターシードの起源は?

 

 

 

A:基本的に天使存在だ。天使存在としての私たちは、様々な恒星系から来て地球に転生した。

 

 

 

Q:スターシードには、自分と地球のアセンションを果たすために今回最後の物質界の人生を独身で過ごす選択をする者がいると言われている。これは本当のことか、それとも誕生前のプログラミングか?

 

 

 

A:ソウルメイトやツインソウルを結びつかせないためのプログラミングだ。

 

 

 

Q:独身は良くないのか?

 

 

 

A:個人の選択ならば良い場合もあろうが、多くの場合、それは個人の選択ではなく操作されたものだ。

 

 

 

 

 

〇チャネリング/ヴィジョン

 

 

 

Q:なぜほとんどのチャネリングは東洋よりも西洋に起源をもつのか?

 

 

 

A:それは単に現在の形のチャネリングは西洋がつくったものだから。だから東洋ではそれほど、はやらない。そしてこのほとんどがニューエージのネットワークを通して商業化されてきた。ごく僅かなものしか本物ではない。

 

 

 

Q:どうすれば、ポジティブな高いスピリチュアル存在からのメッセージが本物かどうか確認できるか?

 

 

 

A:ただ識別心を用いて。高いポジティブなスピリチュアル存在は常にあなたをよりインスパイアされた状態にしてくれる。決してあなたの意識の状態を低めない。必ずあなたのコンディションをよくする。

 

 

 

Q:夢の中のヴィジョンはどのようにして生じるのか?

 

 

 

A:あなたの魂は夢見の状態を通してあなたにヴィジョンを送ることができる。

 

 

 

Q:なぜ日常生活の問題を解決する助けとなる夢があるのか?

 

 

 

A:あなたの魂が夢を通して話しかけているのだ。あなたが起きている間メッセージを聞けないときに。

 

 

 

 

 

〇アカシックレコードの解読

 

 

 

Q:アカシックレコードを解読するためにはどんなスピリチュアルトレーニングを行えばよいか?

 

 

 

A:それはとても難しく、たくさんの訓練がいる。アカシックレコードを読めると主張する人はたくさんいるが、本当にできる人はもの凄く少ない。できると主張する人のほとんどが、実はできていないのだ。

 

 

 

それは大抵あなたがアセンションに達すれば、自ずからできるようになる類いのものだ。

 

 

 

 

 

〇ダライ・ラマ

 

 

 

Q:どうしてダライ・ラマは特定の個人に生まれ変わる選択ができるのか?

 

 

 

A:実際、ダライ・ラマの協会は、ずっと昔にアルコンに乗っ取られた。だから彼らが転生を決めている。

 

 

 

Q:他の惑星では生まれ変わっても過去世を覚えていられるのか?

 

 

 

A:もちろんだ。

 

 

 

Q:過去世を覚えていられないのは隔離された地球だけか?

 

 

 

A:イエス。イエス。まさに今そうなのだ。

 

 

 

 

 

〇癌治療

 

 

 

Q:癌患者に勧めたいヒーリングテクニックは何か?

 

 

 

A:癌治療の完全なプロトコルをもつ診療所は世界中にあるが、あまり公にしていない。カバールが追跡するからだ。だが、プロトコルを完成させた人たちはいる。プロトコルは単純でないけれども、癌の治療は解決済みだ。私はその分野で助けてくれる人たちとコンタクトしている。

 

 

 

Q:ヒーリング・セッションを受ける際、自己修復の意図をもってDNAをプログラムすることは役に立つか?

 

 

 

A:適切な方法で適度の意識を向けてそうすれば、役に立つかもしれない。

 

 

 

 

 

〇セントジャーメイン

 

 

 

Q:以前あなたは、自分のI AMプレゼンスにフルに繋がれば、一人でも地球を解放できると言った。なぜセントジャーメインは200年前にそうしなかったのか?

 

 

 

A:彼は地球の状況を十分に知っていたわけではない。状況も整っていなかった。それでも彼は西洋文明に大きな影響を与え、それは今でも感じられるし、これからもそうだろう。だから、そのミッションを完全に成功させるためにあなたは、彼が当時気付かなかったたくさんの事実に気付く必要がある。

 

 

 

 

 

〇アトランティスの光

 

 

 

Q:イスラエルがアトランティスの光のキーコードを握っているならば、私たちはニュー・アトランティスのために、このコードをどう活性化すべきか?

 

 

 

A:まだその時ではない。これは大変微妙な問題であり、基本的にイベント時とイベント後に起きることだ。

 

 

 

 

 

〇エーテルの解放瞑想

 

 

 

Q:光の勢力がパンドラ作戦を開始して4年になる。そのプロセスを加速させるために私たちはエーテルの解放瞑想をもっと増やすべきか?

 

 

 

A:基本的に私たちに必要なのは、日曜日に瞑想する人の数を増やすことだ。地表の住民の協力が十分でないため、光の勢力は現在プランBに沿っている。時間はかかっても着実だ。そのことも、こうしたことにあまりにも時間がかかっている理由の一つだ。

 

 

 

 

 

〇宇宙船で働く

 

 

 

Q:イベント後、ライトワーカーやスターシードは宇宙船や銀河連合で働けるか?

 

 

 

A:もちろん、ある時点で。十分に交流して、あるプロセスを経れば、宇宙船で暮らしたり働いたりできるようになる。統合するプロセスが必要なのだ。

 

 

 

非常にラフな予想だが、イベント後一年かそこらで宇宙船で働く人が出始めるだろう。

 

 

 

 

 

〇イベント後の企業

 

 

 

Q:金融リセット後、多くの企業が株を買い戻すことになっている。それだけの現金や資本がなくて清算できなかったらどうなるのか?

 

 

 

A:多くの企業が破産し、健全な企業だけが残るだろう。同じ企業でも価値あるものを生産できることを示せる部門が残る。それ以外の部門は破産を余儀なくされる。このようにして官僚主義的な企業とカバールをベースとするすべての活動をパージするのだ。

 

 

 

Q:買い戻す際の株価はどうなるのか?

 

 

 

A:様々な要素で決まる。一つは株式市場での時価。次に企業の健全性に関わる指標。指標は多岐にわたる。企業の振る舞い、運営の仕方を測るための様々な指標が取り決められ、それはかなり複雑なアルゴリズムになるだろう。そしてこれが最終的な株価を決める。

 

 

 

 

 

〇イベント後のテクノロジー

 

 

 

Q:イベント後、地表の住民は高度技術を利用できるようになるのか?

 

 

 

A:人類が夢見るよりもずっと進んだ技術をもっている種族がいるが、人類はすべての技術に対して準備できているわけではない。人類が自分たちのものとして統合できるだけのものを受け取った後、特定の個人がさらに受け取るだろう。それでも人類が経験する量子的飛躍はかなりのものだし、素晴らしいものになる。だが、やはり人類は、変容の恩恵を完全に受け取るには、スピリチュアルな成長という内的なプロセスを経る必要がある。

 

 

 

Q:あなたは、ファースト・コンタクトはイベント後1年くらいになるだろうと言った。秘密の宇宙プログラムのテクノロジーも含め、あらゆる種類の高度技術を導入することで、ファースト・コンタクトを早めることはできないか?

 

 

 

A:この1年プランにはすでにこのことも含まれている。ここで主な問題となるのはテクノロジーではなく、人類の意識だ。イベント後、人々は意識とテクノロジーの関係を理解する必要がある。精神的に成熟した存在だけがさらに高度なテクノロジーにアクセスできる。そうでないと誤用に繋がる不調和を招く。

 

 

 

 

 

〇アセンション後の転生と夜空

 

 

 

Q:地球がアセンションを完全に果たした後、転生はなくなるのか?

 

 

 

A:転生は経験したい人だけの選択肢となる。だが、地球が完全にアセンションした後はほとんどの人間がここに存在しなくなるだろう。

 

 

 

Q:夜空は大きく変わるか?

 

 

 

A:随分変わる。情報を伝えるのがフォトンでなくタキオンになるからだ。過去に発せられた星の光を見るのではなく、今この瞬間の空を見上げるようになるので夜空の様子は変わる。

 

 

 

 

 

〇イベントとヒーラー

 

 

 

Q:多くのライトワーカーはヒーリング・テクニックを学ぶよりも、イベント後のヒーリング・テクノロジーを待っている。それに関するコメントは?

 

 

 

A:誰もが現在の瞬間に生きることを強く勧める。イベントを待ち望むのではなくて。なぜなら、イベントを待っているとあなたの人生に不満がたまるし、つまらなくなるからだ。常にイベントの瞬間がくるのを待ちわびるようになる。現在の瞬間に自分の人生を生き、プロセスを加速させることに積極的に関われば、あなたの人生は充実してとても面白いものになる。そしてイベントが起きる時には、あなたはより準備が整っているのだ。

 

 

 

Q:イベント後は高度なヒーリング・テクノロジーがヒーラーと置き換わるのか?

 

 

 

A:ヒーリングのプロセスには常に人間的要素が関係するので、完全には置き換わらない。

 

 

 

Q:それならヒーラーは、自分のヒーリング・テクノロジーをそのまま専門にしておけるのか?

 

 

 

A:そうだ。ヒーラーは随分役立つだろう。イベント後の数週間、ヒーラーへの巨大な需要が起きる。

 

 

 

 

 

〇結びに

 

 

 

Q:地球解放に関して何か人々に言いたいことはあるか?

 

 

 

A:いくつかある。一つ目は、誰もがヴィジョンをもってほしい。自分が何を創造したいのか知ってほしい。二つ目は、チームで協力することを学ぶのだ。この二つが現時点での鍵となる要素だ。私たちはこの段階を経て次の段階へと進む。

 

 

 

(了)

 

リニューアルします

コブラ情報は4年前に日本での発信者がいなくなったため、応急処置としてNow Creationで翻訳していました。現在は事情が変わりましたので、コブラ情報は終了し、当初予定していたコンテンツでリニューアルしたいと思います。

これまでお付き合いいただいてありがとうございました。