私のインタビュー整理ノート13

PFCの6月コブラインタビューより

 

私のインタビュー整理ノート13

 

 

 

20176PFCインタビューより~

 

(一部のみ。要約しています)

 

 

 

〇マラウイ

 

 

 

リン:チクワワ地区の窮状が日ごとに酷くなっています。今週、ケイアソンは私に、今では孤児が300人近くいると伝えてきました。孤児たちはどこにも行くあてがないため、彼のもとにやってくるのです。このあたりには社会福祉施設が全くなく、孤児たちは路上で生きるしかありません。ケイアソンは、私たちの寄付金を大切に使っていますが、孤児が増え続けるため足りなくなりました。お金が入る前に食糧が底をつきます。住居が不足しているので、ケイアソンは子どもたちに二番目の煉瓦ドームを建てています。日干し煉瓦はあるのですが、セメントと窓が必要です。

 

 

 

現在、現地ではコレラが大流行しています。大勢が罹患しました。今日、私はコレラの流行を抑えるためのビデオを彼に送りました。この共同体は、私たちの小さなグループが与えるよりも、はるかに多くを必要としています。私は大口寄付を支援してくれる人を探しています。イベントはすぐには起こりません。私は困難を抱える度に、毎日ケイアソンが対処しなければならないことを思うのです。そして自分に言います。「私の人生はそんなに悪くない」と。私は、マラウイの人たちの生活を良くしてあげられれば幸いです。その日はきっと来ます。

 

 

 

今月の子どもはエネリシ・メイオソです。両親が亡くなったため、14歳にして一人で生きています。学校に通っていることから、彼女がとても聡明で才能に恵まれていることがわかります。彼女の好きな科目は数学と英語です。ケイアソンによると、彼女は洗濯をして生きているそうです。彼女はサッカーやバレーボールと共に歌と踊りも好きな幸せな子どもです。私は、彼女の労働時間を減らして、普通の14歳と同じように勉学と遊びの時間を増やせるよう、エネリシのスポンサーを探しております。毎月エネリシを支援してくれる人、もしくはチクワワ地区の孤児のために奮闘しているケイアソンを支援してくれる人は、私にご連絡ください。lynn@prepareforchange.net

 

ご寄付は ”for Malawi” と明記した上で、小切手か(ウェブサイト上の)PayPalでお願いします。小切手の宛先です。

 

Prepare for Change, 1441 Huntington Drive, Suite 1110, South Pasadena, CA 91030

 

 

 

PFCへの寄付はすべて課税控除の対象となります。

 

皆さんのご支援に感謝致します。

 

 

 

 

 

〇福島

 

 

 

Q:日本の諜報部(Japanese military intelligence)によると、大きな隊をなした未確認の航空機隊が福島上空に飛来した後、放射線か消えたという。これは新しいニュースか、それとも数年来の内部情報が表に出てきたものか?

 

 

 

A:それは古いニュースで、事故当時の出来事だ。今現在、というか、ここ数年は、原子炉にごくごく近いエリアは別として、福島周辺に放射能はあまり出ていない。実際、私は原子炉から20マイル(約32㎞)のところにいたが、そのあたりの放射能はノーマルだったし、人々は混乱なく普通に暮らしている。

 

 

 

Q:銀河連合が救ってくれたのか?

 

 

 

A:そうだ。銀河連合が津波の直後に、ある程度介入した。福島原子力発電所の状況はかなり抑えられた。太平洋の放射線に関するたくさんの報告は、ただの偽情報だ。

 

 

 

 

 

〇グレンフェル・タワー火災

 

2017614日ロンドンで発生)

 

 

 

Q:断熱、耐候、美観のためのグラディングも、デザインや材質によって火災時のリスクとなり得る。今回は、そうしたケースだったのか?

 

 

 

A:それも一つの要因だが、そのビルのインフラ全体が古いまま放っておかれていた。それは単にビルの所有者が、ビルのメンテナンスに金をかけなかったからだ。

 

 

 

Q:では、これは911UK版というか、偽旗ではなかったのか?

 

 

 

A:偽旗事件ではない。世界中のどこにもたくさんのビルがあり、火災の危機となれば遅かれ早かれこのようなことがどこでも起こりうる。なぜなら、最低限の安全基準さえ遵守されていないからだ。実際に光の勢力はここ数年、世界中でそのような出来事を未然に防いできた。

 

 

 

 

 

〇スティーブ・スカリス共和党議員

 

 

 

Q:スティーブ・スカリス下院議員が狙撃されたのは、彼が人身売買と子どもへの犯罪行為について発言しているせいだと伝えられている。何か情報は?

 

 

 

A:多くの人たちがこの種のことを明るみにしようとして黙らせられる。この事件もそのうちの一つだ。しかし、カバールが何をしようと、隠し通せない。このような状況は、ここ数ヵ月で急激に知れ渡ったし、今このことを公にするのは光の勢力の作戦の一部だ。人々が知っていれば、光の勢力はこうした状況に対してずっと簡単にアクションを起こせるからだ。

 

 

 

Q:単独犯とされるジェームズ・ホジキンソンについてコメントしてほしい。

 

 

 

A:トラウマベースのマインドプログラミングを施されていた。彼の暗殺プログラムが起動されたのだ。カバールはそのような人間を米国中、世界中の要所に大勢置いている。

 

 

 

 

 

〇北朝鮮

 

 

 

Q:元プロバスケットボール選手のデニス・ロッドマンが金正恩を訪ねた。曰く、「金正恩は正常な男で、アメリカを含め誰かを爆撃したいなんて思っていないよ」。金正恩は誰かにコントロールされているのか、それとも悪をなす中心人物か?

 

 

 

A:彼は中心人物ではなくイエズス会の息のかかったネットワークの傀儡だ。そのネットワークは北朝鮮の状況を自分たちの目的のために利用しているのだ。

 

 

 

 

 

〇体制変革

 

 

 

Q:すべての紛争を終わらせて新金融システムの下地をつくるために、サウジアラビア、イスラエル、ウクライナ、日本、米国、その他の国々の体制変革に向けた協議や交渉が行われている。このような協議は筋の通った必要なことなのか。本格的な交渉が進んでいるのか?

 

 

 

A:あるレベルで、そうした国々の体制変革に向けた本格的な交渉が行われており、変化するだろう。そのような変化は遅かれ早かれ起きるが、それは全体の状況における核心部分ではない。なぜなら本格的な金融リセットはイベント時にのみ起き、それ以前ではないからだ。だがイベント前でも政治的な変化は起きるだろう。実際にすでに変化した国もあり、他の国も変わるだろう。

 

 

 

Q:交渉にあたっているのは誰か?

 

 

 

A:大抵の場合、その国に関係のあるホワイトハット。他にはもっと表に出ないポジティブなグループがある。一切のブログやウェブサイトに出てこないグループだ。舞台裏で完全に非公開のままなので、どこにも伝えられていない。

 

 

 

 

 

USSフィッツジェラルド衝突事件

 

 

 

Q:米海軍のミサイル駆逐艦フィッツジェラルドがフィリピン船籍の貨物船に衝突されたとされる事件で、本当は何が起きたのか?

 

 

 

A:深いレベルでは、海軍の秘密宇宙プログラムのディスクロージャーに関して多くのゲームが繰り広げられていた。ネガティブな勢力が海軍にあまり情報開示しないように警告しようとしている。アメリカ海軍には完全ディスクロージャーを支持している非常に強力でポジティブな派閥があるからだ。彼らは何もかも公表したがっている。しかし、これに強く反対する派閥もあるのだ。現在この問題をめぐって極めて激しい内紛が起きている。

 

 

 

Q:この事件を仕組んだのは誰か?

 

 

 

A:キメラグループにとても近い者たちが命令した。米国空軍にたどりつく。

 

 

 

 

 

〇ロングアイランド沖のピラミッド

 

 

 

Q:ロングアイランド沖のアトランティスのピラミッドは、光の勢力がブラックストーンのエネルギーをバランスさせるのに利用しているのか?

 

 

 

A:そうだ。

 

 

 

Q:これらのピラミッドはどう機能しているのか?

 

 

 

A:神聖幾何学の原理に基づいて機能しているし、ピラミッドの形は次元間の出入り口を生じさせる。そのため高次のエネルギーが物質界に届きやすくなる。光の勢力は、物質界に光を流すためにすべてのピラミッドを、光とエネルギーのネットワークに組み込んで利用できる。

 

 

 

 

 

〇悪人たち

 

 

 

Q:善人を1、死後セントラルサン送りになったブレジンスキーを10とするスケールで、次の人物の悪人度を測ってほしい。まずデビッド・ロックフェラー。

 

 

 

A:ブレジンスキーは9で、デビッド・ロックフェラーが10だと思う。

 

ジョージ・ソロスは9。まだ生きている。

 

ヒラリー・クリントンは8。まだ生きている。

 

ビル・クリントンは7から8の間。まだ生きている。

 

サダム・フセインは7から8の間。死んでいる。

 

オサマ・ビン・ラディンは7から8の間。死んでいる。

 

 

 

 

 

〇オサマ・ビン・ラディンの死

 

 

 

Q:オサマ・ビン・ラディンは重度の腎不全、肝不全になっていたのに透析が受けられず、200112月アフガニスタンで死亡したと言われている。政府の話では201152日、米海軍特殊部隊が屋敷に奇襲をかけて殺害したことになっているが、当時、それを証明するような遺体などは公開されなかった。真実を教えてほしい。

 

 

 

A:実際に奇襲作戦は行われ、彼はそれで死んだ。だが、彼はキー・パーソンではない。彼は、アルカイダがどうのこうのというストーリーの中で罪を着せられたパペットに過ぎない。それは巧妙に仕立て上げられた話だ。いわゆるテロとの戦いに備えて米軍を中東に駐屯させ、このオイルダラー・マシンを動かし続けるための話だ。それが背後の核心部分だった。

 

 

 

 

 

〇レオ・ザガミ

 

 

 

Q 元イルミナティーのレオ・ザガミは本当に内部情報を明かしているのか?

 

 

 

A:知っていることすべてではないにせよ、たくさん明かしている。

 

 

 

Q:彼は地球解放プロセスに関わっているか?

 

 

 

A:イエス。彼は何年も前にかなりの量を表に出したし、イルミナティーの特定の派閥――特にイタリアP2ロッジの派閥とそれに類似する組織の派閥――の奥深い情報を流す助けをしていた。

 

 

 

 

 

〇ハプスブルク派

 

 

 

Q:ベンジャミン・フルフォードの最新記事に、カール・フォン・ハプスブルクは、ライバルのザクセン・ゴータ・ロスチャイルドが大きく力を失ったので、ハンガリー帝国を復活させるだろうとあった。これは頭がすげ変わっただけで、民衆はイベントまで堪え忍べという状況か?

 

 

 

A:いくつかのことが同時に起きている状況だ。一つは、ザクセン・ゴータ・ロスチャイルド派とハプスブルク派との間の内部争い。どちらの派閥も大した違いがないことを理解する必要がある。だが、ハプスブルク派にはポジティブなテンプル騎士団員たちが入り込んでおり、この状況をカール・ハプスブルクのプランではなく、光の勢力のプランに適うように利用している。

 

 

 

 

 

3本指のミイラ

 

 

 

Q:最近ペルーのナスカで3本指のミイラが発見されたが、きちんとしたレポートか、それともやらせか?

 

 

 

A:この話にはあまり期待してのめり込まない方がよい。

 

 

 

 

 

〇シリア/コンゴ・ボルテックス

 

 

 

Q:シリアのエネルギー・ボルテックスは良くなったのだろうか?

 

 

 

A:良くなっている。シリア情勢は急激ではないが着実に大きく進展している。光の勢力がシリアを解放しつつあり、シリアの恐怖物語も終わりが見えてきた。

 

 

 

Q:コンゴ・ボルテックスの回復具合は?

 

 

 

A:エネルギー的にはかなり進んだが、物質界では大して進んでいない。そこにはトラウマを抱えた人たちが大勢いるため、状況を変えるだけの支援と善意が足りないからだ。コンゴ・ボルテックスはイベント時の最後のブレイクスルーで次第にゆっくりと癒えるだろう。

 

 

 

 

 

〇プラズマ界/ヤルダバオト

 

 

 

Q:地球のプラズマ界はどうなったか?

 

 

 

A:ここ数ヵ月、特に6月半ばからかなり良くなっている。

 

 

 

Q:トップレット爆弾は?

 

 

 

A:同じだ。

 

 

 

Q:ヤルダバオトについてコメントは?

 

 

 

A:(ブラックストーンもヤルダバオトも)大事な作戦の最中なので、何も更新情報は出せない。

 

 

 

Q:ヤルダバオトが初期異常のプラズマ化身なら、その初期異常は他に何次元に入っているのか? ヤルダバオトは物質次元にどうやって顕現するのか?

 

 

 

A:ヤルダバオトはプラズマ・エンティティーであり、初期異常が顕現しただけの存在ではない。初期異常はすべての次元のどこにでもあり、別様に顕現する。非常に希薄であったり、とてもはっきりしていたり。それは進化の力に対抗する力なのだ。

 

 

 

Q:それは他の次元にもプラズマ・エンティティーとして存在するのか?

 

 

 

A:ノー。

 

 

 

Q:このエンティティーは、いくつの次元をカバーしているのか?

 

 

 

A:それはただのプラズマ・エンティティーで、意識状態は低い。分かりづらくなるので次元での表現はしない。

 

 

 

Q:知覚力を有しているか、それともAIか、あるいはその両方か?

 

 

 

A:知覚力を有しているが、先に述べたように意識状態は低い。

 

 

 

Q:ヤルダバオトの解消具合をパーセンテージで示しているサイトがあるが、その価について問題はあるか?

 

 

 

A:そのブログの精度は肯定も否定もできない。私はパーセンテージで知らせることはしない。それはそのように表現できるものではないからだ。仮にそのような情報をもっていたとしても、公に発表して利することはあまりないだろう。

 

 

 

 

 

〇粒子加速器

 

 

 

QBilderberg, Donald Trump, and CERN20176月上旬のビルダーバーグ会議に関する記事だ。

 

 

 

「ロシア連邦医療生物学庁が、CERNが多次元のエンティティーとの接触を試みていることを、完全に突き止めるうえで欠かせない、あるレポートが明らかにしていることがある。1978713日、ロシアの科学者アナトーリ・ブゴルスキーは、稼働中の粒子加速器に頭を入れてしまった史上唯一の人間となった。

 

そして彼には次元を横断するメンタルな能力が残された」。

 

 

 

コブラ、これは事故のせいだと思うか?

 

 

 

A:基本的にそのような実験は次元の扉を開く。彼はそこにいた間、その副次的影響を経験していたのだ。

 

 

 

Q:「事実、このレポートには、2015年にアメリカ国立標準技術研究所研究員によってアインシュタインの間違いが最終的に証明されたと記されている。粒子は光の速度を超えるばかりか、どれだけの距離(または次元)であっても、即座に情報を伝えることが証明されたのだ。この驚くべき発見は、先週中国の科学者も確認した」。

 

 

 

この記述は正しいか?

 

 

 

A:大いに正しい。

 

 

 

Q:これが、私たちが瞑想やテレパシーでやっていることなのか?

 

 

 

A:そうだ。

 

 

 

基本的に宇宙全体が量子レベルで繋がっており、光の速度は通常の時空4次元連続体を移動する粒子にだけ当てはまることだ。統一された量子場は、それをはるかに超えるものであり、そのような情報伝達は常に可能だし、可能どころか、常に起きていることだ。

 

 

 

Q:「このレポートが説明していることを最も簡潔に表現すれば、一切の物質及び人間存在の基礎全体が100%の嘘であり、嘘と意図的な詐欺を基にしているということだ。――本当の真実は子宮に命が宿った瞬間に、切っても切れない即座のコミュニケーション・リンクが人間と神の間に生じるというのに」。

 

 

 

人間と神とのコミュニケーションをあらゆる方法で断つなんて、カバールの仕業だろう。裸の王様みたいだ。

 

 

 

この部分は正しいか?

 

 

 

A:イエス。イエス。

 

 

 

Q:「CERNのファビオラ・ジャノッティ所長によりビルダーバーグ・グループに伝えられ、西側エリートマスター支配者たちを恐怖に陥れた "Message of God” は、このレポートの結論によると、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が生じさせた画像だった。 “TEKEL” と発音する一語の古代ヘブライ語 תקל を形成したのだ。その基本的意味は『汝らは測りにかけられ、十分ではないことがわかった』http://www.whatdoesitmean.com/index2317.htm」。

 

(訳注:リンク先記事に、「彼らは恐怖に陥り、自分たちの西側諸国に、LHC3倍の大きさのサイクロトロン粒子加速器の資金拠出を約束させた」とある)。

 

 

 

この部分についての情報はあるか?

 

 

 

A:こんなことが本当に起こったとは確認できない。これはただの噂だと思う。でっち上げたのかもしれない。

 

 

 

Q:「LHC2020年代半ばに本格的にアップグレードすることになっている。粒子の衝突頻度を押し上げられるだろうし、精度もさらに高まる。名前も高輝度大型ハドロン衝突型加速器(HL-LHC)にアップグレードする。https://www.sciencealert.com/work-is-already-beginning-on-the-large-hadron-collider-s-replacement」。

 

 

 

コブラ、こんなものが建設される可能性はどのくらいだろうか?

 

 

 

A:建設中に遅延や問題が生じるだろう。

 

 

 

 

 

〇嘘か真か

 

 

 

Q:本当のことかでっち上げか答えてほしい。6月の終わりまでに犯罪者の逮捕をよく見聞きするようになる。

 

 

 

A:本当だが、突然増えるのではなく、次第に増えていくだろう。特に子ども虐待のネットワークに関しては。

 

 

 

Q:フランシスコ教皇は子どもへの性的虐待に対する罰を廃した。

 

 

 

A:彼が布告した特定の法令はこのようにも、別様にも解釈できる。民衆次第で利用も悪用も可能だ。

 

 

 

Qカトリック宗教はドラコがつくった。

 

 

 

A:違う。アルコンがつくり、ドラコはそのアジェンダを進めた奴隷勢力だ。

 

 

 

Qドラコとレプタリアンは仲間内で闘っている。

 

 

 

A:ある程度。

 

 

 

Q:ドラコとレプタリアンの違いを教えてほしい。

 

 

 

A:ドラコはよりメンタルで、計画や戦略を練ることができる。一方レプタリアンはより感情をベースに生きているので、彼らはただ反応するだけだ。

 

 

 

Q:ヨーロッパでは性教育が学校に課せられた。

 

 

 

A:極端な例としてはあるが、ヨーロッパ中でその方針が重んじられているわけではない。

 

 

 

Q国連the Luciferian Trust だ。

 

 

 

A:イエスでもあり、ノーでもある。国連は光の勢力が創設したが、カバールが悪用した。

 

 

 

Qジョン・ポデスタがマックス・スピアーズの死の背後にいる。

 

 

 

A:直接ではないが、関与している。

 

 

 

QキルデキアンKilldeckians)とは何者か?

 

 

 

A:地球外種族で、彼らと接触していた人が本でそのように呼んでいたのだと思う。

 

 

 

Q:キルデキアンは死亡時に「光に行かない」というのは本当か?

 

 

 

A:そのように述べられているが、本当ではない。

 

 

 

Q:オバマたちのせいで、イエローストーンの下に60キロトンの核兵器が埋まっている。

 

 

 

A:ノー。

 

 

 

 

 

〇タキオン

 

 

 

Q:ある人がタキオン・チェンバーの中でひらめいて、タキオン水を中央ヨーロッパの様々な川に流した。水のサイクルにより、タキオンを含んだ雨を野や庭に降らせるためだ。タキオンは水の中で増えるのか? もしくは宇宙から他のタキオンを引きつけるか? 他の水分子にも影響を与えるか?

 

 

 

A:タキオンはベールの向こうのタキオンと結びついて地表のタキオンネットワークを強化する。

 

 

 

Q:個人的なヒーリングにとって、タキオン・チェンバーの大きな効用は何か?

 

 

 

A:肉体や高次のエネルギー体など人間存在のあらゆるレベルを調和させることだ。そしてこのテクノロジーは実際に、極めて効果的に私たちをソースに繋げてくれる。

 

 

 

Q:タキオン・チェンバーは地球解放プロセスを加速できるか?

 

 

 

A:できる。

 

 

 

Q:あなたが持っているタキオン・チェンバーと他の人が宣伝しているタキオン・チェンバーの違いは何か?

 

 

 

A:本当にタキオン・チェンバーを持っている人が他にも地表にいるのか確認できない。

 

 

 

Q:あなたが知らないだけなのでは?

 

 

 

A:彼らの主張を認められない。

 

 

 

Q:タキオン化のプロセスはどれだけ正確にチンターマニ・ストーンに影響するのか?

 

 

 

A:タキオンはあらゆる物質とソースとの繋がりを強めるが、チンターマニ・ストーンだとさらに効果が強まり、チンターマニ・ストーンを一層強力なものにする。なぜならチンターマニ・ストーンは、現在地表で入手できるもっとも純粋な物質形態の一つだからだ。

 

 

 

 

 

〇金融崩壊

 

 

 

Q:年が暮れる前に大きな金融崩壊が起きると言われているが?

 

 

 

A:金融崩壊はこの10年間ずっと予測されている。毎年誰かが今年に起きると予言しているので、私はあまり心配していない。実際にその人たちが感じ取っているのは金融リセットが起きることだ。金融リセットは古いシステムの崩壊を含むが、それはイベント時に起きる。

 

 

 

Q:スピリチュアルな、あるいは瞑想的なレベルで、この転げ落ちる雪玉を変えるために私たちにできることはあるか?

 

 

 

A:もちろん日曜ごとの瞑想は、その移行を容易なものにし得る完全なものだ。

 

 

 

Q:暗号通貨は新金融システムに含まれるか?

 

 

 

A:ノー。

 

 

 

 

 

〇モーゼ

 

 

 

Q:モーゼの本当の物語を教えてほしい。

 

 

 

A:彼はエジプト聖職者階級の神官だった。彼はその教えを現在のサウジアラビアを含む地域に伝えた。彼はサウジアラビアで新しい宗教を開いた。

 

 

 

 

 

〇ネアンデルタール人

 

 

 

Q:ネアンデルタール人は、闇の勢力とその手下が地上の3次元の形態に生まれるために乗っ取られた種族か?

 

 

 

A:ある程度はそうだ。

 

 

 

 

 

〇国立公園の行方不明者

 

 

 

QDavid Paulidesが国立公園の数千人の行方不明者の謎について調べて何冊かの本にしている。当局はきちんとした調査や援助も拒んでいるという。離れた場所で放心状態のまま見つかった人や、記憶喪失になり精神に障害を負った人、生き物を見た子ども、軍人やエイリアンを見た人などが報告されている。出てこなかった人もいる。集団でいなくなった事例も世界中で報告されている。その説明として「一括引き渡し」、離脱文明への人さらい、奴隷にするため、ポータルのせい、軍部やネガティブE.T.の仕業などがある。あなたの説明を聞きたい。

 

 

 

A:実際にそのすべてが起きていた。2002年、2003年くらいまで軍事地下基地のネットワークが広がっていて、このような人たちを実験や奴隷などいろんなことに利用していた。あまり世間と離れていなかったため、その多くが地球外で行われるようになった。今なお不明になっている人がいるのは、カバールの虐待ネットワークに連れ去られるからだ。だからそれはまだ未解決の状況だ。

 

 

 

 

 

〇ヴェーダ

 

 

 

Q:古代インドの人々が北(今日のロシア人?)の白人からヴェーダを受け取ったというのは本当か? ある程度それが基になって今日インドに伝わるヴェーダとヴェーダ文化になったのか?

 

 

 

A:だいたいその通りだ。その源流地は正確にロシアというわけではないが、旧ソ連の一部だった。しかし、この物語の正しい部分は6070%くらいだろう。

 

 

 

 

 

Baird Spalding

 

 

 

Q1924年のベアード・スポールディングの “Life and Teachings of the Masters of the Far East” というブックシリーズがある。(訳注:邦題は「ヒマラヤ聖者の生活探求」)。1900年代初頭に東洋を探検したアメリカ人の物語だ。彼らは、自分たちの経験とイエスを含む「大師たち」について書いた。イエスはときどき訪れて天気を変えたり、姿を現してみんなを高揚させたり、光、食べ物、音楽、その他の「奇跡」を生じさせた。中にこんな文面がある。「これらの大師たち、あるいは兄たちは人類の運命を助け導いている」。このブックシリーズの大師たちとは誰か?

 

 

 

A:アセンデッド・マスターだ。

 

 

 

Q:ベアード・スポールディングは1930年代後半になると講演することで活動を続け、世界中のスピリチュアル・コミュニティーで大きな役割をもった。

 

スポールディング氏について他に情報は?

 

 

 

A:当時のアセンデッド・マスターの教えの一部を公表するために、彼はアセンデッド・マスターのセント・ジャーメインに選ばれた。彼はその時代の意識を高め、アセンデッド・マスターと当時の状況を理解することに大きく寄与した。

 

 

 

Q:この本では、彼はよくいろんな寺院を旅している。世界には、寺院の大きなグリッドがあった。そのグリッドはどう地球のエネルギーを安定させたのか?

 

 

 

A:このグリッドはアガルタ・ネットワークの一部だった。これはもちろん地球の安定化を随分助けたし、そのグリッドがなければ、現在地表には住めなかっただろう。

 

 

 

Q:その寺院の多くが破壊された。その上に別の建物が建ち、大体は闇の側が使用した。もともと寺院は何のためにあったのか?

 

 

 

A:光を定着させるため。

 

 

 

Q:死なずに何世紀も生き続け、歴史に影響を与えたり、奇跡を示したりしながら世界中を巡った存在が歴史に伝えられている。これは東洋の大師たちとどんな関係があるのか。信憑性はどれくらいか?

 

 

 

A:アセンドした人は死なないので、大いに関係のあることだ。これは同じ物語の一部だ。

 

 

 

 

 

Wayne Herschel

 

 

 

Q:ウェイン・ハーシェルは、古代の巨石文化遺跡がプレアデスのスター・マップであることを示す、多くの発見をした。それは正しいか?

 

 

 

A:彼の仕事のその部分は極めて正確だ。星のアラインメントは必ずしも彼の提示通りではないが、彼の基本的アイデアはかなり正しい。

 

 

 

Q:古代エジプトやその他の社会で、雄牛の足のシンボルはプレアデスか?

 

デンデラ黄道帯の中心のシンボルはプレアデスか?

 

 

 

A:イエス。

 

(訳注:通説では古代エジプトの雄牛の足は北斗七星を表すが、ウェイン・ハーシェルのサイトではプレアデスとして表示されている。デンデラ黄道帯とはエジプトのデンデラ神殿複合体の一室の天井に刻まれた円形の星座絵。本物はルーブル美術館にある。雄牛の足はやや中心よりに描かれているが、中心ではない)。

 

 

 

 

 

〇内部地球の住人

 

 

 

Q3次元を私たち人間の次元、4次元をアストラル界と定義すると、内部地球の住人はどちらにいるのか?

 

 

 

A:肉体をもつ存在で、3次元と4次元どちらの存在でもある。彼らは進化した意識を持っているが、肉体を持っている。

 

 

 

Q:アストラル界、エーテル界などの界層と次元は同じものではなく、次元は意識の振動数に関わっているということか?

 

 

 

A:そうだ。基本的にあなたには肉体の物質があり、アストラルの物質があり、メンタルの物質がある。あなたには創造の様々な界層があるのだ。意識は常にそれらすべてのレベルに存在している。誰もがアストラル体を持ち、誰にでも感情がある。どれくらい感情が純化、もしくは進化したかで、それぞれの存在の意識状態が決まる。

 

 

 

 

 

〇善悪

 

 

 

QE.T.の社会では宗教と信念のシステムをもたないまま、どうやって道徳的価値観を保つのか。善悪は相対的構成概念なので、いつでも変わりうるのではないか?

 

 

 

A:それには賛成しない。基本的に善悪は、魂の内なる目ではっきりとわかる。何が善で何が悪かを知るために、警察や何らかの道徳的法令、宗教は必要ない。

 

 

 

 

 

〇イベントという語

 

 

 

Q:なぜ、「マイルストーン」とか他の言葉でなくて、「イベント」という語が選ばれたのか。

 

 

 

A:その言葉は余計な思いを付着させることなく、関連する物事をニュートラルなまま想起させるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

〇ティアウーバ星

 

 

 

Q:ティアウーバ星の存在はウィング・メーカーか?

 

 

 

A ノー。あまり重要とは思わないが、細かいことを知りたければ、それについての本がある。

 

 

 

Seehttp://galactic.no/rune/thaoeng.html

 

 

 

 

 

〇イラン/イスラエル

 

 

 

Q:核開発疑惑や「西側へ死を」と繰り返しているせいで、イランは世界の悪者として槍玉にあげられている。イランの現状はどうなのか? 人々は洗脳されて世界の悪になるべく操られているのか。それとも西側ニュースメディアのプロパガンダか?

 

 

 

A:明らかに西側のプロパガンダだ。イランはカバールの命令に従いたくないので、西側メディアに叩かれているのだ。

 

 

 

Q:私は、ナタニエフ政権の政策がイスラエル人の典型的な考えではないことを知っている。イスラエルの現状について教えてほしい。

 

 

 

A:それは単に米国を支配しているのと同じカバールネットワークがイスラエルを支配しているということだ。強い繋がりがあり、同じ政策をもっている。

 

 

 

 

 

〇キメラ

 

 

 

Q:キメラはアルコンより上か?

 

 

 

A:イエス。

 

 

 

彼らはアンドロメダ銀河から来て人体に宿った。彼らは人間型E.T. 種族 だ。今彼らは人体をもって地表で生きている。

 

 

 

Q:地球に残っているキメラは何人か?

 

 

 

A:現在地表では200人に満たないと思う。

 

 

 

 

 

〇光の勢力

 

 

 

Q:軍事基地を結ぶ地下のチューブはどうなっているか?

 

 

 

A:地下の様々な場所を結ぶチューブのネットワークがたくさんあった。一つのネットワークはずっと前に完全に使えなくなった。別の一つもあまり前ではないが、使えなくなった。キメラグループには僅かしか残っていない。残りはすべて光の勢力のものになっている。

 

 

 

Q:アガルタ・ネットワークは、この地下システムのどれくらいに接続しているのか? あるいは、まったく別のシステムで地下を移動しているのか?

 

 

 

A:彼らには独自のシステムがたくさんある。テレポテーションを利用するシステムもあれば、シャトルを利用するシステムもある。だが彼らはときどき、自分たちが闇の勢力の手から自由にしたこのシステムの一部も利用している。

 

 

 

 

 

(インタビュー了)

 

 

 

新設ページ:

 

Letters to the Resistance Movement

 

Humanitarian Projects Funding Program

 

 

 

PFCへの寄付:

 

 

 

PayPal  donation

 

 

 

http://prepareforchange.net

 

 

 

Prepare for Changeへ小切手を郵送する

 

 

 

 Prepare for Change
1441 Huntington Drive, Suite 1110,
South Pasadena, CA 91030

 

 

 

質問:

 

http://prepareforchange.net/cobra-questions/

 

 

 

 コブラ情報を整理したサイト:

 

  http://esaccoalition.org/matrix-faq/ 

 

②  http://prepareforchange.net/cobra-interview-faq/